現在位置:トップページ>研究の紹介|業績/2002年

業績:2002年

国際学会

  1. The 7th International Workshop for Cerebravascular Surgery,September,Kyoto
    • Mizoi K.,Kinouchi H.(2002)Surgery of complex internal carotid artery aneurysms.

国内学会

総会・年会

  1. 第25回日本脳神経CI学会総会,2月,東京
    • 小田正哉,笹嶋寿郎,木内博之,溝井和夫,菅野 巌,畑澤 順 (2002)Broca領域近傍atypical teratoid / rhabdoid tumorの1例-PETによる多面的解析-
    • 東山巨樹,笹嶋寿郎,木内博之,桑原直行,溝井和夫(2002)脳内原発 malignant fibrous histiocytomaの1手術例
  2. 第31回日本神経放射線学会,2月,秋田
    • 佐久間郁郎,加藤弘毅,高橋 聡,戸村則昭,渡会二郎,木内博之,溝井和 夫(2002)脳動脈瘤クリッピング術後3D-CTA-脳血管撮影との比較検討-:第II報
    • 高橋 聡,加藤弘毅,佐久間郁郎,戸村則昭,渡会二郎,木内博之,溝井和 夫(2002)海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する経静脈性塞栓術の検討-瘻孔部と進入経路について-
  3. 第15回日本老年脳神経外科学会,3月,奈良
    • 伊藤康信,菅原 卓,太田 徹,高橋和孝,國塚久法,溝井和夫 (2002)Casper開創器を使用した高齢者腰椎症に対する低浸襲的減圧手術
  4. 第31回日本脳卒中の外科学会,4月,仙台
    • 木内博之,鈴木 明,高橋和孝,太田 徹,柳澤俊晴,菅原 卓,笹嶋寿 郎,溝井和夫(2002)内視鏡下内頚動脈瘤の手術
    • 木内博之,鈴木 明,高橋和孝,太田 徹,柳澤俊晴,菅原 卓,笹嶋寿 郎,溝井和夫(2002)無症候性未破裂脳動脈瘤の外科的治療-連続82症例の手術成績-
  5. 第17回日本生体磁気学会総会,5月,静岡
    • 東山巨樹,太田 徹,菅原 卓,伊藤康信,溝井和夫(2002)頚椎疾患 における体性感覚誘発脳磁界の経時的変化
  6. 第30回日本小児神経外科学会,6月,旭川
    • 鈴木 明,笹嶋寿郎,木内博之,高橋和孝,溝井和夫(2002)再発 anaplastic ependymomaに対してLinac stereotactic radiotherapyが有効であった一例
    • 柳澤俊晴,太田 徹,笹嶋寿郎,木内博之,伊藤康信,溝井和夫 (2002)Myeloschisisに合併したInterfrontal encephaloceleの一手術例
  7. 第17回日本脊髄外科学会,6月,静岡
    • 伊藤康信,菅原 卓,平野仁崇,溝井和夫(2002)難治性大後頭神経痛 に対するmicrosurgical C2 ganglionectomy
    • 菅原 卓,伊藤康信,溝井和夫,Chan PH.(2002)ラット脊髄損傷後の運動ニューロン死におけるSOD1の保護作用(シンポジウム)
    • 平野仁崇,柳田範隆,伊藤康信,菅原 卓,溝井和夫(2002)骨損傷の ない頚髄損傷の手術適応に関する一考察
  8. 第11回日本定位放射線治療学会,7月,東京
    • 鈴木 明,笹嶋寿郎,高橋和孝,溝井和夫,泉 純一,安倍 明,渡会二郎 (2002)悪性神経膠腫に対するmicro-multileaf collimatorを用いた定位放射線照射の治療成績(シンポジウム)
