現在位置:トップページ>研究の紹介|業績/2003年

業績:2003年

国際学会

  1. The 3rd international Mt.Bandai Symposium for Neuroscience and The 4th Pan Pacific Neurosurgery Congress,February, USA.
    • Mizoi K.(2003)Direct surgery of intramedullary hemangioblastoma.
    • Yanagisawa T.(2003)Direct Repair of blister-like aneurysm on the internal carotid artery with vascular closure staple clips.
    • Takahashi M.,Mizoi K.,Sugawara, T., Ohta T.,Higashiyama N., Kinouchi H.(2003)Reversible ischemic lesion after temporary occlusion in the case with giant anterior communicating artery aneurysm defined by diffusion weighted images.
  2. Brain’03&Brain PET’03,June,Canada.
    • Sasajima T.,Naitoh Y.,Takahashi M.,Kinouchi H.,Mizoi K.(2003)Experimental studies of antitumor effects of angiogenesis inhibitor TNP-470 with a chemotherapeutic agent on malignant brain tumor.
    • Sugawara T,Kinouchi H,Mizoi K,Pak H Chan(2003)The increased neuronal expression of apurinic /apyrimidinic endonuclease after ischemic preconditioning corresponeded to their tolerance to subsequent global cerebral ischemia.
  3. Annual Meating of The Korean Society Of Cerebrovascular Disease,September,Korea.
    • Mizoi K.(2003)Guest Lecture:Endoscopy-assisted surgery of cerebral aneurysms.

