トップページ研究の紹介>業績/2013年

業績

2015年

著書

  1. 宮腰尚久 (2015) ビタミンDと転倒・骨折. 萩野浩(編) 医療・介護スタッフのための高齢者の転倒・骨折予防-転ばぬ先の生活指導-. 医薬ジャーナル社, 大阪, pp. 72-78.
  2. 宮腰尚久 (2015) 運動療法. 杉本利嗣(編) インフォームドコンセントのための図説シリーズ 骨粗鬆症 改訂3版. 医薬ジャーナル社, 大阪, pp. 33-34.
  3. 宮腰尚久 (2015) 椎体骨折による脊柱変形. 椎体骨折評価委員会(編) 椎体骨折診療ガイド. ライフサイエンス出版, 東京, pp. 120-122.
  4. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術と注意点. 椎体骨折評価委員会(編) 椎体骨折診療ガイド. ライフサイエンス出版, 東京, pp. 142-144.
  5. 宮腰尚久 (2015) 骨と見た目. 日本抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会(編) 第3版 アンチエイジング医学の基礎と臨床. メジカルビュー社, 東京, pp. 157-158.
  6. 宮腰尚久 (2015) 変形性脊椎症と脊柱管狭窄症. 日本抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会(編) 第3版 アンチエイジング医学の基礎と臨床. メジカルビュー社, 東京, pp. 424-425.
  7. 宮腰尚久 (2015) L-ロイシン.日本抗加齢協会(監修)機能性表示食品DATA BOOK. メディカルレビュー社, 東京, pp. 58-61.

総説

  1. Okuyama K, Miyakoshi N, Shimada Y (2015) A prospective on lateral limbar interbody fusion (LLIF). Austin J Muscloskeletal Disord 2(1): 1015, 2015
  2. 粕川雄司,宮腰尚久,島田洋一(2015)ロコモの視点を交えた腰部脊柱管狭窄症 保存的治療(薬物療法) Loco Cure 1:216-221.
  3. 本郷 道生.整形外科ナースのための脊椎疾患と手術.手術を知ろう!椎弓切除術.整形外科看護 20(11):1103-1107. 2015
  4. 本望 修,森田智慶,竹林庸雄,島田洋一 (2015),山下敏彦:脊髄損傷と脳梗塞に対する再生医療 –医師主導治験による実用化-.日脊障医誌 28: 18-21, 2015
  5. 宮腰尚久 (2015) サルコペニアと骨粗鬆症. 整・災外 58: 173-180.
  6. 宮腰尚久 (2015) 高齢者の姿勢変化. MB Med Reha 181: 39-44.
  7. 宮腰尚久 (2015) 骨形成促進薬-PTH(1-34). 腎と骨代謝 28: 151-155.
  8. 宮腰尚久 (2015) 矢状面バランスと症候. Bone Joint Nerve 5: 265-271.
  9. 宮腰尚久、前川重人、粕川雄司、島田洋一 (2015) 非定型大腿骨骨折の予防と治療. 日骨形態誌 25: 9-13.
  10. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症の治療-運動療法. 日本医師会雑誌 144 (特別号1): S98-100.
  11. 宮腰尚久、田村康樹 (2015) ビタミン製剤. 関節外科 34 (10月増刊号): 122-129.
  12. 宮腰尚久 (2015) 非特異的腰痛. MB Orthop 28(10): 71-77.
  13. 宮腰尚久 (2015) 高齢者における骨粗鬆症予防-運動療法-. クリニシアン 644: 100-105.
  14. 山田 晋,島田洋一(2015)Dall approachによる人工股関節置換術(THA).整形外科サージカルテクニックvol.5(2),64-71.
  15. 山田 晋,島田洋一(2015)一過性大腿骨頭萎縮症整形外科看護 2015秋季増刊,79-81.
  16. 山田 晋,島田洋一(2015)人工骨頭,人工股関節に用いられる進入法Hardinge 法,Dall 法,大転子切離法.人工股関節置換術[THA BHA],67-73.