  9. 第3回日本分子脳神経外科学会,8月,仙台
    • 菅原 卓,木内博之,Pak H.Chan.,溝井和夫(2002)全脳虚血後の神経細胞死におけるDNA損傷とDNA修復酵素APEの関与
  10. 第61回日本脳神経外科学会総会,10月,松本
    • 溝井和夫,笹嶋寿郎,高橋和孝,鈴木 明,伊藤康信(2002)延髄部血 管芽腫の直達手術
    • 伊藤康信,菅原 卓,東山巨樹,高橋和孝,鈴木 明,平野仁崇,溝井和 夫,柳田範隆(2002)頚椎変性疾患に対するチタンケージによる頚椎前方固定術の治療成績
    • 木内博之,柳澤俊晴,鈴木 明,高橋和孝,太田 徹,菅原 卓,笹嶋寿 郎,溝井和夫(2002)未破裂内頚動脈瘤に対する神経内視鏡観察下のクリッピング術
    • 笹嶋寿郎,内藤雄一郎,高橋和孝,木内博之,溝井和夫(2002)グリ オーマにおけるACNUと血管新生阻害剤(TNP-470)併用によるtumor dormancy therapyの検討
    • 菅原 卓,木内博之,Pak H.Chan.,溝井和夫(2002)全脳虚血モデルにおけるSOD1過剰表出による神経細胞保護とミトコンドリア依存性カスペース経路阻害作用
    • 鈴木 明,笹嶋寿郎,柳澤俊晴,高橋和孝,太田 徹,木内博之,溝井和 夫,泉 純一,安倍 明,渡会二郎(2002)悪性神経膠腫に対するLinacを用いた定位放射線照射の治療成績
    • 柳澤俊晴,木内博之,太田 徹,鈴木 明,高橋和孝,菅原 卓,笹嶋寿 郎,溝井和夫(2002)手術困難な破裂脳動脈瘤に対する神経内視鏡併用手術
    • 高橋和孝,笹嶋寿郎,木内博之,鈴木 明,溝井和夫,戸村則昭,渡会二郎 (2002)脳腫瘍における拡散強調画像の検討
    • 太田 徹,東山巨樹,伊藤康信,菅原 卓,溝井和夫(2002)体性感覚 誘発脳磁界による頸椎症の治療効果の定量的評価
    • 内藤雄一郎,笹嶋寿郎,佐藤 知,木内博之,溝井和夫(2002)悪性脳 腫瘍における耐性克服薬による抗腫瘍薬治療効果増強と99mTc-MIBIによる薬剤耐性の 評価
    • 荘司英彦,木内博之,伊藤英晃,田村晋也,菅原 卓,鈴木 聡,溝井和夫 (2002)低酸素負荷におけるHSP70の神経細胞保護効果-ヒトHSP70遺伝子導入PC12を用いた検討-
    • 平野仁崇,伊藤康信,菅原 卓,溝井和夫,二渡克弥,小島壽志,坂本哲也 (2002)キアリ奇形に対する大孔部形成的減圧術の治療成績
  11. 第41回日本癌治療学会,10月,東京
    • 笹嶋寿郎、内藤雄一郎,高橋和孝,木内博之,溝井和夫(2002)悪性脳 腫瘍における抗血管新生薬(TNP-470)と抗腫瘍薬併用によるtumor dormancy therapyの検討
    • 内藤雄一郎,笹嶋寿郎,佐藤 知,木内博之,溝井和夫(2002)悪性脳 腫瘍における耐性克服薬による抗腫瘍薬治療効果増強と99mTc-MIBI集積の変動-99mTc-MIBIによる薬剤耐性モニタリングの妥当性-
  12. 第14回日本脳循環代謝学会総会,11月,さいたま
    • 菅原 卓,木内博之,Chan Pak H.,溝井和夫(2002)全脳虚血後の海馬CA1領域の神経細胞死におけるDNA損傷とDNA修復酵素APE/Ref-1の関与
    • 荘司英彦,木内博之,大久保敦也,伊藤英晃,田村晋也,菅原 卓,小田正 哉,鈴木 聡,溝井和夫(2002)ヒトHSP70遺伝子導入PC12細胞を用い た低酸素負荷におけるHSP70の神経保護効果の検討

