現在位置:トップページ>研究の紹介|業績/2010年

業績:2010年

国際学会

  1. WSEAS(World Scientific and Engineering Academy and Society) at Cambridge University, February, Cambridge (U.K.)
    • Sugawara T(2010) Invited lecture "Angiotensin receptor blocker directly binds to HSP and stimulates its production in the brain."
  2. Lecture at Neuroscience Center, Genera University, February, Geneva (Switzerland)
    • Sugawara T(2010)Invited lecture "The recent progress in the research for cerebral ischemia"

国内学会

総会・年会

  1. 第39回日本脳卒中の外科学会総会,4月,盛岡
    • 柳澤俊晴,柴田憲一,島田直也,高橋佑介,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)脳動脈瘤クリッピング術における動注蛍光血管撮影の試み―浅側頭動脈経由法の試み―
  2. 第30回日本脳神経外科コングレス総会,5月,横浜
    • 笹嶋寿郎(2010)グリオーマの治療に役立つ画像診断
    • 菅原 卓(2010)頚椎前方アプローチの適応と基本手技
  3. 第25回日本脊髄外科学会,6月,名古屋
    • 菅原 卓,東山巨樹,柴田憲一,高橋和孝,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)脊髄髄内病変の手術経験
    • 東山巨樹,菅原 卓,溝井和夫(2010)脊椎・脊髄手術における術中MEPモニタリングの有用性と問題点
    • 柴田憲一,菅原 卓,東山巨樹,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)進行する両下肢麻痺で発症した血管内リンパ腫の2例
  4. 第19回日本定位放射線治療学会,7月,大津
    • 鈴木 明,羽入紀朋,笹嶋寿郎,古賀 誠,高橋和孝,島田直也,柴田憲一,柳澤俊晴,橋本 学,溝井和夫(2010)非機能性下垂体腺腫に対するfractionated sterotactic radiotherapy(FSRT)の長期治療成績
    • 羽入紀朋,鈴木 明,古賀 誠,高橋和孝,島田直也,柴田憲一,柳澤俊晴,橋本 学,溝井和夫(2010)頭蓋咽頭腫に対するfractionated stereotactic radiotherapy(FSRT)の治療成績
  5. 第69回日本脳神経外科学会総会,10月,福岡
    • 笹嶋寿郎,島田直也,大谷隆浩,溝井和夫(2010)後頭蓋窩腫瘍の鑑別診断におけるI-123 MIBG SPECTおよびdiffusion MRIの有用性
    • 菅原 卓,東山巨樹,大野秀則,杉山久幸(2010)スクリューガイドテンプレートシステムを用いた頚椎後方固定術
    • 鈴木 明,羽入紀朋,笹嶋寿郎,高橋和孝,島田直也,柴田憲一,溝井和夫,古賀 眞,橋本 学(2010)非機能性下垂体腺腫に対するfanctionated stereotactic radiotherapy (FSRT)の長期治療成績
    • 柳澤俊晴,柴田憲一,島田直也,高橋和孝,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)脳動脈瘤直達術における動注蛍光血管撮影の有用性-浅側頭動脈経由法
    • 高橋和孝,鈴木 明,笹嶋寿郎,柳澤俊晴,羽入紀朋,東山巨樹,島田直也,柴田憲一,高橋佑介,菅原 卓,木内博之,溝井和夫(2010)悪性髄膜腫の臨床成績と治療戦略
    • 東山巨樹(2010)Tubular retractorを用いた腰椎手術
    • 柴田憲一,菅原 卓,東山巨樹,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)進行する両下肢麻痺で発症し脊髄生検で診断した血管内リンパ腫の2例
  6. 第28回日本脳腫瘍学会学術集会,11月,軽井沢
    • 笹嶋寿郎,鈴木 明,大谷隆浩,高橋和孝,島田直也,溝井和夫(2010)髄芽腫の再発・播種における画像診断と集学的治療
    • 高橋和孝,鈴木 明,笹嶋寿郎,柳澤俊晴,羽入紀朋,東山巨樹,島田直也,柴田憲一,高橋佑介,菅原 卓,木内博之,溝井和夫(2010)悪性髄膜腫における臨床成績と治療戦略