原著論文

A.審査を経た論文

  1. 赤川 学,佐藤 毅,久保田 均,安藤 滋,伊藤博紀,島田洋一(2015)下肢骨折に対するminimally invasive tension band wiringの経験.骨折 37: 514-516, 2015
  2. 赤川 学,佐藤 毅,久保田 均,安藤 滋,伊藤博紀,島田洋一(2015)Archer positionによる大腿骨転子部骨折の治療経験.東北整災誌 58: 15-17, 2015
  3. Akagawa M, Kobayashi T, Miyakoshi N, Abe E, Kikuchi K, Shimada Y(2015)Journal of medical case report. Vertebral osteomyelitis and epidural abdcess caused by gas gangrene presenting with complete paraplegia: a case report.
  4. Imajo Y(2015), Taguchi T, Yone K, Ohkawa J, Ohtani K, Ogata N, Ozawa K, Shimada Y, Neo M, Iguchi T: Japanese 2011 nationwide survey on complication from spine surtgery. J Orthop Sci 20: 38-54
  5. 浦山雅和,前川重人,長幡 樹,島田洋一(2015)関節リウマチにおける疾患活動性指標および寛解基準の比較.東北整災誌 58: 18-20, 2015
  6. 尾野 祐一, 柏倉 剛, 野坂 光司, 島田 洋一(2015)日本創外固定・骨延長学会雑誌27巻 Page1-5イリザロフ創外固定にて加療した人工関節周囲骨折の2例 
  7. 柏倉 剛,木村善明,宮本誠也,野坂光司,宮腰尚久,島田洋一(2015)創外固定で加療した下腿潰瘍瘢痕を有する悪性関節リウマチ外反扁平足変形の1例.整災誌 58: 1639-43
  8. Kasukawa Y, Miyakoshi N, Hongo M, Ishikawa Y, Kudo D, Shimada Y(2015). Short-Term Results of Transforaminal Lumbar Interbody Fusion Using Pedicle Screw with Cortical Bone Trajectory Compared with Conventional Trajectory. Asian Spine J. 9(3):440-8.
  9. Kinoshita H, Miyakoshi N, Kasukawa Y, Sasaki S, Shiraishi A, Segawa T, Ouchi K, Fujii M, Sato C, Shimada Y(2015): Effects of eldicalcitol on bone and skeletal muscles in gluco-corticoid treated rats. J Bone Miner Metab (Epub ahead of print)
  10. 木澤 悟,巖見武裕,宮脇和人,松永俊樹,島田洋一(2015)学習によるFESのための階段昇降を含んだ歩行周期検出システム.日本福祉工学会誌 17: 20-26
  11. 木島泰明, 千田秀一, 山田 晋, 野坂光司, 齊藤英知, 島田洋一(2015)アスリートに対する超音波エラストグラフィーを用いたメディカルチェック スポーツ障害による痛みと筋・腱の弾性との関連(原著論文)JOSKAS (1884-8842)40巻3号 Page878-882
  12. 木島泰明, 山田 晋, 田澤 浩, 島田 洋一(2015)変形性股関節症の痛みの程度に関連する要因(原著論文)東日本整形災害外科学会雑誌 (1342-7784)27巻1号 Page7-10
  13. Kijima H, Yamada S, Nozaka K, Saito H, Shimada Y(2015).Relationship between Pain and Medial Meniscal Extrusion in Knee Osteoarthritis.Adv Orthop. 2015;2015:210972. doi:10.1155/2015/210972. Epub 2015 Dec 15.PMID:26788373
  14. 木村竜太,木戸忠人,野坂光司,千葉光穂,島田洋一(2015)
  15. 脛骨顆間隆起骨折術後の脛骨近位部粉砕骨折に対しイリザロフ創外固定を用いた1例.東北整形災害外科学会雑誌 58(1): 82-84.
  16. 木村竜太,斉藤公男,千葉光穂,島田洋一(2015)足関節内果骨折とアキレス腱断裂を同時に受傷した2例.骨折 37(2) :442-443.
  17. 木村竜太,斉藤公男,千葉光穂,島田洋一(2015)足関節内果骨折とアキレス腱断裂を同時に受傷した2例.骨折 37: 442-443, 2015
  18. 木村竜太,木戸忠人,野坂光司,千葉光穂,島田洋一(2015)脛骨顆間隆起骨折術後の脛骨近位部粉砕骨折に対しイリザロフ創外固定を用いた1例.
  19. Saito H, Shimada Y, Yamamura T, Yamada S, Sato T, Nozaka K, Kijima H, Saito K(2015). Arthroscopic quadriceps tendon repair: two case reports. Case Rep Orthop. 2015;2015:937581. doi: 10.1155/2015/937581. Epub
  20. Saito H, Shimada Y(2015), Yamamura T, Yamada S, Sato T, Nozaka K, Kijima Y, Saito Arthroscopic tendon repair: two case reports. Case Reports in Orthop Volume 2015, Article ID 937581, 10 pages
  21. Saito K, Miyakoshi N, Matsunaga T, Hongo M, Kasukawa Y, Shimada Y(2015): Eldicalcitorl improves muscle strength and dynamic balance in postmenoposal women with osteoporosis: an open-labelrandomizedcontrolledstudy.JBoneMinerMetab2015DOI 10.1007/s00774-015-0695-x
  22. 佐々木香奈,宮本誠也,小林 志,片岡洋一,島田洋一(2015)習慣性膝蓋骨脱臼の1例.東北膝関節研究会誌 24: 43-46
  23. 佐々木研,木島泰明,山田晋,野坂光司,齊藤英知,島田洋一(2015)下肢の神経ブロックの進歩.整形災害外科58 : 751-757
  24. 島田洋一(2015)経椎間孔腰椎椎体間固定術(TLIF).整・災外 58: 384-387
  25. Suzuki M, Kobayashi T, Miyakoshi N, Abe E, Abe T, Shimada Y(2015): Remote cerebellar hoemorrahge following thoracic spinal surgery of an intramedullary tumor: a case report. J Med Case Reports (2015) 9:68 DOI 10.1186/s13256-015-0541-8
  26. 千馬誠悦,小林 志,佐々木香奈,島田洋一(2015)橈骨骨幹部骨折後偽関節の手術治療.骨折 37: 297-299
  27. 千馬誠悦,小林 志,佐々木香奈,島田洋一(2015)舟状骨近位部偽関節に対する遊離骨移植とscrew固定による手術療法.骨折 37: 533-536
  28. 千田秀一,野坂光司,永澤博幸,島田洋一,阿部秀一,冨岡立,青沼宏,土江博幸(2015)脛骨遠位斜め骨切り術におけるMRI評価.日本創外固定・骨延長学会雑誌26,228
  29. Tsuchie H, Miyakoshi N, Nishi T, Abe H, Segawa T, Shimada Y.(2015) Combined Effect of a Locking Plate and Teriparatide for Incomplete Atypical Femoral Fracture: Two Case Reports of Curved Femurs. Case Rep Orthop. 2015;2015:213614.
  30. Tsuchie H, Miyamoto S, Kataoka Y, Senma S, Narita Y, Hatakeyama Y, Kobayashi M, Sasaki K, Shimada Y.(2015) Rheumatoid Arthritis with High Serum KL-6 Complicating Malignant Tumor: Two Case Reports. Open J Orthop 2015; 5: 41-45.
  31. Tsuchie H, Miyakoshi N, Nishi T, Abe H, Segawa T, Shimada Y.(2015) A case of incomplete atypical femoral fracture with histomorphometrical evidence of osteomalacia. Acta Med Okayama. 2015; 69: 59-63
  32. Miyakoshi N, Hongo M, Kobayashi T, Abe T, Abe E, Shimada Y (2015) Improvement of spinal alignment and quality of life after corrective surgery for spinal kyphosis in patients with osteoporosis: a comparative study with non-operated patients. Osteoporos Int 26: 2657-2664.
  33. Miyakoshi N, Aizawa T, Sasaki S, Ando S, Maekawa S, Aonuma H, Tsuchie H, Sasaki H, Kasukawa Y, Shimada Y (2015) Healing of bisphosphonate-associated atypical femoral fractures in patients with osteoporosis: a comparison between treatment with and without teriparatide. J Bone Miner Metab 33: 553-559.
  34. Miyakoshi N, Kobayashi A, Hongo M, Shimada Y (2015) Sacral rib: an uncommon congenital anomaly. Spine J 15(6): e35-38.
  35. Miyakoshi N, Hongo M, Kasukawa, Shimada Y (2015) En-bloc resection of thoracic calcified meningioma with inner dural layer in recapping T-saw laminoplasty: a case report. BMC Surg 15(1): 82.
  36. Miyakoshi N, Horikawa A, Shimada Y (2015) Nonsurgical corrective union of osteoporotic vertebral fracture with once-weekly teriparatide. Case Rep Orthop 2015: 784360.
  37. 宮腰尚久, 小野睦, 矢吹省司, 小澤浩司, 山崎健, 橋本淳一, 国分正一 (2015) 整形外科医による骨粗鬆症治療の実態ならびに骨粗鬆症患者における腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの合併率の調査. 東北整災誌 58: 11-14.
  38. 宮本誠也,杉村祐介,柏倉 剛,浦山雅和,小林 志,櫻場 乾,伊藤博紀,相澤俊朗,加茂啓志,青沼 宏,小西奈津雄,片岡洋一,宮腰尚久,島田洋一(2015)秋田コホートにおける関節リウマチ診療の実態.臨床リウマチ27: 135-145

