1. HOME
  2. 博士前期課程

博士前期課程の紹介

保健学科は、平成19年に保健学専攻へ改組し、修士課程(修業年限2年、入学定員12名)を設置しました。修士課程は、平成21年の博士課程の新設に伴い博士前期課程となりました。平成22年には、博士前期課程看護学領域に、がん看護専門看護師(CNS)コースを開設しております。

博士前期課程は、保健医療の中核を担い地域の人々の健康と福祉に貢献できる人材の育成、並びに高度な課題探求能力を備えた教育者または研究者の育成を目的としています。

仕事をしながら修士なんて無理だと思っていませんか? 本学の多くの学生は、仕事をしながら学んでいます。原則として授業は夜間および土曜日の開講、または休日の集中講義の形態で行っており、一部の授業はウェブで遠方からも参加できます。本学で学んで自己の研究能力を養い、医療の現場で様々な課題を探求しながら解決を目指して頑張ってみませんか? 皆様のご応募を心よりお待ちしております。

カリキュラムの紹介

博士前期課程は、看護学領域とリハビリテーション科学領域で構成されます。看護学領域は、基礎・地域看護学分野と臨床看護学分野からなり、両分野とも、専攻共通科目6単位と修士論文の完成をもって単位認定する特別研究10単位を含めた合計30単位が、修了に必要な単位です。臨床看護学分野のがん看護専門看護師(CNS)コースでは、専攻共通科目と看護学領域共通科目から12単位以上を履修した上で、高度ながん看護に必要な理論と実践方法を専攻分野共通科目(必修8単位)と専攻分野専門科目(必修14単位)から履修します。合計34単位が卒業に必要な単位で、修了後に日本看護協会が行う認定審査を受験することができ、合格によりCNSの登録を行うことができます。リハビリテーション科学領域は、理学療法学分野と作業療法学分野があり、両分野ともに、専攻共通科目6単位、修士論文の完成をもって単位認定する特別研究10単位を含めた合計30単位以上が卒業に必要な単位です。

これらの教育プログラムには、保健学専攻、医学専攻及び医学部附属病院の教職員が連携して関わっており、高度な専門知識を有する学外の専門職の皆様にもいろいろ協力をお願いしています。修士論文の作成では、学生が研究したいテーマによって指導教員が決まり、指導教員の担当する専門科目・演習・特別研究を履修して指導を受けながら、修士論文の完成を目指します。途中、研究計画発表会や中間発表会などの機会に、他の院生の指導教員からも建設的なアドバイスを受けることができます。

博士前期課程の教育カリキュラム

受験される皆様へ

博士前期課程の募集定員は、看護学領域とリハビリテーション科学領域合わせて12名です。小論文、英語と面接による一般入試と英語が免除される社会人特別入試を行いますが、社会人特別入試で受験する場合は一定の実務経験等を有する必要があり、申請にあたり事前の審査が必要です。応募要領の詳細は、こちらをご覧ください。

http://www.med.akita-u.ac.jp/selection/gs/selection-kenkyu.html

尚、応募の前に指導を希望する教員に向けて、電子メール等で必ず事前連絡をして下さるようお願いします。

*ご質問は、下記にお問い合わせ下さい。お問い合わせが可能な時間帯は、土日を除いて9時から16時までとなっています。
秋田大学大学院医学系研究科・医学部学務課大学院担当
〒010-8543 秋田市本道一丁目1の1  電話018-884-6543

ポリシーの紹介

アドミッション・ポリシー

博士前期課程は理念、目的に鑑みて、次のような入学者を受け入れます。

  1. チーム医療や地域の保健医療において、指導的・管理的役割を担える専門職者となる意欲のある人
  2. 地域の医療・保健問題の調査研究や問題解決に主体的に取り組み、それを通じて看護学及びリハビリテーション科学の発展に寄与できる教育者、研究、となる意欲のある人
  3. 特定の専門分野に深く貢献できる高度の専門的職業人となる意欲のある人

カリキュラム・ポリシー

博士前期課程は、地域の健康と福祉の問題解決に主体的に取り組み、保健医療の中核を担える高度な知識と技能を有する人材を養成するための教育課程を編成します。

共通科目では、秋田県の保健医療の現状と課題の理解、保健医療倫理の高度な思考、指導的・管理的能力、並びに国際的視野を養成します。看護学領域とリハビリテーション科学領域では、様々な臨床的問題を論理的に解決するための研究指導を行います。看護学領域のがん看護専門看護師(CNS)コースでは、がん看護の高度な実践能力を育成するための科目を配置します。

ディプロマ・ポリシー

学位は下記の要件を備え、保健学専攻博士前期課程を修了した者に授与します。

  • 医療人として専門分野について高度の知識と優れた技術を習得している。
  • 人間性や倫理観を裏付ける豊かな人格を持ち、幅広く高い教養を身につけている。
  • ニードのある人々の医療や保健活動に関する献身的・心理的・社会的な健康状態を科学的に評価し、情報の統合と的確な判断を行い、必要な行動を示すことができる。
  • 障がいのある人々やその家族を理解し支援できる柔軟で豊かな人間性を身につけている。