1. HOME
  2. 看護学専攻

専攻主任からのメッセージ

伊藤登茂子 写真

看護学専攻主任
伊藤登茂子

人々が幸福と感じられる生活を自律的または支援を得て営むことには、「健康」が大切な要素の一つであるといえます。健康にはすこぶる良好な状態から生命の危機に瀕する状態、何かしらの病気や障がいと共にやりくりしながら生活する状態、そして余命いくばくもない状態とさまざまです。

看護職は、人々がより健康でそれぞれの幸せを希求し生活していくことに、健康の視点から支援します。現在、新型コロナ感染症拡大防止が社会的重要課題となっており、看護職もそれぞれの場で献身的に職責を果たしています。もちろん世の人々も生活スタイルが適正であるように努めているところです。

人々の健康に影響をもたらすこうした社会的状況は、新型コロナ感染症ばかりではありません。地震、豪雨などによる自然災害の頻発、少子高齢化といった人口構造の変化、そしてストレスなどもあります。一方、医療や科学、テクノロジーの発展は目を見張るものがあります。

このような環境の変化、時代的な流れの中で、人々の健康を支える看護職に求められる知識・技術・態度とはどのようなものでしょうか?人々の健康な生活の実現と幸福のために、看護職が果たさなくてはならないことにどのようなことがあるでしょうか?人々の健康を支え、人生に寄り添うにはどのような人間性が求められるでしょうか?

看護の対象となる個人や集団との関わりのなかで、自らも生かされていると感じられるような幸福感が看護職にはあります。それらが実際にどのようなものであるのかを発見していく学びのプロセスを、本学で一緒に歩んでみませんか。本学では専門的知識はもちろんのこと、豊かな教養と倫理性、コミュニケーション力、そして自律的に考え学び行動する力を身につけ、さらに地域のみならず広く国際社会での医療・保健活動に貢献できる人材を養成するための教育課程を備えています。これら教育課程と教育実績は2020年度看護学教育評価(一般財団法人 日本看護学教育評価機構による)において「適合」と評価されたところでもあります。

未来にわたって活躍する皆さんのご参加を得て、本学の歴史に新たなページを重ねていけたら幸いです。

教育目標

本学科看護学専攻では、保健・医療・福祉の分野で指導力・創造力を有したコーディネーター役としてリーダーシップを発揮できる看護職の育成を目的としています。さらに、国際化の進展に伴う医療の複雑化、国際協力などの必要性も視野に入れた看護活動を行える幅広い教養と見識および高度の専門知識、技術をもった看護職者を育成することを目標としています。そのため、看護学専攻では下記の2点を教育目標とします。

  1. 豊かな人間性と幅広い視野及び高度な看護の専門知識・技術を身につけ、他者との協調性・倫理性を持った人材を育成する。
  2. 地域の保健医療ニーズに対応し、国際協力なども視野に入れた看護活動を行える幅広い教養と見識をもった看護職者を育成する。