学会発表

A. 国際会議

1. Orthopaedic Research Society (ORS) annual meeting,March,Las Vegas, USA

  1. Hongo M, Miyakoshi M, Kasukawa Y, Ishikawa Y, Kudo D, Shimada Y(2015)Influence of back extensor strength on the natural history of kyphosis without recent vertebral fractures

2. 88th Annual Meeting of the Japanese Orthopaedic Assocoation (International Session), May , Kobe

  1. Miyakoshi N, Aizawa T, Sasaki S, Ando S, Maekawa S, Aonuma H, Tsuchie H, Sasaki H, Kasukawa Y, Shimada Y (2015) Teriparatide accelerates healing of bisphosphonate-associated atypical femoral fractures in patients with osteoporosis. J Jpn Orthop Assoc 89: S595.

3. (ISSLS) May,San Francisco

  1. Kasukawa Y, Miyakoshi N, Ebina T, Hongo M, Nozaka K, Ishikawa Y, Kudo D, Shimada Y.(2015)Prevalent vertebral fractures affect for incidental vertebral fractures and low back pain during treatment for osteoporosis

4. AAOS Lasvegas

  1. Nozaka k, Shimada Y, Miyakoshi N, Kimura Y, Yamada S, Hongo M, Kashiwagura T, Kasukawa Y, Saito H, Kijima H, Chida S, Aonuma H, Tsuchie H, Shibata N and Masutani N(2015)Can combined therapy with teriparatide and low-intensity pulsed ultrasound accelerate fracture healing with an Ilizarov external fixator?

