1. HOME
  2. 国際交流センター
  3. 国際交流事業

国際交流事業

令和3年度バーチャル交換留学プログラム(ベルギー、タイ王国、インドネシア、日本)

令和3年度バーチャル交換留学プログラム

令和3年10月~令和4年3月

今年度も世界的パンデミックによる影響にて、物理的な短期海外研修を行うことはできませんでした。しかし、昨年度に引き続きバーチャル交換留学プログラムであるVirtual Exchange Program (VEP)を行いました。今回のテーマは持続可能な開発目標(Sustainable development goals: SDGs)としました。ベルギー(Vives University of Applied Sciences)、タイ(Suranaree University of Technology)に加え、インドネシア(WIRA Medika Bali Health College)、と、本学保健学科の4か国の学生が、オンラインを活用して英語で交流しました。3回における発表と意見交換を行いましたが、それぞれのテーマは、①交通問題(SDGs目標11)、②薬物乱用(SDGs目標3)、③ジェンダー平等(SDGs目標5)でした。毎回、各国からの専門家からの簡単な講義ののち、各国の学生が自国の状況を発表、そして、小グループに分かれて意見交換を行いました。本学では、今年度より、本活動への参加の学生(3年次対象)には単位も与えています。学生だけでなく教員の英語力や国際能力の高まりを実感できるプログラムでした。

タイ王国チェンマイ大学作業療法学科 ナンタニ―・サティアンサクポン准教授によるZoom講演会

エレファント・アシスト・セラピー

令和3年9月9日

秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻国際交流センターは、タイ王国チェンマイ大学のナンタニ―准教授を保健学科FD講演のためにWeb上で招聘を行いました。チェンマイ大学作業療法学科ではエレファント(象)を発達障害領域のリハビリテーションに応用する実践研究を行っており、その特色ある「エレファント・アシスト・セラピー」について実際の動画などを交えながらとても分かりやすい講義をしていただきました。Zoomを用いた講演会では合計26名が参加しました。参加者の中には英語による講演に初めて参加した学部学生や大学院生もおり、国外におけるリハビリテーションの実際や研究活動について興味をもって学ぶことができました。本FDを通して協定校との学術的交流を深めることができました。今後は国際共同研究への発展も期待されます。

バーチャル交換留学プログラムVirtual Exchange Program(VEP)

バーチャル交換留学プログラムVirtual Exchange Program(VEP)

令和2年10月~令和3年3月

本年度は、COVID-19の影響で例年実施している短期海外研修を行うことはできませんでしたが、Web会議サービスZoomを用いて、Virtual Exchange Program(VEP)を実施しました。これまでも大学間で交流があった、タイ(Suranaree University of Technology)に加え、ベルギー(Vives University of Applied Sciences)、インドネシア(WIRA Medika Bali Health College)、と、本学保健学科の4か国の学生が、英語で交流しました。「COVID-19感染状況」、「コロナ禍の生活」、「コロナ禍の授業」、「コロナ禍の実習」、各テーマに沿ってまとめ、全体発表、ディスカッションを行いました。プレゼンテーションやディスカッションの準備においては、最大8時間ある時差や、それぞれの実習・授業の都合で、スケジュール調整が難しいことなど課題もありましたが、自室にいながら4か国の方と交流できるこのプログラムは、とても貴重で素晴らしい体験でした。全大学の皆様のご支援に深く感謝申し上げます。

米国ミシガン大学 家庭医療学講座
マイク・D・フェターズ教授によるオンディマンド講演

米国ミシガン大学 家庭医療学講座

令和2年1月

「第2回混合研究法勉強会」として、米国ミシガン大学のフェターズ教授に保健学科のFDのためにオンディマンド講演をしていただきました。世界的にも先駆的な「混合研究法」についてとても分かりやすい講義をしていただき、手掛かりとなる本の紹介もしていただきました。混合研究法とは質的データと量的データを同時に取り扱い、統合し分析する手法です。前回の来日後に、現在は共同研究も行われています。今後は、また来日していただき、さらなるワークショップを期待する意見がありました。

