トップページ臨床の紹介>同門グループ

同門グループ

AORA (Akita Orthopedic Group on Rheumatoid Arthritis)

秋田県の関節リウマチ治療は、初代秋田大学整形外科教授の荒井三千雄名誉教授の時代から脈々と同門に受け継がれてきました。現在の薬物療法は、かつては悪化することが多かった治療とは異なり、寛解を目標にできる時代へと変化しています。これまで患者さんにとって有益な治療が報告されても、専門性が高く実際の治療にいかされてきませんでした。秋田のような地方において治療のセンター化(多くの専門スタッフ、専門施設)は困難です。これからは患者さんの地元での一定水準の医療を提供すべきと考え、2010年に秋田大学整形外科を中心として秋田整形外科リウマチグループ(AORA、Akita Orthopedic Group on Rheumatoid Arthritis)が設立されました。

現在、秋田県内の基幹病院とクリニックの27施設にAORAメンバーが勤務しており(下部供覧)、地域のリウマチ治療に従事しています。

AORAメンバーが診療にあたっているリウマチ患者を登録したコホート研究では、2012年の症例数は1663例で、単独県の研究としては国内屈指の症例数となります。また、リウマチ治療の啓蒙とレベルアップを図るため、研究会での小講義を行っており、学会活動では、日本リウマチ学会、欧州リウマチ学会での演題発表を行っています。

リウマチ治療は、メトトレキサートと生物学的製剤の登場により、この10年で大きく変わり、日進月歩です。われわれAORAは、最先端の知識を導入し、リウマチ治療の保存療法と手術療法の両方に力を入れていきます。

 

 

日本臨床リウマチ学会(福岡開催)での宮本誠也Directorによるシンポジウム発表

Adviser 島田洋一 片岡洋一 粕川禮司 宮本誠也
 Director 柏倉剛
 Vice-Director 小林志

  • 相澤俊朗(北秋田市民病院)
  • 青沼宏(市立角館総合病院)
  • 石澤暢浩(藤原記念病院)
  • 伊藤博紀(山本組合総合病院)
  • 浦山雅和(雄勝中央病院)
  • 江畑公仁男(市立横手病院)
  • 大場雅史(市立大森病院)
  • 荻野正明(湖東総合病院)
  • 柏倉剛(市立秋田総合病院)
  • 片岡洋一(城東整形外科)
  • 加茂啓志(秋田労災病院)
  • 木島泰明(秋田大学)
  • 工藤宏次(くどう整形外科)
  • 小西奈津雄(秋田厚生医療センター)
  • 小林志(中通総合病院)
  • 櫻場乾(平鹿総合病院)
  • 佐藤毅(山本組合総合病院)
  • 白幡毅士(由利組合総合病院)
  • 東海林和弘(東海林整形外科クリニック)
  • 杉村祐介(南秋田整形外科)
  • 鈴木紀夫(由利組合 総合病院)
  • 田澤浩(秋田赤十字病院)
  • 谷貴行(秋田赤十字病院)
  • 田村康樹(今村記念クリニック)
  • 千田秀一(秋田大学)
  • 土江博幸(町立羽後病院)
  • 堤祥浩(つつみ整形外科)
  • 永澤雄(永沢整形外科)
  • 西登美雄(町立羽後病院)
  • 野口英明(由利組合総合病院)
  • 野坂光司(秋田大学)
  • 宮本誠也(中通総合病院)
  • 森田裕己(もりた整形外科医院)
  • 山田晋(秋田大学)
  • 楊国隆(楊整形外科)
  • 渡部英敏(わたなべ整形外科)
  • 渡部亘(本荘第一病院)