5. Asia Paific Early Intervention Knee Course Faculty, July, Bangkok

  1. Saito H(2015)How to OWHTO
  2. Saito H(2015)Preoperative planning and alignment control
  3. Saito H(2015)Short term results of Hybrid CWHTO
  4. Saito H(2015)Rectangular Tunnel ACL reconstruction
  5. Saito H(2015)TCVO review
  6. Saito H(2015)Tomofix for knee osteotomy

6. Cervical Spine Research Society(CSRS ES)May, London

  1. Ishikawa Y, Miyakoshi N, Hongo M, Kasukawa Y, Kudo D, Kikuchi T, Shimada Y(2015) Pathogenesis and prognosis of arm drops caused by cervical spine lesion: Duration needed to regain arm elevation, and appropriate timing for surgical intervention
  2. Kimura R., Miyakoshi N, Ishikawa Y., Suzuki T., Ishikawa N, Shimada Y(2015) Ultrasound-guided cervical nerve root block
  3. Suzuki M, Miyakoshi N, Hongo M, Kasukawa Y, Ishikawa Y, Kudo D, Shimada Y(2015) INTRADURAL EXTRAMEDULLARY TUMOR RESECTION OF THE CERVICAL SPINE WITH OPEN-DOOR LAMINOPLASTY (e-poster)

7. the International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine (ISAKOS) Congress in Lyon, June, France.

  1. Kijima H, Saito H, Nozaka K, Yamada S, Shimada Y(2015)Relationship between pain in athletes and elasticity of muscle-tendon junction

8. 37th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR 2015), October , Seattle

  1. Kasukawa Y, Miyakoshi N, Hongo M, Nozaka K, Ishikawa Y, Kudo D, Ebina T, Aonuma H, Saito K, Shimada Y(2015) Changes in bone metabolic markers during long-term (> 3 years) bisphosphonate treatment.
  2. Sato C, Naohisa Miyakoshi N, Kasukawa Y, Aonuma H, Kinoshita H, Ouchi K, Fujii M, Kawano T, Suzuki M, Shimada Y(2015)Effects of alendronate and low-intensity pulsed ultrasound therapies on bone mineral density at cancellous osteotomy sites in the proximal tibia of ovariectomized rats
  3. Tsuchie H, Miyakoshi N, Kasukawa Y, Senma S, Narita Y, Miyamoto S, Hatakeyama Y, Sasaki K, Shimada Y(2015) Factors causing curved femur in elderly women. 35th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, Seattle, October, 2015.
  4. Fujii M, Miyakoshi N, Kasukawa Y, Nozaka K, Segawa T, Ouchi K, Kinoshita H, Sato C, Shimada Y(2015) Effects of vitamin C and teriparatide on bone mineral density, quality, and strength in vitamin C-deficient rats
  5. Miyakoshi N, Hongo M, Kobayashi T, Abe T, Abe E, Shimada Y (2015) Improvement of spinal alignment and quality of life after corrective spinal instrumentation for spinal kyphosis in patients with osteoporosis

9. 8th Murup Hospital Live Surgery, Masan, Norvember, South Korea

  1. Saito H.(2015), Short term results of Hybrid CWHTO

B. 国内会議

(a) 総会・年会
(ⅰ) 全国規模

1. 第45回日本人工関節学会,2月,福岡.

  1. 佐々木研,木島泰明,山田 晋,小西奈津雄,久保田均,田澤浩,谷 貴行,鈴木紀夫,加茂啓志,野坂光司,齊藤英知,島田洋一(2015)THA後の静脈血栓塞栓症予防に対する術直後下腿徒手的マッサージの有効性-Xa阻害薬低用量投与との比較-