スラナリー工科大学看護学部での研修

スラナリー工科大学看護学部での学生交換プログラム研修

令和元年9月17日~26日

保健学科看護学専攻3年生2名と教員1名が、スラナリー工科大学看護学部にて、学生交換プログラムに基づく研修を行いました。Physical Activityの授業への参加、Maharat病院、Chokchai病院、Rajanagarindra精神病院、Don Parai医療センター、Parcoプライマリーケアユニット、スラナリー工科大学病院、Buddhistホスピスケアセンターを訪問し、産前ケア、精神科、ICUでの実習のほか、地域の家庭訪問にも同行させていただきました。プレゼンテーションでは、秋田大学の学生2名が秋田県の文化と秋田大学について英語で紹介し、スラナリー工科大学の学生からはタイの伝統的な踊りが披露され、秋田大学での研修プログラムでの学びについて発表がありました。タイ王国の文化やNakhon Ratchasimaの地域性を感じながら、有意義な学びが得られました。最終日にはプログラムをスラナリー工科大学の先生方と振り返り修了証を頂きました。
全日程において、スラナリー工科大学の皆様からのご支援に深く感謝致します。

令和元年度センター企画

オーストラリア現役クリニカルナース・スペシャリストが見る世界の医療現場

オーストラリア現役クリニカルナース・スペシャリストが見る世界の医療現場

令和元年8月5日

オーストラリアのシドニーで専門看護師として活躍している高橋奈央子先生に、「オーストラリア現役クリニカルナース・スペシャリストが見る世界の医療現場」と題して、オーストラリアで看護師になるにはどうしたらよいのか、日本とオーストラリアでの違いなどを話してもらいました。講義の後に、学生たちはたくさんの質問をしていて、どうしてオーストラリアにしたのかなどを聞いて、自分たちも将来海外で働いてみたいという夢を膨らませていました。

海外研修前に知っておきたいこと

海外研修前に知っておきたいこと

令和元年8月8日

WHOでもご活躍されてきた遠田耕平先生から、今年度短期海外研修に派遣される学生を対象に、「海外研修前に知っておきたいこと」と題して、予防接種の重要性や文化の違いをお話ししてもらいました。学生が派遣される国は、シンガポール、タイ王国、オーストラリアと様々ですが、遠田先生には学生の感じていることを引き出してもらいました。海外研修はとても貴重な体験になることを再認識する場となりました。

グランデッド・セオリー

グランデッド・セオリー

令和元年9月18日

英国ニューキャスル大学医学教育から、Jan教授、Charlotte助教、Amelia助教の先生方に来ていただき、質的研究における「グランデッド・セオリー」に関しての講義と演習を行いました。とても分かりやすい英語で丁寧に教えていただきました。特に演習において、デモデータを用いて、分析のひとつひとつの過程を深く理解することができました。

シンガポール国立大学・スラナリー工科大学(タイ)の看護学生来日

シンガポール国立大学・スラナリー工科大学(タイ)の看護学生来日

令和元年7月8日~12日

シンガポール国立大学の看護学生(4名)、タイ王国のスラナリー工科大学の看護学生(2名)・看護教員(1名)が、秋田大学医学部保健学科にて研修を行いました。例年お迎えしているシンガポール国立大学に加え、本年度よりスラナリー工科大学の看護学生の受け入れも始まりました。看護学専攻の授業、基礎看護学の演習、各関連施設の見学(老健施設、地域包括支援センター、ホームホスピス、大学病院)、本学学生と研修生による3か国の学生共同の急変時シミュレーション教育など、多くの学びとともに、本学の看護学生とも親交を深めることができました。

シンガポール国立大学看護学部アリス・リー・センターでの研修

タイ王国 チェンマイ大学での国際リハビリテーション研修

平成31年4日-8日

保健学科看護学専攻3年生4名と教員2名が、シンガポール国立大学看護学アリス・リー・センターにて、学生交換プログラムに基づく研修を行いました。今年も、東京有明医療大学の皆様と一緒に研修が行われました。