地方会

  1. 第26回北日本脳神経外科連合会学術集会,5月,弘前
    • 菅原 卓,伊藤康信,木内博之,溝井和夫,高橋 聡,戸村則昭,渡会二郎 (2002)多発性脊髄硬膜動静脈瘻の一例
    • 鈴木 明,笹嶋寿郎,溝井和夫,泉 純一,渡邊 麿,渡会二郎 (2002)悪性神経膠腫に対する定位放射線治療の治療成績
    • 柳澤俊晴,太田 徹,高橋和孝,木内博之,溝井和夫,高橋 聡,戸村則 昭,渡会二郎(2002)傍矢状洞髄膜腫術後早期に発生した後頭蓋窩硬膜動静脈瘻の1例
  2. 第12回東北脳SPECT研究会,9月,秋田
    • 鈴木 明,笹嶋寿郎,木内博之,高橋和孝,溝井和夫(2002)悪性脳腫 瘍における定位放射線治療後の経時的Tl-SPECT所見
  3. 第37回日本脳神経外科学会東北地方会,9月,秋田
    • 東山巨樹,太田 徹,高橋和孝,菅原 卓,伊藤康信,溝井和夫 (2002)頚部脊髄症におけるMEGによる術前後評価
    • 大前智也,高橋和孝,笹嶋寿郎,菅原 卓,木内博之,東山巨樹,溝井和夫 (2002)Supratentrial primitive neuroectodermal tumorの1手術例
    • 島田直也,大前智也,東山巨樹,高橋和孝,菅原 卓,伊藤康信,溝井和夫 (2002)脊髄硬膜外血腫の3例
  4. 第25回東北脳血管障害懇話会,12月,仙台
    • 柳澤俊晴,太田 徹,東山巨樹,鈴木 明,高橋和孝,溝井和夫 (2002)VCS clipにより血管修復を行った内頚動脈瘤の一例

研究会/全国研究会

研究会/地方研究会

  1. 第4回秋田疼痛研究会,1月,秋田
    • 菅原 卓,伊藤康信,太田 徹,高橋和孝,溝井和夫,桑原直行,渡邉克 夫,湯田康正,瀬川泰彦(2002)腰痛減圧手術後早期の疼痛コントロール-モルヒネ含有フィブリン糊の硬膜外散布-
  2. 第32回秋田県小児神経発達研究会,2月,秋田
    • 小田正哉,伊藤康信,高橋和孝,笹嶋寿郎,溝井和夫(2002)小児脊髄 collision tumor (pilocytic astrocytoma / gliofibroma)の1例
  3. 第8回臨床脳神経外科研究会,2月,田沢湖
    • 木内博之(2002)再増大をきたしたIC dorsal aneurysmの1手術例
    • 鈴木 明(2002)脳室炎を合併したparaclinoid aneurysmの1例
  4. 第35回東北脳腫瘍研究会,4月,秋田
    • 笹嶋寿郎,高橋和孝,木内博之,溝井和夫(2002)頭蓋内 ependymomaの治療成績
  5. 第14回秋田大学脳神経外科カンファレンス,4月,秋田
    • 柳澤俊晴,太田 徹,国塚久法,木内博之,溝井和夫(2002)頚部椎骨 動静脈瘻の1小児例
  6. 第49回秋田脳神経画像研究会,5月,秋田
    • 高橋和孝,木内博之,笹嶋寿郎,鈴木 明,溝井和夫(2002)視神経路 に浮腫を生じた転移性下垂体腫瘍の1例
  7. 第5回秋田疼痛研究会,7月,秋田
    • 東山巨樹,菅原 卓,伊藤康信,溝井和夫,田中 誠(2002)難治性の 下肢根性痛に対する脊髄硬膜外電気刺激療法
  8. 第17回秋田脳神経外科ビデオシンポジウム,7月,秋田
    • 柳澤俊晴,溝井和夫(2002)未破裂内頚動脈瘤の手術
  9. 第15回秋田大学脳神経外科カンファレンス,7月,秋田
    • 菅原 卓,平野仁崇,東山巨樹,高橋和孝,伊藤康信,溝井和夫、田村晋 也,柳田範隆(2002)外傷性AADの1手術例
  10. 第18回秋田脳神経外科ビデオシンポジウム,10月,秋田
    • 菅原 卓,伊藤康信,太田 徹,高橋和孝,溝井和夫,桑原直行,渡邉克 夫,湯田康正,瀬川泰彦(2002)腰痛減圧手術後早期の疼痛コントロール-モルヒネ含有フィブリン糊の硬膜外投与の有用性-
  11. 第5回秋田核医学談話会,11月,秋田
    • 笹嶋寿郎,柳澤俊晴,木内博之,溝井和夫,下瀬川恵久,畑澤 順,二渡克 弥(2002)腫瘍内出血と識別困難であった小脳脚部海綿状血管腫の1例-Met-PETの有用性-
  12. 第16回秋田大学脳神経外科カンファレンス,12月,秋田
    • 高橋和孝,菅原 卓,太田 徹,東山巨樹,大前智也,溝井和夫 (2002)前交通動脈瘤手術における後脛骨神経刺激SEPモニタリングの意義