2. 第6回日本ニューロリハビリテーション学会,2月

  1. 河野哲也, 坂本 仁, 三澤晶子, 石原芳人, 遠藤博之, 木元 稔(2015)独歩獲得を目指す脳性麻痺児に対する術前A型ボツリヌス毒素の有用性の検討

3. 第28回日本創外固定・骨延長学会,3月,東京

  1. 尾野 祐一, 柏倉 剛, 野坂 光司, 島田 洋一(2015)イリザロフ創外固定にて加療した人工関節周囲骨折の2例 

4. 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会,4月,福岡

  1. 赤川 学、阿部栄二、村井肇、小林孝、阿部利樹、菊池一馬、島田洋一,宮腰尚久(2015)保存治療抵抗性の化膿性脊椎炎におけるInstrumentation手術に至るリスク因子の検討(ポスター)
  2. 石川慶紀, 宮腰尚久, 小林 孝, 鈴木哲哉, 佐々木寛, 石河紀之, 本郷道生, 粕川 雄司, 工藤大輔, 千葉光穂, 阿部栄二, 島田洋一(2015)80歳以上の高齢者に対する脊椎固定術後の活動性と生命予後(中長期成績)
  3. 石川慶紀, 宮腰尚久, 鈴木哲哉, 小林 孝, 安藤 滋, 斉藤公男, 本郷道生, 粕川 雄司, 工藤大輔, 阿部栄二, 島田洋一(2015)骨粗鬆症性椎体骨折由来の脊柱変形に対する術式選択と治療成績
  4. 粕川雄司, 宮腰尚久, 本郷道生, 石川慶紀, 工藤大輔, 島田洋一(2015)Roland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)による一般住民の腰痛とQOLの関連~80歳以上の高齢者を含めた検討~ 
  5. 粕川雄司, 宮腰尚久, 小林 孝, 本郷道生, 阿部利樹, 石川慶紀, 菊池一馬, 工藤大輔, 島田洋一(2015)中下位頚椎後方固定術の臨床成績と画像所見
  6. 工藤大輔, 宮腰尚久, 本郷道生, 粕川雄司, 石川慶紀, 島田洋一(2015)脊椎変性疾患手術における痛みの予後予測-Pain DERECT, BS-POPを用いた評価-
  7. 本郷道生,宮腰尚久,三澤晶子,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)側弯症に対するエコーによる Risser sign の評価
  8. 本郷道生,宮腰尚久,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)背筋力と立位脊柱骨盤形態との関連:T1 pelvic angle の有用性
  9. 宮腰尚久, 粕川雄司, 木島泰明, 石川慶紀, 木下隼人, 大内賢太郎, 鈴木真純, 加賀 望, 島田洋一 (2015) 一般住民における腰部背筋のひずみ比と脊柱アライメントの評価. J Spine Res 6: 281.
  10. 宮腰尚久, 菊池一馬, 小林 孝, 鈴木哲哉, 佐々木寛, 粕川雄司, 阿部栄二, 島田洋一 (2015) 骨粗鬆症性椎体圧潰や後弯に対する後方脊柱再建術後の周術期合併症:原発性と続発性骨粗鬆症の比較. J Spine Res 6: 295.
  11. 宮腰尚久, 本郷道生, 小林孝, 阿部利樹, 阿部栄二, 島田洋一 (2015) 骨粗鬆症性脊柱変形に対する脊柱矯正固定術後の脊柱アライメントとQOLの変化:非手術例との比較. J Spine Res 6: 364.

5. 第52回日本リハビリテーション学会,5月,新潟.

  1. 河野哲也, 坂本 仁, 三澤晶子, 石原芳人(2015)脳性麻痺児における足部変形の成因と治療に関する検討
  2. 佐々木研,松永俊樹,奥寺良弥,柴田暢介,加賀 望,水谷 嵩,益谷法光,島田洋一(2015)脊柱後弯変形者の立位・歩行姿勢と矢状面アライメントとの関連.
  3. 益谷法光,松永俊樹,斉藤公男,柴田暢介,佐々木研,佐藤 望,水谷 嵩,島田洋一(2015)新型動的座位バランス計測装置を用いた体幹バランスの信頼性に関する検討
  4. 水谷 嵩,松永俊樹,柴田暢介,佐々木研,加賀 望,益谷法光,島田洋一(2015) 卓上型上肢運動訓練支援ロボットによる脳卒中片麻痺上肢に対するリハビリテーション 

6. 第15回日本抗加齢医学会総会,5月,福岡

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症と体形 (シンポジウム)