授業では、Comprehensive Health Assessment(包括的健康評価)とMaternal and Child Health(母子看護)への参加、施設見学では学内の図書館、Anatomy museum(解剖学博物館)、私立ラッフルズ病院、施設ピースヘブンにて、有意義な学びを得られました。研修後は、現地の学生がシンガポールの文化や食などを紹介してくれました。学生たちは、学業以外の活動や趣味などの話題で盛り上がり、国や文化を超えた交流が出来たと感じます。研修最終日の振り返りでは、秋田大学の学生4名が日本や秋田県の文化、秋田大学のプログラム、研修の感想などについて英語で発表し、修了証をいただきました。

全日程において、シンガポール国立大学の皆様からの心のこもった配慮に深く感謝致します。

タイ王国 チェンマイ大学での国際リハビリテーション研修

タイ王国 チェンマイ大学での国際リハビリテーション研修

平成31年2月17日~22日

保健学専攻作業療法学講座・理学療法学講座において念願であった初の「国際リハビリテーション研修」を行ってまいりました。両専攻とも学生を引率しての国際交流は初めてではありましたが、チェンマイ大学OT専攻・PT専攻の皆様方のおかげで、とても内容の濃い4日間の研修を受けることができました。研修では施設見学の他に、各専攻に分かれてのプレゼンテーションがありましたが、PT専攻の学生は緊張しながらも立派に秋田大学での学生生活について英語でプレゼンテーションを行ってまいりました。今回のこの経験は、彼女にとって、また彼女を通して両専攻の学生に対して、大きな影響を与えてくれるものと思っております。また施設見学中では、お互いの知識・技術をシェアしましょうということで、飛び入りで運動指導も行ってまいりました。今年度から始まった、秋田大学‐チェンマイ大学との学生交流事業は、隔年で受け入れる大学が変わります。よって次年度はチェンマイ大学からの学生・教員が秋田大学を訪問する予定となっており、今度は秋田大学のおもてなしをする番です。

中国 蘭州大学の看護研究者・看護管理者来日

中国 蘭州大学の看護研究者・看護管理者来日

平成31年1月28-31日

蘭州大学の看護研究者と病院で勤務する看護管理者(通訳を含む11名)が、平成31年1月28日(月)から31日(木)に、日本の高齢者の現状、病院視察、看護学専攻視察のために、秋田大学医学部保健学科に来日しました。28日(月)には、秋田大学医学部附属病院の見学、29日(火)には、高齢者医療先端研究センターを訪問し、センター長より日本の高齢者の現状やこれまでの対策、そしてこれからの対策について講義を受けました。30日(水)には、シミュレーションセンターの見学と看護学専攻の実習室見学を行いました。31日(木)には、急変時のシミュレーション教育を体験してもらい、その後、「中国における高齢者の現状と蘭州大学の紹介」と題して、Wang YanHong博士より講演していただき、互いの国の違いなどを話し合うことができました。アジアとして共通する点を共有できたことと、中国の国土の広さや人口の多さ、そしてシステムの特徴を理解することができました。今後さらに交流を進めていきたいと思います

米国ミシガン大学 家庭医療学講座 マイク・D・フェターズ教授来日

米国ミシガン大学 家庭医療学講座 マイク・D・フェターズ教授来日

平成30年10月1~2日

フェターズ教授が保健学科のFD講演のために秋田大学医学部保健学科に来日しました。世界的にも先駆的な「混合研究法」についてとても分かりやすい講義と演習をしてもらいました。混合研究法とは質的データと量的データを同時に取り扱い統合し分析する手法です。フェターズ教授は日本に住んでいたことがあり、米国でも日本人を対象に診療を行っていることから、とても日本語が流暢で、それだけでなくとてもユーモアあふれる人柄のため参加者は楽しみながら学ぶことができました。学外からの参加もあり合計56名の参加がありました。秋田が初めてでしたので、竿灯まつりの体験をとおして秋田の文化も深く理解してもらいました。秋田大学の教員や学生とも親交を深めることができました。今後の共同研究にもつながる来日でした。