講演

  1. 釧路脳神経外科医会学術講演会,2月,釧路
    • 溝井和夫(2002)特別講演:脳動脈瘤の手術
  2. 第4回脳卒中を考える会,2月,宇都宮
    • 溝井和夫(2002)講演:くも膜下出血の病態と最先端治療
  3. 第25回日本脳卒中学会市民公開講座,4月,仙台
    • 溝井和夫(2002)講演:脳ドックで病気がみつかったら
  4. 第49回秋田脳神経画像研究会,5月,秋田
    • 鈴木 明(2002)特別講演:Linacを用いた定位放射線治療-当院 での治療経験-
  5. 秋田大学RI取扱講習会,5月,秋田
    • 笹嶋寿郎(2002)講演:実験脳腫瘍におけるRIを用いた解析
  6. 秋田外科医の会,5月,秋田
    • 溝井和夫(2002)特別講演:脳動脈瘤の外科的治療
  7. 平成14年度全県JA共済審査医会議,9月,秋田
    • 溝井和夫(2002)特別講演:最近の脳神経外科手術
  8. 第20回山口県脳血管障害研究会,9月,宇部
    • 溝井和夫(2002)特別講演:脳動脈瘤の外科的治療-現状と問題点-
  9. 第5回日本脳神経看護研究学会東北地方部会,10月,秋田
    • 溝井和夫(2002)特別講演:脳神経外科の手術-最近の進歩-

セミナー

  1. 第31回日本神経放射線学会総会ランチョンセミナー,2月,秋田
    • 笹嶋寿郎(2002)講演:新しい画像解析による手術支援
  2. 第9回東北脳神経外科セミナー,5月,弘前
    • 溝井和夫(2002)講演:出血性脳血管障害・手術手技
  3. 第2回神経科学セミナー,8月,東京
    • 笹嶋寿郎(2002)講演:脳腫瘍における画像診断と手術支援
  4. 第38回日本医学放射線学会秋季臨床大会,10月,秋田
    • 溝井和夫(2002)講演:リフレッシャーコースIII「脳動脈瘤:疫 学,画像,治療」 脳動脈瘤の外科治療
  5. 第63回日本脳神経外科学会中部地方会ランチョンセミナー,11月,名古屋
    • 笹嶋寿郎(2002)講演:ナビゲーションシステムを用いた我々の治療
  6. 興和新薬社内セミナー,11月,秋田
    • 笹嶋寿郎(2002)脳腫瘍における新しい神経画像と手術支援

発表論文

著書

  1. 溝井和夫(2002)脳動脈瘤手術時のモニタリングと脳保護.菊池晴彦(監)先端医療シリー ズ17脳神経外科「脳血管障害の最新医療」,医学書院,東京, 236-243
  2. 溝井和夫(2002)くも膜下出血 Subarachnoid Hemorrhage(SAH).亀山正邦,高久文麿(編)今日の診断指針第5版,医学書院,東京,574-575
  3. 溝井和夫(2002)側脳室腫瘍の手術.第15回微小脳神経外科解剖セミナー講演集,99- 106
  4. 溝井和夫(2002)脳動脈瘤・脳動脈奇形の手術.OPE NURSING 2002春季増刊「脳神経外科手術マニュアル」,メディカ出版,東京,72-77
  5. 木内博之,溝井和夫(2002)酸化ストレス(活性酸素・フリーラジカル).田中耕太郎,中 川原譲二,橋本洋一郎(編)脳卒中ナビゲーター,メジカルレビュー社,東京,328-329

