1. HOME
  2. 看護学専攻

専攻主任からのメッセージ

佐々木真紀子 写真

看護学専攻主任
佐々木真紀子

看護の起源は原始・古代に遡り、医療職の中では最も長い歴史があります。看護の役割は家族の傷や病を癒すことから始まりましたが、その役割は社会の様々な影響を受け変化してきました。
 近年、日本国内では少子高齢化や保健医療の提供システムの変化によって、看護活動の主要な場は地域に移行しつつあります。また国際的には地域住民を主体とし、住民自らの力で健康に対する問題を解決していくことを理念とするプライマリーヘルスケアの充実が求められており、看護職は国内外において、地域における一層の役割拡大が期待されています。このような期待される役割を果たすためには、幅広い知識をもとに専門的な臨床判断を行い、根拠をもって適切な看護が提供できること、主体的・自律的に行動すること、また保健医療チームとしてケアの質を高めるために、対象となる人々や関係する多職種の人々と円滑にコミュニケーションを図る能力が求められます。
また、看護は人を対象とする職業です。対象となる人々の健康の維持回復や心身の安寧を図り、QOL(生活の質)の維持向上することが看護の目標でもあります。これらの目標達成には、看護職はその人の真のニーズを知ること、すなわち人を深く理解することが必要です。人を理解するためには、人との関りを通して自己理解を深めていくことが大切ですが、人と関ることが自らの成長につながります。秋田大学ではこのような期待される看護職となるための以下の目的・目標を掲げ、カリキュラムを構築しています。人として成長し、社会に必要とされる看護職を目指して、一緒に学んでみませんか?

教育目標

本学科看護学専攻では、保健・医療・福祉の分野で指導力・創造力を有したコーディネーター役としてリーダーシップを発揮できる看護職の育成を目的としています。さらに、国際化の進展に伴う医療の複雑化、国際協力などの必要性も視野に入れた看護活動を行える幅広い教養と見識および高度の専門知識、技術をもった看護職者を育成することを目標としています。この教育目標を達成するために、以下の点を重要視した教育を行っています。

  1. 対象の状態および療養環境に応じた援助を実践できる能力
  2. 保健・医療・福祉の関連を理解し、それらの専門職種と連携できる能力
  3. 在宅医療チームにおいてコーディネーター、指導者の役割を遂行できる能力
  4. 国際的視野に基づいた看護活動を行える能力
  5. 看護学の発展に寄与できる指導的・創造的能力