国内学会

総会・年会

  1. 第26回日本脳神経CI学会総会,2月,名古屋
    • 笹嶋寿郎,鈴木 明,木内博之,高橋和孝,溝井和夫(2003)悪性脳腫 瘍に対する定位放射線照射後の経時的Tl-SPECT所見-高線量照射域における 201TlCl 高集積の検討-
  2. 第12回日本定位放射線治療学会,6月,京都
    • 鈴木 明,柳澤俊晴,木内博之,溝井和夫,泉 純一,安倍 明,戸村則 昭,渡会二郎(2003)髄膜腫に対するLinacによる定位放射線照射の検討
  3. 第18回日本脊髄外科学会,6月,東京
    • 東山巨樹,太田 徹,伊藤康信,菅原 卓,溝井和夫(2003)体性感覚 誘発磁界による頸椎症性脊髄症の治療効果測定
    • 平野仁崇,伊藤康信,荘司英彦,菅原 卓,東山巨樹,溝井和夫 (2003)大孔部狭窄を伴った軟骨無形成症の4手術例
    • 菅原 卓(2003)脊髄症状を呈した頭蓋内硬膜動静脈瘻の1例
  4. 第4回日本分子脳神経外科学会,9月,東京
    • 菅原 卓(2003)ラット全脳虚血モデルにおけるSOD1によるアスト ロサイトの遅発性神経細胞死抑制効果について
  5. 第10回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会,9月,東京
    • 平野仁崇,菅原 卓,東山巨樹,伊藤康信,溝井和夫(2003)軟骨無形 成症患児の大孔部減圧術における超音波骨メスの有用性
  6. 第42回日本定位・機能神経外科学会,9月,仙台
    • 菅原 卓(2003)難治性疼痛症における脊髄刺激療法の効果
  7. 第16回日本老年脳神経外科学会総会,9月,仙台
    • 笹嶋寿郎,鈴木 明,木内博之,高橋和孝,溝井和夫,下瀬川恵久 (2003)頭蓋内悪性リンパ腫に対する定位放射線治療-PETによる局在診断と治療評価-
  8. 第62回日本脳神経外科学会総会,10月,仙台
    • 笹嶋寿郎,木内博之,高橋和孝,太田 徹,鈴木 明,下瀬川恵久,溝井和 夫(2003)PET局在診断に基づくintrinsic brain tumorの外科治療(ビデオセッション)
    • 笹嶋寿郎,鈴木 明,木内博之,高橋和孝,溝井和夫(2003)悪性脳腫 瘍における定位放射線照射後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別-経時的T1-SPECT所見の重要性-
    • 菅原 卓,平野仁崇,東山巨樹,太田 徹,伊藤康信,木内博之,溝井和夫 (2003)脊髄硬膜動静脈瘻における脊髄症状とMEG所見
    • 鈴木 明,柳澤俊晴,太田 徹,木内博之,溝井和夫,泉 純一,安倍  明,戸村則昭,渡会二郎(2003)髄膜腫に対するLinacによる定位放射線照射の初期治療成績
    • 柳澤俊晴,木内博之,鈴木 明,太田 徹,菅原 卓,高橋和孝,平野仁 崇,笹嶋寿郎,溝井和夫(2003)頭蓋頸椎移行部硬膜動静脈瘻の病態と治療-13例の検討-
    • 太田 徹,東山巨樹,木内博之,柳澤俊晴,鈴木 明,溝井和夫 (2003)視覚誘発脳磁界の術前・術後比較を行った後頭葉病変の2例
    • 平野仁崇,菅原 卓,伊藤康信,東山巨樹,溝井和夫(2003) Combined anterior and posterior approachによるC3/4分節型後縦靭帯骨化症の1手術例
    • 東山巨樹,太田 徹,菅原 卓,平野仁崇,伊藤康信,溝井和夫 (2003)体性感覚誘発脳磁界による頸椎症性脊髄症の治療効果判定
    • 山口 卓,木内博之,戸田弘紀,菅原 卓,Theo D. Palmer,Pak H. Chan,小田正哉,荘司英彦,溝井和夫(2003)ラット一過性全脳虚血における海馬の神経再生
  9. 第15回日本脳循環代謝学会総会,10月,千里
    • 木内博之,戸田弘紀,菅原 卓,Theo D. Palmer,Pak H Chan,溝井和夫(2003)一過性全脳虚血後の海馬における神経新生
  10. 第8回日本脳腫瘍の外科学会,11月,沖縄
    • 笹嶋寿郎,木内博之,高橋和孝,太田 徹,鈴木 明,下瀬川恵久,溝井和 夫(2003)脳実質内腫瘍摘出術におけるPET局在診断と手術支援(シンポジウム)
  11. 第19回日本脳神経血管内治療学会総会,11月,横浜
    • 溝井和夫,木内博之(2003)未破裂脳動脈瘤の手術-種々の術中モニ ターの有用性-
  12. 第10回日本神経内視鏡学会,12月,名古屋
    • 木内博之,鈴木 明,柳澤俊晴,太田 徹,笹嶋寿郎,溝井和夫 (2003)支持装置固定内視鏡モニター下の脳動脈瘤治療