7. 第88回日本整形外科学会学術集会,5月,神戸

  1. 石川 慶紀, 宮腰 尚久, 小林 孝, 鈴木 哲哉, 佐々木 寛, 石河 紀之, 本郷 道生, 粕川 雄司, 工藤 大輔, 阿部 栄二, 島田 洋一 (2015) 80歳以上の高齢者に対する脊椎固定術後の活動性と生命予後(中長期成績)
  2. 石川 慶紀, 宮腰 尚久, 鈴木 哲哉, 小林 孝, 安藤 滋, 斉藤 公男, 本郷 道生, 粕川 雄司, 工藤 大輔, 阿部 栄二, 島田 洋一 (2015) 骨粗鬆症性椎体骨折由来の脊柱変形に対する術式選択と治療成績
  3. 粕川雄司, 宮腰尚久, 本郷道生, 石川慶紀, 木島泰明, 工藤大輔, 島田洋一(2015)一般住民におけるRoland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)によるの腰痛とQOLの関連~80歳以上の高齢者を含めた検討~ 
  4. 粕川雄司, 宮腰尚久, 本郷道生, 石川慶紀, 木島泰明, 工藤大輔, 島田洋一(2015)一般住民におけるRoland-Morris Disability Questionnaire(RDQ)によるの腰痛とQOLの関連~80歳以上の高齢者を含めた検討~ 
  5. 木島 泰明, 山田 晋, 小西奈津雄, 久保田 均, 田澤 浩, 谷 貴行, 鈴木 紀夫, 加茂 啓志, 奥寺良弥, 佐々木研, 島田洋一 (2015) 人工股関節全置換術後の作業活動は何をいつ再開できるか 多施設共同研究(会議録)
  6. 木島泰明, 山田 晋, 小西奈津雄, 久保田 均, 田澤 浩, 谷 貴行, 鈴木紀夫, 加茂 啓志, 奥寺良弥, 佐々木研, 島田洋一 (2015) 大腿骨近位部骨折各種分類法のreliability(会議録)
  7. 工藤大輔, 宮腰尚久, 本郷道生, 三澤晶子, 粕川雄司, 石川慶紀, 島田洋一 (2015) 脊柱側弯症における傍脊柱筋のLBX1の発現についての検討
  8. 齊藤英知, 島田洋一, 斉藤公男, 山田 晋, 野坂光司, 木島泰明, 山村俊昭, 佐藤貴博 (2015)Hybrid HTOの術後短期成績
  9. 齊藤英知, 島田洋一, 斉藤公男, 山田 晋, 野坂光司, 木島泰明, 山村俊昭, 佐藤貴博(2015) 新しい腓骨骨切り法の考案 –Incurvated Flexiated Fibular Osteotomy – 第2報
  10. 土江博幸, 宮腰尚久, 粕川雄司, 千馬誠悦, 成田裕一郎, 宮本誠也, 畠山雄二, 佐々木香奈, 島田洋一 (2015) チドの効果.骨粗鬆症性新鮮椎体骨折後の鎮痛と椎体圧潰予防に対するテリパラ
  11. 土江博幸, 宮腰尚久, 粕川雄司, 千馬誠悦, 成田裕一郎, 宮本誠也, 畠山雄二, 佐々木香奈, 島田洋一 (2015) 椎体骨折発生に関与する骨密度測定部位の評価.
  12. 野坂光司, 島田洋一, 宮腰尚久, 山田 晋, 柏倉 剛, 齊藤英知, 阿部秀一, 千田秀一, 木島泰明, 冨岡 立, 青沼 宏, 土江博幸, 柴田暢介, 益谷法光(2015)軟部組織損傷を伴う足関節周辺骨折は創外固定によるligamentotaxisによりどこまで閉鎖的に整復可能か
  13. Nozaka K, Shimada Y, Miyakoshi N, Yamada S, Hongo M, Kashiwagura T, Kasukawa Y, Saito H, Kijima H and Chida S(2015)Can bone quality markers predict nonunion?
  14. Nozaka K, Shimada Y, Miyakoshi N, Yamada S, Hongo M, Kashiwagura T, Kasukawa Y, Saito H, Kijima H and Chida S(2015)Comparison of joint distraction and non-distraction using an Ilizarov fixator in the treatment of ankle fractures
  15. 本郷道生, 宮腰尚久, 三澤晶子, 粕川雄司, 石川慶紀, 工藤大輔, 島田洋一 (2015)Evaluation of Risser sign with ultrasound
  16. 宮腰尚久, 本郷道生, 小林 孝, 阿部利樹, 阿部栄二, 島田洋一 (2015) 骨粗鬆症患者に対する脊柱矯正固定術前後の脊柱アライメントとQOL評価:非手術例との比較. 日整会誌 89: S233
  17. 宮腰尚久, 小野 睦, 矢吹省司, 小澤浩司, 山崎健, 橋本淳一, 国分正一 (2015) 骨粗鬆症患者のQOLと治療の実態調査:既存椎体骨折の有無による比較. 日整会誌 89: S836
  18. 山田 晋, 木島泰明, 小西奈津雄, 久保田 均, 田澤 浩, 谷 貴行, 鈴木紀夫, 加茂啓志, 奥寺良弥, 佐々木研, 河野哲也, 渡部 亘, 島田洋一(2015)大腿骨近位部骨折各種分類法のreliability

8. 第41回日本骨折治療学会,6月

  1. 赤川 学,阿部栄二,村井 肇,小西奈津雄、鵜木栄樹、小林 孝、阿部利樹、菊池一馬、佐藤千晶(2015)整形外科自家麻酔に置ける鎮静薬の併用経験(口演)

9. 第42回日本骨折治療学会,6月,奈良

  1. 尾野 祐一, 木村 善明, 若林 育子, 柏倉 剛, 野坂 光司, 宮腰 尚久, 島田 洋一(2015)イリザロフ創外固定にて加療した人工関節周囲骨折の3例

10. JOSKAS,6月,札幌

  1. 齊藤英知, 島田洋一, 山田 晋, 野坂光司, 木島泰明, 佐藤千恵, 山村俊昭, 佐藤貴博,斉藤公男, 瀬川豊人(2015) 鏡視下大腿四頭筋腱修復術

11. 第35回日本骨形態計測学会 若手研究者賞受賞,6月

  1. 藤井昌,宮腰尚久,本郷道生,粕川雄司,野坂光司,大内賢太郎,木下隼人,佐藤千恵,島田洋一(2015)ビタミンC欠乏ODSラットにおけるビタミンCとテリパラチドの骨密度改善効果

12. 第27回日本整形外科超音波学会学術集会,7月,秋田

  1. 木村竜太,湯本聡,皆川洋至,島田洋一(2015)鎖骨骨折手術はC4ブロックを追加することで無痛の手術が可能になる

13. 第33回日本骨代謝学会学術集会,7月,東京

  1. 粕川雄司, 宮腰尚久, 本郷道生, 野坂光司, 石川慶紀, 工藤大輔, 蝦名寿仁, 青沼 宏, 斉藤公男, 島田洋一(2015)長期(3年以上)ビスホスホネート製剤治療中の骨代謝マーカーの推移
  2. 土江博幸,宮腰尚久 ,粕川雄司 ,島田洋一(2015)骨粗鬆症性新鮮椎体骨折後の鎮痛と椎体圧潰予防に対するテリパラチドの効果.
  3. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症性脊椎病変の病態と治療戦略 (シンポジウム)