スラナリー工科大学の看護研究者来日

スラナリー工科大学の看護研究者来日

平成30年7月27-28日

スラナリー工科大学の看護研究者(看護学部長を含む7名)が、平成30年7月27日(金)・28日(土)に、日本の高齢者がどのように健康を維持しているかについて視察するために、秋田大学医学部保健学科に来日しました。27日(金)には、高齢者医療先端研究センターを訪問し、センター長より日本の高齢者の現状やこれまでの対策、そしてこれからの対策について講義を受けました。その後、来年度からの看護学生の交流を実現するための打ち合わせも行いました。28日(土)には、オープンキャンパスに参加し、保健学科の多くの学生や教員と交流を深めることができました。

シンガポール国立大学の看護学生来日

シンガポール国立大学の看護学生来日

平成30年7月9-13日

例年行われている国際交流事業の一環として、シンガポール国立大学の看護学生(4名)が平成30年7月に、秋田大学医学部保健学科に研修に来日しました。看護学専攻の授業への参加、基礎看護学実習室での演習への参加、各関連施設の見学(老健施設、地域包括支援センター、ホームホスピス、大学病院)、秋田大学とシンガポール国立大学による共同での急変時のシミュレーション教育など、多くの学びとともに、秋田大学の看護学生とも親交を深めることができました。

チェンマイ大学の教員と学生の本学訪問

チェンマイ大学の教員と学生の本学訪問

平成28年9月14-16日

協定校タイ国チェンマイ大学の医療技術学部作業療法学科に在籍する教員3名と学生1名が秋田大学を訪問しました。今後、本学とチェンマイ大学における学生間の国際交流を実現するため、両大学の教育カリキュラムに関する情報共有と臨床実習先の病院見学(中通リハビリテーション病院、医学部附属病院)が行われました。

シンガポール国立大学看護学部とのクリニカルカンファレンス

シンガポール国立大学看護学部とのクリニカルカンファレンス

平成28年9月12日 附属病院多目的ホール

シンガポール国立大学看護学部からWang Wenru先生とYanika Kowitlawakul先生をお招きし、クリニカルカンファレンスを開催しました。Yanika先生が“Observation of handover process in an intensive care unit: Barriers and quality improvement strategy”というタイトルで、Wenru先生が“MRC Frame work for Complex Intervention: A-Home-based Self-management Cardiac Rehabilitation for Patient with Myocardial Infarction”というタイトルで講演され、看護研究の新しい視点を紹介して頂きました。この機会に両先生には、医学部のシュレーションセンターやウェンルー先生のご専門の附属病院の心血管リハビリ施設も見学していただき、様々なスタッフとの交流を持つことができました。国際的な研究に直接触れる大変有意義な機会となり、新鮮な刺激を受けたスタッフも多かったのではないかと思います。

タイから4名の先生をお招きして国際研究のワークショップ

タイから4名の先生をお招きして国際研究のワークショップ

平成28年6月13日 保健学科 大会議室

看護学専攻臨床看護学講座の眞壁講師がトヨタ財団の研究助成を得て進行中の研究「タイランドおよび日本における高齢者が健康に生きるための美容院・理容院を用いた情報交換プラットフォーム開発のための要素技術の検討」の国際交流事業として、タイのスラナリー工科大学とチェンマイ大学から看護系教員と作業療法士の計4名の先生をお招きし、国際ワークショップを開催しました。「地域創生」をテーマとして、日本とタイの異なった状況を比較しながら地域を創生するとはどういうことかを共に考え、また美容院・理容院を地域保健活動に役立てる可能性についても議論しました。学内外から多くの皆様にご参加いただき、ディスカッションも盛んに行われ、とても充実したワークショップとなりました。

ブータン王国における国際共同研究の成果報告

ブータン王国における国際共同研究の成果報告

国際交流の一環として、看護師のQuality of Life(生活の質)について、ブータン王国と共同研究を行っております。この度、ブータン王立大学における第1回国際学会(2015年11月)にて、ワンモ博士・眞壁(秋田大学・臨床看護学講座)が、「ブータン大学病院看護師の生活の質について」を発表し、最優秀口頭発表の賞をいただきました。今後も、さらに互いの理解を深めて、共同研究を発展させていきます。