地方会

  1. 第37回東北脳腫瘍研究会,3月,福島
    • 鈴木 明,柳澤俊晴,木内博之,溝井和夫(2003)最近経験したNF2 症例
  2. 第27回北日本脳神経外科連合会学術集会,6月,札幌
    • 鈴木 明,柳澤俊晴,太田 徹,木内博之,溝井和夫,泉 純一,安倍  明,戸村則昭,渡会二郎,安井信之(2003)Linacによるstereotactic radiotherapyで治療した海綿静脈洞部海綿状血管腫の1例
    • 柳澤俊晴,鈴木 明,太田 徹,笹嶋寿郎,木内博之,溝井和夫,石川和夫 (2003)頸静脈孔部髄膜腫の1手術例
    • 平野仁崇,伊藤康信,荘司英彦,菅原 卓,東山巨樹,溝井和夫 (2003)大孔部狭窄を伴った軟骨無形成症の4手術例
    • 太田 徹,木内博之,柳澤俊晴,鈴木 明,溝井和夫(2003)椎骨動脈 瘤の外科治療-神経内視鏡の有用性-
  3. 第13回東北脳SPECT研究会,9月,郡山
    • 太田 徹,東山巨樹,柴田憲一,川島文子,高橋和孝,平野仁崇,菅原  卓,笹嶋寿郎,木内博之,溝井和夫(2003)脳血流SPECT演算画像が焦点源推定に有用であった難治性てんかんの1症例
  4. 第38回日本脳神経外科学会東北地方会,9月,郡山
    • 柴田憲一,太田 徹,木内博之,鈴木 明,柳澤俊晴,溝井和夫 (2003)眼窩内動眼神経鞘腫の1手術例
    • 山口 卓,柳澤俊晴,木内博之,鈴木 明,太田 徹,溝井和夫 (2003)術後に一過性記憶障害を呈したIC-PC動脈瘤の1例
    • 東山巨樹,太田 徹,菅原 卓,伊藤康信,溝井和夫(2003)体性感覚 誘発脳磁界の経時的変化-脊髄硬膜動静脈瘻の2手術例から-
    • 川島文子,笹嶋寿郎,菅原 卓,高橋和孝,東山巨樹,溝井和夫 (2003)髄腔内播種をきたした小児頸髄glioblastomaの1例
    • 木村尚人,高橋 明,冨永悌二,木内博之,溝井和夫(2003)短期間に 増大した未破裂脳底動脈窓形成動脈瘤の1例
  5. 第26回東北脳血管障害懇話会,12月,仙台
    • 鈴木 明,木内博之,平野仁崇,柴田憲一,柳澤俊晴,太田 徹,溝井和 夫,高橋 明,江面正幸,城倉英史,神里信夫(2003)塞栓術・ガンマナイフ併用治療9年後に進行性に脳内出血を呈したAVMの1例
    • 木内博之,柳澤俊晴,川島文子,岩川雅哉,太田 徹,鈴木 明,溝井和 夫,神里信夫(2003)破裂脳動脈瘤治療におけるpitfallの1例
    • 柳澤俊晴,木内博之,溝井和夫(2003)東北地区【頭蓋内硬膜動静脈 瘻】共同調査報告

研究会/全国研究会

  1. 第12回日本聴神経腫瘍研究会,6月,東京
    • 斎藤隆志,石川和夫,Wang Yan.,溝井和夫,木内博之,高橋和孝,安井信之(2003)NFII症例の治療と問題
  2. 第8回臨床ストレス蛋白質研究会,11月,徳島
    • 菅原 卓,木内博之,Chan P.H.,溝井和夫(2003)Ischemic Preconditioningによる脳保護効果におけるDNA修復酵素の関与
    • 荘司英彦,木内博之,菅原 卓,伊藤英晃,大久保敦也,田村晋也,小田正 哉,鈴木 聡,溝井和夫(2003)ヒトのHSP70遺伝子導入PC12細胞を用いた低酸素負荷におけるHSP70の神経保護効果の検討

