トップページ臨床の紹介>同門グループ

同門グループ

ASG(Akita Spine Group) 

AKITA SPINE GROUP ASGメンバー

Akita Spine Group (ASG)は、秋田県脊椎脊髄病研究会のメンバーが中心となり2007年に発足しました。定例ミーティングによる若手医師及び脊椎脊髄外科医の教育と研究活動、及び手術登録による脊椎脊髄手術データベース構築が主たる活動です。2016年までに若手のメンバーが4名加わり、さらに手術や研究に精力的に取り組んでいます。主なメンバーはミーティングで現在の研究状況や今後の活動について話し合っています。関連病院からの手術登録によるデータベースを継続しています(図1)。

秋田大学整形外科と関連施設の脊椎脊髄手術件数

図1

このデータはASGメンバーであれば誰でも利用することができ、各自が興味を持った研究を行うことができます。現在これらのデータを生かした知見を国内外に発信しつつあり、論文数、日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会での発表数も増加傾向にあります(図2)と論文数(図3)も増加しています。 。

脊椎関連の論文数の推移

図2


日本脊椎脊髄学会採択数

図3

症例登録による多施設研究では、例えば高齢者の骨粗鬆症性椎体圧潰や脊柱変形などの疾患に対しては、治療方針を統一しています。また月に2回開催されるミーティングでは、卒後3年目以降の若手医師に向けに、最近経験した症例や研究などを提示し、次代を担う若手脊椎脊髄外科医の育成を図り、さらに若手も含め症例提示・研究内容についてのディスカッションを行っています(図4)。

ASGの活動内容

図4

Adviser 島田洋一
 Director 宮腰尚久
 Vice-Director 小林孝
 Members

  • 阿部栄二(秋田厚生医療センター)
  • 阿部利樹(秋田厚生医療センター)
  • 安藤 滋(能代厚生医療センター)
  • 石河紀之(秋田赤十字病院)
  • 石川慶紀(秋田大学)
  • 江畑公仁男(市立横手病院)
  • 奥山幸一郎(秋田労災病院)
  • 尾野祐一(秋田大学)
  • 粕川雄司(秋田大学)
  • 菊池俊彦(由利組合総合病院)
  • 菊池一馬(秋田厚生医療センター)
  • 木戸忠人(秋田労災病院)
  • 木下隼人(町立羽後病院)
  • 木村竜太(秋田大学)
  • 工藤大輔(秋田大学)
  • 小林 孝(秋田厚生医療センター)
  • 櫻場 乾(平鹿総合病院)
  • 佐々木寛(秋田労災病院)
  • 鈴木哲哉(秋田赤十字病院)
  • 鈴木真純(秋田大学)
  • 千葉光穂(秋田労災病院)
  • 西登美雄(町立羽後病院)
  • 畠山雄二(中通総合病院)
  • 本郷道生(秋田大学)
  • 宮腰尚久(秋田大学)
  • 三澤晶子(秋田県立医療療育センター整形外科)
  • 水谷 嵩(秋田大学)
  • 村井 肇(秋田厚生医療センター)