トップページ>ご挨拶

ご挨拶

秋田大学医学部 整形外科 島田洋一 教授

秋田大学医学部 整形外科
島田洋一 教授

整形外科は、運動器を扱う診療科です。運動器とは、脊椎、関節、神経、筋、靱帯などからなり、これらの障害により活動が制限されます。代表的な疾患として椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性関節症、リウマチ、腫瘍、スポーツ障害、骨折・脱臼などの外傷があります。それらの手術療法、保存療法、リハビリテーションを一貫して扱うため、総合的な知識を要します。

患者の年齢層も乳幼児から高齢者まで広く、扱う部位の多さが特徴です。

特に、我が国は、超高齢社会を迎え、運動器疾患の患者数が急増しています。そのため、日本整形外科学会は、ロコモティブシンドロームを提唱し、その普及に努めています。秋田県は、全国第一位の高齢県であり、秋田大学整形外科は、地域医療を担うだけでなく、ロコモティブシンドロームへの先進的取り組みを内外に発信し、全国のモデルとなっています。

秋田大学整形外科は、1973年、初代・荒井三千雄教授のもと開講した戦後初の国立大学整形外科教室です。1991年には、第二代・佐藤光三教授が、2001年には第三代・井樋栄二教授が就任し、教室は成長を遂げました。 2007年、第四代として私が秋田大学医学部神経運動器学講座整形外科学分野教授に就任しました。その後、2008年、大学院重点化に伴う組織改編で、秋田大学大学院医学系研究科医学専攻機能展開医学系整形外科学講座と名称変更になり、現在に至っています。

秋田大学整形外科は、脊椎・脊髄外科、関節外科、骨軟部腫瘍、手外科・マイクロサージェリー、外傷、骨粗鬆症、関節リウマチなど、あらゆる分野で活動しており、高いレベルを誇ります。各分野で大学、勤務医、開業医が一体となった臨床グループを形成し、教室の総力を投入することで、本邦のみならず世界に冠たる業績を挙げています。 Akita Spine Group (ASG)は、脊椎脊髄外科分野では国内屈指の臨床グループであり、Akita Orthopedic Group on Rheumatoid Arthritis (AORA)は、北日本最大のリウマチコホートです。A-Boneは、骨粗鬆症分野で知名度が高く、Akita Hip Research Group (AHRG)、Akita Hand Group (AHG)、Akita Foot Group (AFG)、Akita Sports Arthroscopy Knee Group (ASAKG)は、全国レベルの医療を提供しています。Akita Ilizarov Method Group (AIMG)は、創外固定による難治性外傷、変形矯正で国内トップクラスの実績を挙げています。さらに、これら臨床グループの研究を支えるAkita Motion Analysis Group(AMAG)は、医工連携による世界屈指の動作解析グループです。全ての教室員がこれらの臨床グループに属して活動し、リサーチマインドを伴った臨床を実践しています。さらに、若手から上級医まで最先端の知識を共有できるよう、多くのセミナー・研修会を主催し、教育システムの構築には特に力を入れています。

臨床・基礎研究において、機能的電気刺激(FES)やロボットリハビリテーションは国際的にも最先端であり、製品の全国展開を進めています。骨粗鬆症研究は、国内トップクラスの業績を挙げ、秋田大学整形外科の名声を高めています。

秋田大学整形外科は、これからも、臨床、研究、教育においてさらに発展を続け、皆様のお役に立てればと思っています。