地方会

  1. 第86回日本神経外科学会東北地方会,3月,仙台
    • 松田雅純,大川 聡,菅原正伯,本田耕平,高橋和孝,豊島 至(2010)副鼻腔に骨欠損を認めた再発性髄膜炎の1例
  2. 第44回東北脳腫瘍研究会,4月,仙台
    • 笹嶋寿郎(2010)画像診断(PET/MRI)
  3. 第20回東北脳SPECT研究会,9月,山形
    • 笹嶋寿郎,島田直也,溝井和夫(2010)123I-metaiodobenzylguanidine(MIBG) SPECTによる後頭蓋窩腫瘍の鑑別診断
  4. 第46回(社)日本脳神経外科学会東北支部会,9月,山形
    • 菅原 卓,東山巨樹,柴田憲一,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)Sacral perineural cystの1例
    • 柳澤俊晴,柴田憲一,島田直也,笹嶋寿郎,溝井和夫,大塚聡郎(2010)脳幹部海綿状血管腫の1手術例
    • 高橋佑介,笹嶋寿郎,高橋和孝,島田直也,溝井和夫(2010)延髄から外向性に発育したpilomyxoid astrocytomaの1手術例
  5. 第33回東北脳血管障害研究会,12月,仙台
    • 柳澤俊晴,柴田憲一,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)けいれん発作で発症した未破裂中大脳動脈瘤の1例

研究会/全国研究会

  1. 第16回臨床脳神経外科研究会,3月,安比
    • 高橋佑介,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)乳児artetic cephaloceleの1手術例
  2. 第4回STR Spine Forum,4月,郡山
    • 東山巨樹,菅原 卓,溝井和夫(2010)Tubular retractorを用いた腰椎手術の経験
  3. 第10回日本脳神経外科術中画像研究会,6月,広島
    • 柳澤俊晴,島田直也,柴田憲一,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)脳動脈瘤クリッピング術における動注蛍光血管撮影-浅側頭動脈経由法の試み-

研究会/地方研究会

  1. 第37回秋田大学脳神経外科カンファレンス,1月,秋田
    • 鈴木 明,羽入紀朋,佐久間郁郎,泉 純一,高橋和孝,島田直也,柴田憲一,柳澤俊晴,溝井和夫(2010)頭蓋底髄膜腫に対するfractionated stereotactic radiosurgery(FSRT)の治療成績
  2. 第27回秋田県脳神経研究会,2月,秋田
    • 高橋 聡,大谷隆浩,古賀 誠,橋本 学,柳澤俊晴,溝井和夫(2010)海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する効率的な経静脈性塞栓術の検討
    • 松田雅純,大川 聰,菅原正伯,本田耕平,高橋和孝,大西洋英,豊島 至(2010)副鼻腔骨欠損による再発性細菌性髄膜炎の1例
  3. 第38回秋田大学脳神経外科カンファレンス,4月,秋田
    • 柳澤俊晴,柴田憲一,東山巨樹,菅原 卓,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)急速に四肢麻痺を呈した頭蓋内硬膜動静脈瘻の1例
  4. 第69回切琢会,5月,秋田
    • 島田直也,柳澤俊晴,高橋佑介,溝井和夫(2010)小脳出血術後に発症したテント上急性硬膜下血腫の1例
  5. 第65回秋田脳神経画像研究会,5月,秋田
    • 高橋佑介,笹嶋寿郎,高橋和孝,島田直也,溝井和夫(2010)延髄から外向性に発育したpilomyxoid astrocytomaの1例
  6. 第33回秋田脳神経外科ビデオシンポジウム,6月,秋田
    • 東山巨樹,菅原 卓,溝井和夫(2010)Tubular retractorを用いた腰椎手術の経験
  7. 第21回秋田疼痛研究会,7月,秋田
    • 東山巨樹,菅原 卓,柴田憲一,溝井和夫(2010)脊椎・脊髄疾患における痛みの定量的評価
  8. 第39回秋田大学脳神経外科カンファレンス,7月,秋田
    • 柴田憲一,柳澤俊晴,島田直也,大塚聡郎,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)大脳脚海綿状血管腫の1例
  9. 第66回秋田脳神経画像研究会,10月,秋田
    • 高橋和孝,笹嶋寿郎,鈴木 明,東山巨樹,島田直也,高橋佑介,溝井和夫(2010)頭蓋内悪性黒色腫の1手術例
  10. 第34回秋田脳神経外科ビデオシンポジウム,11月,秋田
    • 柳澤俊晴,島田直也,柴田憲一,笹嶋寿郎、溝井和夫(2010)経過中自然血栓化を示した海綿静脈洞部内頚動脈瘤の1手術例
  11. 第13回秋田核医学談話会,11月,秋田
    • 笹嶋寿郎,島田直也,大谷隆浩,溝井和夫(2010)後頭蓋窩腫瘍における123I-metaiodobenzylguanidine(MIBG)SPECT所見

