1. HOME
  2. 公開講座・学会・研究会などのご案内

公開講座・学会・研究会などのご案内

平成30年度 公開講座のご案内

「リンパ浮腫について話そう!」参加者募集

リンパ浮腫サポートグループ秋田(LESA)が、リンパ浮腫の方々が悩みを共有し学習する会を開催します。
今回はエクササイズも行います。

  • 日時:2018年6月17日(日)
    1. ①10:00~12:00(対象:足のリンパ浮腫でお悩みの方とその家族)
    2. ②13:30~15:30(対象:腕のリンパ浮腫でお悩みの方とその家族)
  • 場所:秋田大学医学系研究棟1階「暮らしの保健室」
  • 費用:100円(飲み物代)
  • 定員:①15名、②15名
  • 申し込み方法:6月16日(土)まで事前申込みが必要です

申込み・問い合わせ先:治療スペースしずく 

「リンパ浮腫について話そう!」参加者募集

あきた未来カフェ事業「プレママカフェ(妊婦カフェ)」開催のお知らせ 毎月第2・第4金曜日

平成29年度 公開講座のご案内

あきた未来カフェ事業「プレママカフェ(妊婦カフェ)」開催のお知らせ 毎月第2・第4金曜日

2018.3.23-24 健康と長生きの秘訣を知る応援フェア

平成30年度 学会・研究会などのご案内

平成30年混合研究会 勉強会

2018.4.4 第4回 混合研究法 勉強会

平成29年度 学会・研究会などのご案内

2018.3.15 第2回 日本とタイ 国際研究ワークショップ テーマ:介護予防イノベーション

2018.2.7 第3回 混合研究法 勉強会

2018.3.3,3.14,3.18,3.25 「CLIMBプログラム」参加者の募集

過去の公開講座一覧

実施年度 講座名 趣旨
平成29年度
詳細pdf
肩こり解消!
-原因と体操・筋膜リリース-
昨年の公開講座で「どうして肩がこるのだろう?原因別の対策」を開催しました。今年は、はじめに肩こりについて学習し、それから日常生活・家事や仕事での工夫対策、誰でも無理なく手軽にできる体操や筋膜リリースを体験しながら学びます。
平成28年度
詳細pdf
どうして肩がこるのだろう?
原因別の対処
肩こりに悩む方の数は非常に多く、有訴者数の上位を占めています。その原因は多彩で、原因別の対処が必要です。本講座では、肩こりの原因となるものを解説し、日常生活における対策や、有効な体操療法について学びます。
平成28年度
詳細pdf
食生活を通して守る家族の健康
~栄養と食事に関する援助の視点から~
食べることは生きる源です。私たちは自分や家族の健康・美容のために、栄養を考えたり、おいしく食べる方法を工夫しながら生活しています。しかし、食に関する情報があふれている日常の中で、体によいといわれている栄養素の作用や食べるための身体機能についてじっくりと考える機会は意外と少ないかもしれません。本講座では、栄養学的視点および食べることに関する身体機能や援助方法についてお話します。食生活を通して自分や家族の健康を守るために役立つ知識・技術を一緒に学んでみませんか。
平成28年度
詳細pdf
看護・リハビリテーションの専門家による乳幼児期の子育て講座 乳幼児期の子育てには不安や悩みが多く、特に初めての場合は様々な事が心配になります。本講座では市町村で提供される子育て講座とは異なり、看護やリハビリテーションの専門家の視点から乳幼児の発達について解説し、子育てのヒントを提供します。
平成26年度
詳細pdf
女性教員とやさしく学ぶ認知症講座
-対応方法・地域での取り組み・予防についてのヒント-
「自身や身近な人が認知症になったら、どのように生活していけるの?」「認知症にならないようにするためにどうしたらいいの?」といった、認知症になっても地域で安心して生活できるためのヒントを学びます。
医学的治療の観点ではなく、認知症がどのような状態かを理解し、対応方法や地域での取り組み、予防やリハビリテーション等について、看護学、リハビリテーション学の女性教員と一緒に学んでみませんか。
平成25年度
詳細pdf
腰痛
-原因別に見た対策と予防-
腰痛のために多くの患者さんが病院を受診されています。しかし一口に腰痛と言っても、その原因は多岐にわたることが知られています。よって腰痛の予防と対策は、それぞれの原因に即したものでなければなりません。
本講座では、腰痛の原因を知ることから始め、職業性腰痛の対策、運動療法の実際、日常生活動作や心理面から見た腰痛対策の順で講演と実習を行います。ご自身の腰痛を正しく理解し、日常生活や職業活動の中で行える対策や予防策を習得してください。
平成24年度
詳細pdf
睡眠について
-保健学の視点から-
あなたやあなたのご家族はよく眠れていますか?よく眠れないのは困ったことです。睡眠は健康と密接に関係があります。
医師の視点、看護師の視点、臨床心理士の視点から睡眠についてお話ししたいと思います。