14. 第17回日本骨粗鬆症学会,9月,東京

  1. 粕川雄司, 宮腰尚久, 本郷道生, 野坂光司, 石川慶紀, 工藤大輔, 蝦名寿仁, 青沼 宏 斉藤公男, 島田洋一(2015)ビスホスホネート製剤治療中の骨代謝マーカーの推移~3年以上使用例での検討~ 
  2. 土江博幸, 宮腰尚久, 粕川雄司, 島田洋一 (2015)高齢女性の大腿骨弯曲を引き起こす要因の検討

15. 日本整形外科スポーツ医学会 パネリスト,9月

  1. 木島泰明, 齊藤英知, 大内賢太郎, 藤井 昌, 冨手貴教, 佐々木香奈, 斉藤公男, 瀬川 豊人, 佐藤千恵, 山田 晋, 島田 洋一(2015)スポーツ選手の痛みと筋・腱の弾性及び股関節の回旋可動域との関連(会議録)
  2. 藤井昌,木島泰明,齊藤英知,山田晋,島田洋一(2015)プロバスケットボール選手における障害調査とサポートシステムに関する検討

16. 第4回Knee osteotomy フォーラム,10月,東京

  1. 齊藤英知(2015)「帰朝報告 Hannoverの膝周囲骨切り術の最前線」

17. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会,10月,富山

  1. 工藤大輔, 宮腰尚久, 本郷道生, 粕川雄司, 石川慶紀, 藤井 昌, 島田洋一(2015) 傍脊柱筋におけるIL-6,TNF-α,PGC1-αの発現と腰椎後弯の関連
  2. 佐藤千恵, 宮腰尚久, 粕川雄司, 青沼宏, 木下隼人, 大内賢太郎, 藤井 昌, 河野哲也, 鈴木真純, 島田洋一(2015) 卵巣摘出ラットの海綿骨骨切り部の骨密度に対するアレンドロネートと低出力超音波パルスの効果
  3. 藤井昌,宮腰尚久,本郷道生,粕川雄司,野坂光司,木下隼人,大内賢太郎,佐藤千恵,島田洋一(2015)ビタミンC欠乏ODSラットにおけるビタミンCとテリパラチドの骨密度、骨強度改善効果
  4. 宮腰尚久, 木下隼人, 斉藤公男, 粕川雄司, 島田洋一 (2015) 活性型ビタミンD3の筋とバランス能力に対する効果 (シンポジウム). 日整会誌 89: S1492.

18. 第40回日本足の外科学会・学術集会,10月,千葉県

  1. 赤川学、坂本仁、遠藤博之、石原芳人、三澤晶子(2015)舟状骨の骨化からみた小児足部疾患の特徴(口演)
  2. 尾野 祐一, 野坂 光司, 山田 晋, 齊藤 英知, 木島 泰明, 宮腰 尚久, 島田 洋一(2015)軟部組織損傷を伴う足関節周辺骨折における創外固定を用いたligamentotaxisによる閉鎖的整復の検討

19. 第49回日本側弯症学会,11月,新潟

  1. 佐々木研,宮腰尚久,松永俊樹,本郷道生,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)3次元体幹筋骨格モデルを用いた脊柱後弯変形高齢者の立位・歩行動作解析
  2. 本郷道生,宮腰尚久,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)中高齢者における背筋力とT1 pelvic angleを含む矢状面脊柱骨盤形態との関連

20. 第50回日本脊髄障害医学会,11月,東京

  1. 佐々木研,宮腰尚久,松永俊樹,本郷道生,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)3次元体幹筋骨格モデルを用いた脊柱後弯変形高齢者の歩行動作解析
  2. 益谷法光,松永俊樹,斉藤公男,柴田暢介,佐々木研,佐藤 望,水谷 嵩,木村竜太,宮腰尚久,島田洋一(2015)新型動的座位バランス計測装置による体幹バランス測定の検討
  3. 木村竜太,松永俊樹,佐々木研,益谷法光,水谷 嵩,島田洋一(2015)反復性経頭蓋磁気刺激による下肢運動野刺激の検討

21. 第23回日本腰痛学会,11月,東京

  1. 粕川雄司, 宮腰尚久, 本郷道生, 石川慶紀, 木島泰明, 工藤大輔, 島田洋一 (2015) ロコモティブシンドロームが高齢者の腰痛とQOLに及ぼす影響 
  2. 工藤大輔, 宮腰尚久, 本郷道生, 粕川雄司, 石川慶紀, 島田洋一(2015)腰椎変性疾患術後遺残疼痛に関連する因子の検討
  3. 本郷道生,宮腰尚久,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)骨粗鬆症に伴う慢性腰背部痛の性状と脊柱変形因子との関連
  4. 宮腰尚久, 土江博幸, 本郷道生, 粕川雄司, 島田洋一 (2015) 骨粗鬆症患者の腰背部痛に対する骨粗鬆症治療薬の鎮痛効果 (シンポジウム)
(b) 地方会