どうなっているの?看護師のワークライフバランス

どうなっているの?看護師のワークライフバランス ポスター

平成27年3月14日 保健学科 大講義室

秋田大学大学院医学系研究科主催で、「どうなっているの?看護師のワークライフバランス」というテーマで国際シンポジウムを行いました。タイ王国からはノイ先生(チェンマイ大学看護学科)、マレーシアからサイード先生(イスラム国際大学看護学科)、シンガポールからヤニカ先生(国立シンガポール大学看護学科)をシンポジストに招き、眞壁幸子先生(秋田大学 臨床看護学講座)が座長として、髙階淳子先生(秋田大学 臨床看護学講座)がシンポジストとして参加しました。
このシンポジウムでは、各国における看護師のワーク・ライフ・バランス(仕事と私生活の両立)の現状について、それぞれの調査結果をもとに各国の報告と意見交換が行われ、同じアジアといっても、言語や文化、国民性、働く制度、働くことと私生活を充実させることに関する認識などについて共通点・相違点がわかり、他国での看護師の現状を知ることで自身の住んでいる国での働き方についても考えることができました。すべて英語での進行でしたが、同時通訳があり、非常に有意義なシンポジウムでした。

“The current state and issues of work-life balance in Japan”
Junko Takagai Akita Univ.

“The current state and issues of work-life balance in Thailand”
Orn-Anong Wichiaikum Chiang Mai Univ.

“The current state and issues of work-life balance in Malaysia”
Mohd Said Nurumal Int. Islamic Univ.

“The current state and issues of work-life balance in Singapore”
Yanika Kowitlawakul National Univ. Singapore

ブータン王国における助産教育と看護の現状

ブータン王国における助産教育と看護の現状 ポスター

平成27年2月19日 保健学科 大講義室
演者 ブータン王立大学健康科学院教員

“Midwifery program in Bhutan”
Sonam Deki

ブータンにおけるリプロダクティブ・ヘルスに対する戦略的計画について話されました。この計画の目標は 1) 新生児や妊産婦の死亡率を低下させること2) 避妊を普及させること 3) 子宮がん及び乳がんの発症率を低下させること 4) HIVなどによる生殖器系感染症の発症率を低下させることで、そのための対策についても述べられました。

“Nursing in Bhutan”
Phuntsho Om

ブータンのおもな健康問題は、呼吸器系の感染、下痢症、胃癌、子宮頸癌、アルコール性肝炎、事故や障害、薬物の乱用、糖尿病、高血圧です。しかしブータンでは医師や病院のベッドが不足しており、人口10万に対して3人の医師、一つの病院ベッドに対して555人の割合であると話されました。

ブータン王国の現状と王立ブータン大学の役割

ブータン王国の現状と王立ブータン大学の役割 ポスター

平成26年2月10日 保健学科 大講義室
演者 ブータン王立大学健康科学院教員

“Background of Royal Institute of Health Sciences and the role of Department of Midwifery”
Renuka Mothey

1970年代からブータンでは、妊婦に対する健康維持プログラムが最優先事項として施行されてきました。それ以降、妊産婦死亡率は着実に減少しました。その原因として熟練した助産師が増えたこと、母親や新生児に対するケアを無償とするよう政府が積極的に関与したこと、看護師や助産師の教育を無料で提供し、卒業後直ちに雇用されるようにしたことなどが挙げられます。

“The role of Department of Nursing and Gross National Happiness in Bhutan”
Manikala Moktan

1974年から始まり今日までのブータン王立健康科学院の歴史が紹介されました。さらにブータン王国に関する様々な情報、地理的な位置、国土面積 (38,394 平方キロ)、人口 (634,982人) 、公用語はDzongkha語であり、国民の80%が仏教徒であることなどが話されました。最後にブータンを最も有名にしたGross National Happinessという概念、幸福とは何かについても教えて頂きました。