沿革

1.荒井三千雄教授時代1973年4月~1991年3月

秋田大学整形外科の歴史は、1970年9月、秋田県立中央病院に荒井三千雄先生が整形外科科長として赴任された時から始まる。 荒井科長は県立中央病院の国への移管後に助教授に就任、1973年4月に整形外科学講座が開講し初代教授にご就任された。開講時の教室員は、荒井教授と服部彰助教授の2人であったが、その後、遠藤博之講師、鈴木堅二講師が加わり、1976年に秋田大学の第1期卒業生の阿部栄二先生、石原芳人先生、高濱正人先生が入局してからは経年的に教室員が増え、徐々に秋田県の整形外科医療の体制が整うようになっていった。

荒井教授は、学生講義資料をすべて自ら英文タイプで打ち、謄写版でプリントを刷って講義に望み、さらに補習授業も行うなど、学生教育には非常に熱心であった。この講義集は1983年に「整形外科講義録」として製本され、その後10年以上、秋田大学整形外科オリジナルの教科書として学生講義に使用された。

臨床面では、ご専門の関節外科の手術が多かったが、なかでもCharnley型人工股関節手術は全国に先駆けて1975年に導入され、手術件数はご退官までに250件に及んだが、その臨床成績は補正手術を要したものがわずか5例(2%)のみであり、現在の臨床成績を上回る優れた手術であった。

研究面では、関節リウマチと筋血流を主なテーマとして多くの医学博士を輩出した。

また、荒井教授の発案で始まった麻痺患者に対する機能的電気刺激(functional electrical stimulation: FES)の研究は、その後、教室の主要な研究のひとつとなり、現在も多くの成果を国内外に発信し続けている。

2.佐藤光三教授時代1991年10月~2001年3月

1986年に東北大学から赴任された佐藤光三助教授は、1991年10月に整形外科学講座の2代目教授にご就任された。 佐藤教授は、臨床面においては、より専門性を持った整形外科医の育成に力を注がれ、脊椎脊髄外科、関節外科、腫瘍外科などの各分野において、それぞれ多くのスペシャリストが誕生した。なかでも、阿部栄二助教授(現秋田厚生医療センター院長)を中心とする脊椎脊髄グループは、秋田大学独自のinstrumentation systemを開発し、このシステムを用いた後方経路腰椎椎体間固定術(posterior lumbar interbody fusion: PLIF)や、胸椎椎弓根スクリューによる側弯矯正手術など数多くの先進的な成果をあげた。当時は、胸椎椎弓根スクリューの刺入は危険すぎるということで敬遠されていたが、世界で初めて胸椎椎弓根スクリューの刺入法を確立したのは秋田大学整形外科である。

本法の論文を海外の学術誌に投稿した際に、危険すぎる手技のために受理されなかったという逸話も残っているが、現在では、その強固な固定力や矯正力のために、本法は、脊椎手術において必須の手技となっている。その後、秋田大式のinstrumentation systemは、Total Spine System®として、国内外で広く使用されるようになった。

研究面では、佐藤教授のご専門の骨代謝・骨粗鬆症の分野を中心に多くの大学院生が研究の機会を与えられ、学位を授与された。 佐藤教授は、日本の骨代謝研究を長い間牽引してきた代表的な研究者でもあるため、日本骨形態計測学会や日本骨粗鬆症学会などの全国レベルの学会が数多く秋田で開催された。また、秋田大学医学部附属病院長を1997年8月から2001年3月までの2期務められ、附属病院の歴史にも大きな足跡を残された。

3.井樋栄二教授時代2001年7月~2006年5月

1994年に東北大学から赴任された井樋栄二講師は、助教授を経て、2001年7月に整形外科学講座の3代目教授にご就任された。 井樋教授は、肩関節外科の分野では世界的に有名な研究者であり、国際的に数多くの大きな業績を残された。教授のご指導により、皆川洋至講師(現城東整形外科診療部長)を筆頭に多くの教室員が国際学会で研究成果を発表し、Neer賞をはじめとする栄誉ある賞を数多く受賞した。 また、井樋教授時代には、当教室の国際交流が盛んに行われるようになり、特に親交が深いメイヨークリニックのAn教授のバイオメカニクス研究室へは、教室からの留学が継続して行われるようになった。これまで、皆川講師、本郷道生助手(現講師)、木戸忠人先生、山本宣幸医員がAn教授の研究室に留学している。

肩関節以外の研究では、岡田助教授(現保健学科理学療法講座教授)の骨軟部腫瘍グループが、アクリジンオレンジを併用した腫瘍切除手術や収束超音波による軟部腫瘍の治療に対する基礎的・臨床的研究を開始し、その成果を国内外に発信した。

また、島田助教授(現教授)のFESグループでは、高度先進医療として承認されたFES研究を継続しさらに発展させ、工学資源学部との共同で新たな機器を開発するなどの成果を上げた。また、骨代謝グループでは、佐藤教授から引き継いだ骨代謝研究を宮腰尚久講師(現准教授)が中心となって大学院生とともに継続した。

さらに、メイヨークリニックのリハビリテーション医であるSinaki教授との共同研究として、骨粗鬆症患者に対する低負荷背筋運動療法の研究も行われた。この研究も、井樋教授がメイヨークリニックに留学中に築かれた人脈をもとに行われた研究である。

井樋教授時代には、各研究グループともに国際学会での発表や英語論文の執筆を精力的に行うようになったが、これは、井樋教授の類まれなる英語力による的確なご指導があったためであり、当教室の国際化は一気に加速し、多くの教室員が海外との距離が狭くなったと感じるようになった。惜しまれながらも、2006年に東北大学教授として転出された。

4.島田洋一教授時代2007年3月~

2007年3月、島田洋一教授が4代目教授にご就任された。

島田教授は秋田県の出身であり、札幌医科大学ご卒業と同時に秋田大学整形外科学教室に入局された。文武両道を理想に掲げる武道家であり、若い頃から後輩の面倒見がよく、寝食を共にした教室員も多かった。さらに、はじめて同門から輩出した教授ということもあり、島田教授が誕生した時の秋田大学整形外科同窓会(整佑会)の喜びははかり知れないものがあった。

現在の島田教授体制の講座概要と研究状況は別に詳しく述べさせていただくが、教授ご自身も、研究面では、ライフワークであるFES研究を国内外の研究者とともに推進し、臨床面では、自ら脊椎脊髄外科医として手術に携わり、経椎間孔進入腰椎椎体間固定術(transforaminal lumbar interbody fusion: TLIF)を全国に先駆けて導入し、わが国のオピニオンリーダーとなった。

島田教授は、臨床力の優れた整形外科医の育成に心血を注ぎ、特に若手医師の国内外での研修を積極的に推進している。また、各分野の新しい手術手技の導入にも積極的に取り組み、なかでも骨折治療に対するイリザロフ法の導入においては、秋田県における骨折治療が一変したとさえ言われるようになった。

一方、整形外科医の社会貢献を推進するため、秋田県高野連と連携し、全国では初となる夏の甲子園への整形外科医師の帯同や各高校への担当医師の割り当てを行った。さらに、10年間にわたり活動してきた「骨と関節の日」の市民講座では、市民の要望に答え、秋田市と地方都市における年2回の開催を実現させ、プロバスケットチームの秋田ノーザンハピネッツの発足に際しては、教室が全面的にバックアップする体制を整えた。

また、2010年4月から2012年6月まで附属病院の副病院長を務められるなど、病院内でも多方面でご活躍中である。