研究会/地方研究会

  1. 第6回秋田疼痛研究会,1月,秋田
    • 伊藤康信,菅原 卓,高橋和孝,東山巨樹,溝井和夫(2003)脊髄神経 鞘腫の2手術例-T-sawを使用した椎弓形成術の有用性-
    • 菅原 卓,柳澤俊晴,鈴木 明,太田 徹,岩川雅哉,高橋和孝,東山巨 樹,伊藤康信,溝井和夫(2003)脊髄症状を呈した硬膜動静脈瘻の2手術例
  2. 第20回秋田県脳神経研究会,1月,秋田
    • 菅原 卓,柳澤俊晴,鈴木 明,太田 徹,岩川雅哉,東山巨樹,高橋和 孝,伊藤康信,溝井和夫(2003)脊髄症状を呈した硬膜動静脈瘻の2手術例
    • 荘司英彦,木内博之,大久保敦也,伊藤英晃,田村晋也,菅原 卓,鈴木  聡,溝井和夫(2003)低酸素負荷におけるHSP70の神経保護効果-ヒトHSP遺伝子導入PC12細胞を用いた検討-
  3. 第9回臨床脳神経外科研究会,3月,安比
    • 高橋和孝(2003)大脳鎌髄膜腫摘出後の皮質下出血例
  4. 第17回秋田大学脳神経外科カンファレンス,4月,秋田
    • 柳澤俊晴,木内博之,鈴木 明,太田 徹,溝井和夫(2003)診断困難 であったくも膜下出血の3症例
  5. 第51回秋田脳神経画像研究会,5月,秋田
    • 菅原 卓(2003)Occul spinal dural AVF の1例
  6. 第5回秋田ARB研究会,5月,秋田
    • 菅原 卓(2003)降圧薬における抗動脈硬化作用の意義(脳神経外科医 の立場から)(パネルディスカッション)
  7. 第2回秋田フリーラジカル研究会,6月,秋田
    • 菅原 卓(2003)脳虚血モデルにおけるフリーラジカルによる神経細胞 死について
  8. 第7回秋田疼痛研究会,7月,秋田
    • 平野仁崇,菅原 卓,東山巨樹,高橋和孝,溝井和夫(2003)キアリ奇 形に対する大孔部形成的減圧術の治療成績
  9. 第18回秋田大学脳神経外科カンファレンス,7月,秋田
    • 太田 徹,東山巨樹,柴田憲一,山口 卓,柳澤俊晴,鈴木 明,笹嶋寿 郎,木内博之,溝井和夫(2003)MEGが有効だった難治性内側側頭葉てんかんの1手術例
  10. 第35回秋田県小児神経・発達研究会,8月,秋田
    • 菅原 卓,平野仁崇,東山巨樹,荘司英彦,伊藤康信,溝井和夫 (2003)大孔部狭窄を伴った軟骨無形成症の6手術例
  11. 第70回秋田県医学会総会,9月,秋田
    • 鈴木 明,柳澤俊晴,太田 徹,笹嶋寿郎,木内博之,溝井和夫,泉 純 一,安倍 明,戸村則昭,渡会二郎(2003)Linacによる定位放射線治療-当院における治療経験-
  12. 第6回秋田核医学談話会,10月,秋田
    • 太田 徹,東山巨樹,笹嶋寿郎,柴田憲一,川島文子,高橋和孝,平野仁 崇,菅原 卓,木内博之,溝井和夫,下瀬川恵久(2003)MEG・EEGで焦点源推定が困難であった難治性てんかんの1例-脳血流SPECT演算画像の 有用性
  13. 第22回秋田県てんかん研究会,11月,秋田
    • 太田 徹,東山巨樹,柴田憲一,鈴木 明,柳澤俊晴,溝井和夫 (2003)複数の器質性病変を有する難治性てんかんの1手術例
  14. 第52回秋田脳神経画像研究会,11月,秋田
    • 平野仁崇,笹嶋寿郎,木内博之,柴田憲一,下瀬川恵久,溝井和夫 (2003)後頭蓋窩腫瘍の1例
  15. 第20回秋田脳神経外科ビデオシンポジウム,11月,秋田
    • 木内博之(2003)Suction decompression法による海綿静脈洞内巨大動脈瘤の1手術例
  16. 第19回秋田大学脳神経外科カンファレンス,12月,秋田
    • 木内博之,柳澤俊晴,鈴木 明,太田 徹,平野仁崇,溝井和夫 (2003)顕微鏡と内視鏡の同時観察による脳動脈瘤手術

