1. HOME
  2. 作業療法学専攻

専攻主任からのメッセージ

石川隆志先生 写真

作業療法学専攻主任
石川隆志

「作業」は,日常生活活動,仕事,学業,遊び,余暇など,私たちの生活を構成する様々なことがらを含んでいます.

朝起きてから夜眠りにつくまで,身体と心(精神)が働き続けていることを私たちはあまり意識していませんが,見て,聞いて(聴いて),触れて,感じて,動いて等々,多くの感覚情報を身体と脳に入力し,運動器官を通じて出力することにより,私たちの毎日の生活が成り立っているのです.また,生活を構成する様々な作業は,喜怒哀楽という感情とも結びつき,他者や社会との交流も生み出します.

何らかの原因で,様々な作業を行うことが難しい方たち一人ひとりが,持っている能力を発揮し,その人らしい生活を構築(再構築)すること,大切な作業を行い継続できるように作業療法士は支援します.そのために,作業療法学専攻では身体と心(精神),作業,作業と人や環境との相互作用について,講義や演習,臨床実習を通じて学んでいきます.

私たちと一緒に作業療法士を目指す皆さんを,教員一同,そしてたくさんの先輩たちが待っています!