トップページ臨床の紹介>同門グループ

同門グループ

AMAG(Akita Motion Analysis Group)

AMAGは、整形外科・リハビリテーション疾患における疾患特性や新しい治療について、各種の動作歩行解析法を用いて明らかにするとともに、その成果を広く内外に発信し業績向上を目指す研究グループです。

島田洋一教授を顧問として、メディカル(整形外科、リハビリテーション科・部、及び関連病院)とエンジニアリング(秋田大学大学院理工学部巖見研究室、、秋田工業高等専門学校)のメンバーでグループ構成され、機能的電気・磁気刺激(FES・FMS)および経頭蓋磁気刺激(TMS)関連の研究や、新しいリハビリ機器の開発、各種動作歩行解析法の学習や研究などを行っています。



AMAGメンバー構成図

図1


図2


図3


グループの特徴は、医学系・工学系における最先端の基礎・臨床研究を行っている医師・教官・コメディカル、さらに大学院生・学生も一堂に会し、フラットな環境で議論を戦わせながら共同で様々なリサーチを展開していることです。

現在は、新型歩行ビリテーションロボットAkita Trainerの開発(図1)、脊髄損傷や脳卒中麻痺四肢に対する機能的電気刺激(functional electrical stimulation; FES)による動作再建やFESサイクリング、動的座位バランス計測装置の開発および臨床応用(図2)、股・膝関節の運動解析・有限要素解析(図3)、高齢者歩行分析などなどに関する研究報告などがあります。

今後は、医工連携の特徴を生かして対象分野をさらに広げ、成果を国内外に発信してまいります。

Adviser 島田洋一
 Director 松永俊樹
 Vice-Director 巖見武裕

  • 飯田純平(秋田大学大学院整形外科)
  • 石川順基(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション部)
  • 巖見武裕(秋田大学大学院理工学部)
  • 岩本陽輔(秋田大学大学院整形外科)
  • 加賀 望(秋田大学大学院整形外科)
  • 木澤 悟(秋田工業高等専門学校)
  • 木島泰明(秋田大学大学院整形外科)
  • 木村竜太(秋田大学大学院整形外科)
  • 工藤大輔(秋田大学大学院整形外科)
  • 小西奈津雄(秋田厚生医療センター)
  • 小林義和(秋田工業高等専門学校)
  • 斉藤公男(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション科)
  • 齊藤英知(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション科)
  • 佐々木香奈(中通総合病院整形外科)
  • 佐々木 研(秋田大学大学院整形外科)
  • 佐藤峰善(今村病院)
  • 高橋靖博(秋田大学大学院整形外科)
  • 髙橋裕介(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション部)
  • 田澤 浩(秋田赤十字病院整形外科)
  • 千田 聡明(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション部)
  • 野坂 光司(秋田大学大学院整形外科)
  • 畠山 和利(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション部)
  • 本郷道生(秋田大学大学院整形外科)
  • 益谷法光(秋田大学大学院整形外科)
  • 松永俊樹(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション科)
  • 水谷 嵩(秋田大学大学院整形外科)
  • 宮脇和人(秋田工業高等専門学校)
  • 山田 晋(秋田大学大学院整形外科)
  • 渡邊基起(秋田大学医学部附属病院リハビリテーション部)