講演

  1. 平成14年度学校保健ゼミナール,1月,秋田
    • 溝井和夫(2003)講演:小児の脳の病気
  2. 第5回道北脳神経懇話会,1月,旭川
    • 溝井和夫(2003)特別講演:脳腫瘍の外科治療-最近のトピックス-
  3. SCOPE/ACCESSラウンドディスカッション,1月,東京
    • 菅原 卓(2003)講演:カンデサルタンによる全脳虚血後神経細胞死の 抑制効果
  4. 第51回秋田脳神経画像研究会,5月,秋田
    • 笹嶋寿郎(2003)講演:脳腫瘍における代謝機能画像と手術支援
  5. 第6回兵庫脳循環代謝研究会,5月,神戸
    • 溝井和夫(2003)特別講演:脳神経外科における脳循環代謝測定と臨床 応用
  6. Stroke Prevention Symposium in Sendai”脳卒中と血圧についてもう一度考える会”,6月,仙台
    • 菅原 卓(2003)講演「カンデサルタンによる全脳虚血後の神経細胞死 抑制効果」
  7. 第18回京滋脳神経外科ビデオシンポジウム,6月,京都
    • 木内博之(2003)特別講演:脳動脈瘤の手術-最近の経験から-
  8. 脳内レニン・アンジオテンシン系と脳保護作用に関する研究会,6月,秋田
    • 菅原 卓(2003)教育講演:AngiotensinII Type1 Receptor Blocker(カンデサルタン)による虚血性神経細胞死抑制効果
  9. 山梨脳血管障害研究会,7月,甲府
    • 溝井和夫(2003)特別講演:脳動脈瘤の外科的治療
  10. 第62回日本脳神経外科学会総会,10月,仙台
    • 溝井和夫(2003)施設代表講演:脳動脈瘤の外科治療
  11. 第376回日本医科大学医学会特別講演会,10月,東京
    • 木内博之(2003)特別講演:虚血性神経障害における superoxide dismutaseの役割:神経細胞死と神経再生
  12. Brain Protection,The Mechanism of ARB,11月,東京
    • 菅原 卓(2003)講演:全脳虚血後神経細胞死のメカニズムとカンデサ ルタンによる保護効果

セミナー

  1. 第4回日本Imaged-Guided Neurosurgery臨床研究会,5月,大阪
    • 笹嶋寿郎(2003)講演:脳腫瘍における脳機能画像と手術支援
  2. 55回福井脳神経外科セミナー,6月,福井
    • 溝井和夫(2003)特別講演:脳動脈瘤の手術
  3. 第6回徳島脳神経外科夏季セミナー,7月,鳴門
    • 溝井和夫(2003)特別講演:脳動脈瘤の手術-治療困難例を中心に-
  4. 第3回神経科学セミナー,8月,東京
    • 笹嶋寿郎(2003)講演:稀な脳腫瘍の画像・病理所見
  5. 第62回日本脳神経外科学会総会モーニングセミナー,10月,仙台
    • 木内博之(2003)講演:硬膜動静脈奇形の治療戦略