総説・解説

  1. 川瀬 斌,菅 貞郎,宮地 茂,溝井和夫,塩川芳昭(2002)How I Do It -私ならこう治療する-.脳神経外科30(9),1000-1009
  2. 柳澤俊晴,溝井和夫(2002)くも膜下出血.臨牀看護28(14),2167-2172
  3. 菅原 卓,木内博之,溝井和夫(2002)脳卒中とアポトーシス、アポトーシス促進因子と抑 制因子.分子脳血管病1,251-257
  4. 菅原 卓,木内博之,溝井和夫(2002)総復習:症状から理解する現場での必要な解剖・生 理1脳皮質-すべての機能の司令塔-.ブレインナーシング18,1162-1169

原著論文

審査を経た論文
  1. Kinouchi H.,Futawatari K.,Mizoi K.,Higashiyama N.,Kojima H.,Sakamoto T.(2002)Endoscope-assisted clipping of a superior hypophyseal artery aneurysm without removal of the anterior clinoid process.J Neurosurg 96,788-791
  2. Kinouchi H.,Mizoi K.,Nagamine Y.,Yanagida N.,Mikawa S.,Suzuki A.,Sasajima T.,Yoshimoto T.(2002)Anterior paraclinoid aneurysms.J Neurosurg 96,1000-1005
  3. Chida S.,Shimada Y.,Matsunaga T.,Sato M.,Hatakeyama K.,Mizoi K.(2002)Occupational therapy for accessory nerve palsy after radical neck dissection.Tohoku J Exp Med 196,157-165
  4. 笹嶋寿郎,小田正哉,木内博之,畑澤 順,溝井和夫(2002)前頭葉atypical teratoid / rhabdoid tumorの1手術例-SPECT・PETによる多面的解析-.脳神経外科30(6),639-645
  5. 高橋 聡,加藤弘毅,戸村則昭,渡会二郎,伊藤康信,溝井和夫(2002)脊髄動静脈瘻の画 像診断 硬膜内髄外性と硬膜との比較.臨床放射線47(5),633-640
  6. 伊藤康信,高橋和孝,笹嶋寿郎,溝井和夫,畑澤 順(2002)小児脊髄混合腫瘍 gliofibroma / pilocytic astrocytomaの1例.脊髄外科16(2),171-177
  7. Kinouchi H.,Mizoi K.,Takahashi A.,Ezura M.,Yoshimoto T.(2002)Combined embolization and microsurgery for cerebral arteriovenous malformation.Neurol Med Chir 42(9),372-379
  8. Itoh Y.,Kuwahara N.,Sasajima T.,Mizoi K.,Hatazawa J.(2002)Spinal cord edema preceding syringomyelia associated with chiari I malformation -Case Report-.Neurol Med Chir 42(9),410-413
  9. 岩川雅哉,木内博之,菅原 卓,笹嶋寿郎,溝井和夫(2002)毛様体神経から発生した眼窩 内神経鞘腫の1例.脳神経外科30(7),747-751
  10. 小田正哉,笹嶋寿郎,木内博之,提嶋眞人,溝井和夫(2002)Third ventricular chordoid gliomaの1手術例.脳神経外科30(9),973-979
  11. 伊藤康信,菅原 卓,平野仁崇,溝井和夫,渡邉克夫,湯田康正(2002)難治性大後頭神経 痛に対するC2神経節切除術.脊椎脊髄ジャーナル15(10),1033-1036
  12. Naitoh Y.,Sasajima T.,Kinouchi H.,Mikawa S.,Mizoi K.(2002)Medulloblastoma with extensive nodularity:Single photon emission CT study with iodine-123 metaiodobenzylguanidine.Am J Neuroradiol 23,1564-1567
  13. 羽入紀朋(2002)蛍光標識oligonucleotideを用いたO6-methyguanine-DNA methyltransferase活性測定法の確立.秋田医学29(2),101-109
  14. 東山巨樹,笹嶋寿郎,木内博之,桑原直行,溝井和夫(2002)Primary intracerebral malignant fibrous histiocytomaの1例.脳神経外科(30)12,1315-1322
  15. Mizoi K.,Kinouchi H,Takahashi A.,Yoshimoto T.(2002)Surgical treatment of giant internal carotid artery aneusms.International Congress Series 1247,75-84
  16. Sugawara T.,Noshita N.,Lewen A.,Gasche Y.,Ferrand-Drake M.,Fujiwara M.,Morita-Fujimura Y.,Chan PH.(2002)Overexpression of copper/zinc superoxide dismutase in transgenic rats protects vulnerable neurons against ischemic damage by blocking the mitochondrial pathway of caspase activation.J Neurosci 22,209-17