講演

  1. 秋田県立脳血管研究センター「脊髄・脊椎手術の勉強会」,2月,秋田
    • 菅原 卓(2010)講演「脊髄・脊椎手術の手術室における器械出し、放射線機器の使用に関して」
    • 菅原 卓(2010)講演「脊髄・脊椎手術の術前管理・術後管理、患者入院のシステム」
  2. Advisory Meeting,2月,秋田
    • 柳澤俊晴(2010)講演「脳血管障害の診断と治療」
  3. 脳卒中最前線~最新エビデンスから脳卒中診療の未来を読む~,3月,秋田
    • 柳澤俊晴(2010)講演「~外科的治療の最前線~『脳動脈瘤クリッピング術における蛍光血管撮影の有用性』」
  4. 平成22年度医療安全管理研修会,5月,秋田
    • 笹嶋寿郎(2010)肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドラインについて
  5. 雄勝中央病院脳卒中勉強会,6月,湯沢
    • 柳澤俊晴(2010)教育講演「脳卒中シャワーin湯沢-最近の経験から-」
  6. 第7回湯沢脳卒中勉強会,6月,湯沢
    • 柳澤俊晴(2010)ミニレクチャー「最近の脳卒中治療-外科的治療の立場から-」
  7. 平成14年度全県JA共済審査医会議,9月,秋田
    • 溝井和夫(2002)特別講演:最近の脳神経外科手術
  8. 脳神経外科Expert Meeting,7.月,福島
    • 菅原 卓(2010)特別講演「ARBによる脳保護メカニズムと脳卒中急性期投与の意義」

セミナー

  1. H22年度秋田放射線技師会中央支部ナイトセミナー,11月,秋田
    • 東山巨樹(2010)救急で役立つ頭部CTの読み方

発表論文

著書

  1. 笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)造影MRIによって脳腫瘍と診断しやすい脳梗塞がある.脳神経検査のグノーティ・セアウトン -この検査ではここが見えない part1 MRI編,小川彰(編集),シナジー,東京,pp.26-31.

総説・解説

原著論文

審査を経た論文
  1. Sato, A.,Sakurada, K.,Kumabe, T.,Sasajima, T.,Beppu, T.,Asano, K.,Ohkuma,H.,Ogawa, A.,Mizoi, K.,Tominaga, T.,Kitanaka, C.,Kayama, T.;Tohoku Brain Tumor Study Group.(2010)Association of stem cell marker CD133 expression with dissemination of glioblastomas. Neurosurg. Rev., 33,175-184.
  2. Sugawara, T.,Kokubun, K.,Ishida, R.,Fujiwara, K.,Yamamoto, S.,Kinouchi, H.,Itoh, H.,Mizoi, K.(2010)Angiotensin receptor blocker directly binds to HSP and stimulates its production in the brain. Recent advances in mathematics and computers in business, economics, biology & chemistry, 350-357.
審査のない論文
  1. 鈴木 明,羽入紀朋,泉 純一,佐久間郁郎,高橋和孝,柳澤俊晴,溝井和夫(2010)頭蓋底髄膜腫に対するfractionated stereotactic radiotherapy (FSRT)による治療成績.定位的放射線治療14:105-114.
  2. 柳澤俊晴,柴田憲一,島田直也,笹嶋寿郎,溝井和夫(2010)脳動脈瘤クリッピング術における蛍光血管撮影の経験.第32回東北脳血管障害研究会学術集会記録集:17-21.
  3. 島田直也,笹嶋寿郎,高橋和孝,高橋佑介,柴田憲一,柳澤俊晴,溝井和夫(2010)Skull base malignant lymphomaの1例 -FDG-PET診断の重要性-.東北脳SPECT研究会講演集19:9-13.

報告書

  1. 溝井和夫(代表),笹嶋寿郎(2010)3次元脳血管画像の導入による新規マルチモダル手術支援システムの開発.平成21年度科学研究費補助金(基盤研究C2)研究実績報告書
  2. 笹嶋寿郎(代表)(2010)腫瘍幹細胞を治療標的とした低酸素誘導因子制御による治療戦略の開発.平成21年度科学研究費補助金(基盤研究C2)研究成果報告書
  3. 鈴木 明(代表),菅原 卓(2010)脊髄損傷における酸化ストレス発生を介したアポトーシス活性化機構の解明.平成21年度科学研究費補助金(基盤研究C2)研究実績報告書
  4. 高橋和孝(代表)(2010)クモ膜下出血後のリモデリングによる主幹動脈と穿通枝の血管収縮機構の特異的機序解明.平成21年度科学研究費補助金(基盤研究C2)研究成果報告書
  5. 東山巨樹(代表)(2010)脳磁図等マルチモダル計測による頚椎症性脊髄症の客観的治療効果判定法の確立.平成21年度科学研究費補助金(若手研究B)研究実績報告書