発表論文

著書

  1. 戸村則昭,笹嶋寿郎(2003)上衣下腫 subependymoma.手術と病理の理解の ための頭部画像診断.秀潤社,東京,pp.98-99.
  2. 戸村則昭,笹嶋寿郎(2003)神経節細胞腫 gangliocytoma.手術と病理の理 解のための頭部画像診断.秀潤社,東京,pp.106-107.
  3. 戸村則昭,笹嶋寿郎(2003)松果体芽腫 pineoblastoma.手術と病理の理解 のための頭部画像診断.秀潤社,東京,pp.120-121.
  4. 溝井和夫(共同執筆者)(2003)伊藤正男,井村裕夫,高久史麿(総編集)医学大辞典.医 学書院,東京.
  5. 石川和夫,高橋和孝(2003)聴神経腫瘍手術のアプローチ法 中頭蓋窩法.岡本美孝(編) ENT Now Treatment and Surgery耳鼻咽喉科・頭頸部外科―処置・手術シリーズ7―耳鼻咽喉科処置・手術のControversy.メジカルビュー社,東京,pp.33- 40.
  6. 溝井和夫(2003)巨大脳動脈瘤の手術.現代医療35,現代医療社,東京,pp.57- 63.
  7. 峯浦一喜,高橋義信,笹島浩泰,笹嶋寿郎(2003)主な外来化学療法の実際 頭頸部癌 脳 腫瘍.QOL向上を目指した癌の外来化学療法マニュアル.メディカルレビュー社,大阪,pp.314-323.
  8. 笹嶋寿郎(2003)コラム読み薬 コンピュータ支援(ニューロナビゲーション)脳神経外科 手術.秋田大学医学部附属病院(編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.54-55.
  9. 溝井和夫(2003)脳・神経の病気 脳出血の原因は高血圧.知って秋田大学医学部附属病院 (編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田, pp.126-127.
  10. 溝井和夫(2003)脳・神経の病気 激しい頭痛が襲うくも膜下出血.秋田大学医学部附属病 院(編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.128-129.
  11. 溝井和夫(2003)脳・神経の病気 前ぶれの症状に注意、脳梗塞.秋田大学医学部附属病院 (編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.130-131.
  12. 笹嶋寿郎(2003)脳・神経の病気 画像検査で小さな脳腫瘍も発見.秋田大学医学部附属病 院(編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.132-133.
  13. 鈴木 明(2003)脳・神経の病気 “切らない治療法”で効果あげる.秋田大学医学部附属 病院(編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.134-136.
  14. 東山巨樹(2003)コラム読み薬 脳磁図.秋田大学医学部附属病院(編)知って安心秋田の 病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.136-137.
  15. 笹嶋寿郎(2003)脳・神経の病気 頭部を打撲,異常を感じたらすぐ受診.秋田大学医学部 附属病院(編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.140-141.
  16. 笹嶋寿郎(2003)脳・神経の病気 意識がなく倒れていたら.秋田大学医学部附属病院 (編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.142-143.
  17. 伊藤康信(2003)脳・神経の病気 指先のしびれで知る頸椎症性脊髄症.秋田大学医学部附 属病院(編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.146-147.
  18. 伊藤康信(2003)脳・神経の病気 背骨の管が狭くなって起きる歩行障害.秋田大学医学部 附属病院(編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.150-151.
  19. 伊藤康信(2003)脳・神経の病気 小児期に多い「脊髄空洞症」.秋田大学医学部附属病院 (編)知って安心秋田の病気あれこれ.秋田魁新報社,秋田,pp.152-153.
  20. 溝井和夫(2003)脳血管障害.伊東洋(編)CHART13脳神経外科.医学評論社,東 京,pp180-208.
  21. Sugawara T., Chan PH.(2003)Oxygen radicals and pathogenesis of stroke.In Molecular Basis for Microcirculatory Disorders (Schmid-Schonbein GW,ed) Springer-Verlag,Paris,pp.367-377.

総説・解説

  1. 鈴木 明,溝井和夫(2003)呼吸の異常.ブレインナーシング19,33-38.
  2. 溝井和夫(2003)術中血管撮影.CLINICAL NEUROSCIENCE21,1314-1315.
  3. 菅原 卓,木内博之,溝井和夫(2003)脳虚血モデル、脳虚血とノックアウトモデル.分子 脳血管病2,99-105.
  4. 菅原 卓(2003)カンデサルタンによる全脳虚血後の神経細胞死抑制効果. Therepeutic Research 24,1074-1077.