  17. Sugawara T.,Lewen A.,Gasche Y.,Yu F.,Chan PH.(2002)Overexpression of SOD1 protects vulnerable motor neurons after spinal cord injury by attenuating mitochondrial cytochrome c release.Faseb J16(14),1997-9
  18. Sugawara T.,Lewen A.,Noshita N.,Gasche Y.,Chan PH.(2002)Effects of global ischemia duration on neuronal, astroglial, oligodendroglial, and microglial reactions in the vulnerable hippocampal CA1 subregion in rats.J Neurotrauma 19,85-98
  19. Noshita N.,Sugawara T.,Hayashi T.,Lewen A.,Omar G.,Chan PH.(2002)Copper/zinc superoxide dismutase attenuates neuronal cell death by preventing extracellular signal-regulated kinase activation after transient focal cerebral ischemia in mice.J Neurosci 22,7923-30
  20. Hirai K.,Sugawara T.,Chan PH.,Basus VJ.,James TL.,Litt L.(2002)Cytochrome c associated apoptosis during ATP recovery after hypoxia in neonatal rat cerebrocortical slices.J Neurochem 83,309-19
  21. Noshita N.,Lewen A.,Sugawara T.,Chan PH.(2002)Akt phoshorylation and neuronal survival after traumatic brain injury in mice.Neurobiol Dis 9,294-304
  22. Yang J.,Klaidman LK.,Chang ML.,Kem S.,Sugawara T.,Chan P.,Adam JD.(2002)Nicotinamide therapy protects against both necrosis and apoptosis in a stroke model.Pharmacol Biochem Behav 73,901-10
  23. Chang ML.,Yang J.,Kem S.,Klaidman L.,Sugawara T.,Chan PH.,Adams JD,Jr.(2002)Nicotinamide and ketamine reduce infarct volume and DNA fragmentation in rats after brain ischemia and reperfusion.Neurosci Lett 322,137-40
  24. Matsumori M.,Itoh H.,Toyoshima I.,Komatsuda A.,Sawada K.,Fukuda J.,Tanaka T.,Okubo A.,Kinouchi H.,Mizoi K.,Hama T.,Suzuki A.,Hamada F.,Otaka M.,Shoji Y.,Takada G.(2002)Characterization of the 105-kDa molecular chaperone. Identification,biochemical properties, and localization.Eur J Biochem 269,5632-5641
審査のない論文
  1. 木内博之,鈴木 明,三河茂喜,笹嶋寿郎,高橋和孝,溝井和夫(2002)無症候性未破裂脳 動脈瘤の外科的治療―連続82症例の手術成績―.The Mt.Fuji Workshop on CVD 20,1-4
  2. 笹嶋寿郎,内藤雄一郎,木内博之,溝井和夫,戸村則昭,渡会二郎(2002)髄芽腫における 123I-metaiodobenzylguanidine(MIBG)SPECT所見.東北脳 SPECT研究会講演集11,17-23
  3. 高橋和孝,木内博之,笹嶋寿郎,鈴木 明,平野仁崇,溝井和夫,飯田直弥,小川智子 (2002)上矢状静脈洞近傍のintraosseous atypical meningiomaの1手術例-tissue expanderによる頭皮再建の経験-.東北脳腫瘍研究会誌35,113-121
  4. Kinouchi H.,Futawatari K.,Mizoi K.,Higashiyama N.,Kojima H.,Sakamoto T.(2002)Endoscopy-assisted clipping of superior hypohyseal artery aneurysm.第24回東北脳血管障害懇話会学術集会記録集,121-126

その他の刊行物

  1. 溝井和夫(2002)くも膜下出血時の疼痛発生順序(質疑応答).日本醫事新報4073,93-94