原著論文

審査を経た論文
  1. 平野仁崇,伊藤康信,桑原直行,佐藤 知,溝井和夫(2003)症候性仙骨神経根嚢腫の2手 術例.脳神経外科ジャーナル12,25-30.
  2. Tamura S., Kinouchi H., Izaki K., Okubo A., Sugawara T., Kunizuka H., Mizoi K.(2003)Induction of heat shock protein 40 and grpE mRNAs following transient focal cerebral ischemia in the rat.Brain Res 960,277-281.
  3. 佐久間郁郎,戸村則昭,大町康一,高橋 聡,渡会二郎,笹嶋寿郎,溝井和夫(2003)経過 中に神経膠芽腫への悪性転化をきたし,頭蓋外進展を認めた星細胞腫の1例.脳神経55,153-156
  4. 平野仁崇,伊藤康信,菅原 卓,溝井和夫,柳田範隆(2003)骨損傷のない頚髄損傷に対す る手術例の検討.脊髄外科17,15-22.
  5. 笹嶋寿郎,高橋和孝,木内博之,鈴木 明,溝井和夫(2003)頭蓋内 ependymoma8例の治療成績.脳神経55,233-240.
  6. 高橋和孝,溝井和夫(2003)新しいCodman®Maris™のbipolarの使用経 験.脳神経外科速報13,657-660.
  7. 太田 徹,東山巨樹,木内博之,溝井和夫(2003)脳磁図の臨床応用:視覚誘発脳磁界の術 前・術後比較を行った後頭葉病変の2例.秋田医学30,43-49.
  8. Sawaishi Y.,Yano T.,Yoshida Y.,Ito Y.,Mizoi K.,Hirayama A.,Takaku I.,Takada G.(2003)Choroid plexus carcinoma presented with spinal dysfunction caused by a drop metastasis : a case report.J Neurooncol 63,75-79.
  9. 高橋和孝,木内博之,笹嶋寿郎,鈴木 明,溝井和夫(2003)視神経路に浮腫を生じた転移 性鞍上部腫瘍の1例.脳神経外科31,775-779.
  10. 笹嶋寿郎,木内博之,内藤雄一郎,戸村則昭,渡会二郎,溝井和夫(2003) 123I-metaiodobenzylguanidine SPECTによる脳腫瘍の識別診断―201Tl SPECTとの比較.CI研究25,1-10.
  11. Hayashi T., Saito A., Okubo S., Michel Ferrand-Drake.,Robert L.Dodd., Nishi T., CarolinaM.Maier., Kinouchi H., Pak H.Chan.(2003)Oxidative Damage to the Endoplasmic Reticulum is Implicated in Ischemic Neuronal Cell Death.J Cereb Blood Flow Metab 23,1117-1128.
  12. Junge CE., Sugawara T., Mannaioni G.,Alagarsamy S.,Conn PJ.,Blat DJ.,Chan PH.,Traynelis SF.(2003)The contribution of protease-activated receptor 1 to neuronal damage caused by transient focal cerebral ischemia.Proc Natl Acad Sci USA 100,13019-13024.
  13. Sugawara T., Chan PH.(2003)Reactive oxygen radicals and pathogenesis of neuronal death after cerebral ischemia.Antiox Redox Signal 5,597-607.
  14. Yu F., Sugawara T.,Chan PH.(2003)Treatment with dihydroethidium reduces infarct size after transient focal cerebral ischemia in mice.Brain Res 978,223-227.
  15. Noshita N., Sugawara T.,Lewen A., Hayashi T.,Chan PH.(2003)Copper-zinc superoxide dismutase affects Akt activation after transient focal cerebral ischemia in mice.Stroke 34,1513-1518.
  16. Hayashi T., Noshita N.,Sugawara T., Chan PH.(2003)Temporal profile of angiogenesis and expression of related genes in the brain after ischemia.J Cereb Blood Flow Metab 23,166-180.
  17. Wang X., Wang H., Xu L., Rozanski DJ., Sugawara T., Chan PH., Trzaskos JM.,Feuerstein GZ.(2003)Significant neuroprotection against ischemic brain injury by inhibition of the MEK1 protein kinase in mice: exploration of potential mechanism associated with apoptosis.J Pharmacol Exp Ther 304,172-178.
  18. 荘司英彦,伊藤康信,溝井和夫,菅原 厚,伊藤忠彦(2003)大後頭孔狭窄を伴った軟骨無 形成症の2手術例.脳神経外科ジャーナル12,707-711.
  19. Miyagawa T.,Oku T.,Sasajima T.,Dasai R.,Beattie B.,Finn R.,Tjuvajev JG.,Blasberg R.(2003)Assiessment of treatment response by autoradiography with 14C-aminocyclopentane carboxylic acid,67Ga-DTPA,and 18 F-FDG in a herpes simplex virus thymidine kinase/ganciclovir brain tumor model.J Nucl Med 44,1845-1854.
審査のない論文
  1. 笹嶋寿郎,高橋和孝,木内博之,溝井和夫(2003)頭蓋内ependymomaの治療成 績.東北脳腫瘍研究会誌36,134-148.
  2. 鈴木 明,笹嶋寿郎,木内博之,高橋和孝,溝井和夫(2003)悪性脳腫瘍における定位放射 線治療後の経時的 201TlCl-SPECT所見.東北脳SPECT研究会講演集12,24 -30.

その他の刊行物