1. 第25回東北脊椎外科研究会,1月,仙台

  1. 佐々木研,宮腰尚久,松永俊樹,本郷道生,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)3次元体幹筋骨格モデルを用いた後弯変形高齢者の脊柱モーメントと矢状面アライメントとの関連

2. 東北整形災害外科学会,6月

  1. 石川 慶紀, 宮腰 尚久, 本郷 道生, 粕川 雄司, 工藤 大輔, 安藤 滋, 斉藤 公男, 島田 洋一(2015)骨粗鬆症性椎体骨折に対するハイドロキシアパタイト充填後方固定

3. 第112回東北整形災害外科学会,7月,福島

  1. 赤川学、坂本仁、遠藤博之、石原芳人、三澤晶子(2015)発育性股関節脱臼における危険因子とレントゲン指標の検討(口演)
  2. 粕川雄司,宮腰尚久,本郷道生,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一,阿部栄二,阿部利樹,石河紀之,江畑公仁男,奥山幸一郎,尾野祐一,菊池一馬,木戸忠人,小林 孝佐々木 寛,鈴木哲哉,瀬川豊人,千葉光穂,西登美雄,畠山雄二(2015)秋田県における腰部脊柱管狭窄症の治療
  3. 河野哲也, 宮腰尚久, 本郷道生, 粕川雄司, 石川慶紀, 工藤大輔, 鈴木真純, 水谷 嵩, 島田洋一(2015) 高齢者化膿性脊椎炎の検討
  4. 木村竜太,湯本聡,石河紀之,鈴木哲哉,田澤浩,谷貴行,宮腰尚久,島田洋一(2015)下肢緊急手術時の超音波ガイド下神経ブロック麻酔
  5. 藤井昌,宮腰尚久,本郷道生,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)嚥下障害と気道狭窄を伴う頚椎前縦靱帯骨化症の術後に化膿性脊椎炎を併発した1例
  6. 水谷 嵩,宮腰尚久,本郷道生,粕川雄司,石川慶紀,工藤大輔,鈴木真純,木村竜太,島田洋一(2015) 頚椎Pneumatocystの1例

4. 第64回東日本整形災害外科学会,9月,福島

  1. 石川 慶紀, 宮腰 尚久, 小林 孝, 鈴木 哲哉, 佐々木 寛, 石河 紀之, 本郷 道生, 粕川 雄司, 工藤 大輔, 千葉 光穂, 阿部 栄二, 島田 洋一 (2015)80歳以上の高齢者に対する胸腰椎固定術の治療成績、満足度と生命予後
  2. 工藤大輔, 宮腰尚久, 本郷道生, 粕川雄司, 三澤晶子, 石川慶紀, 島田洋一(2015) 思春期側弯症後方手術におけるSagittal Adjusting Screwの使用経験

5. 整佑会総会特別講演,12月

  1. 山田 晋(2015)人工股関節置換術の進歩と今後の課題
(c) 研究会
(ⅰ) 全国規模

1. Forteo Forum 2015-いつのまにか骨折から救うために-,1月,東京

  1. 宮腰尚久 (2015) 椎体骨折の評価-椎体骨折を見逃さないために-(パネルディスカッション).

2. 第18回脊椎と神経を語る会,3月,東京

  1. Hongo M, Miyakoshi M, Kasukawa Y, Ishikawa Y, Kudo D, Shimada Y(2015)Significance of trunk muscle strength in the elderly with kyphosis

3. 第5回ドール手術手技研究会,3月,大阪

  1. 山田 晋(2015)ステム直結法の短期経過

4. 平成27年度第1回公認スポーツドクター研修会(東ブロック,秋田)研修講演,7月,秋田

  1. 齊藤英知(2015)「スポーツ膝の外傷と治療 up to date」

5. HTO Live Surgery in Yokosuka, Course faculty,10月, 横須賀

  1. 齊藤英知(2015)Hybrid CWHTO
  2. 齊藤英知(2015)TCVO
(ⅱ) 地方規模

1. 第5回臼蓋形成術研究会,1月,大阪

  1. 山田 晋(2015)リバース法の短期成績と適応について
  2. 山田 晋(2015)採骨部骨欠損部に使用した人工骨のリモデリング

2. 第25回東北脊椎外科研究会, 1月, 仙台

  1. 工藤大輔, 宮腰尚久, 本郷道生, 粕川雄司, 石川慶紀, 藤井昌, 島田洋一(2015)脊椎変性疾患における知覚・痛覚定量分析装置を用いた痛みの評価

3. 第4回東北MISt研究会,2月

  1. 本郷道生(2015)骨粗鬆症を伴う高齢者脊椎疾患に対する低侵襲手術

4. 第22回秋田県スポーツ医学研究会, 2月,秋田

  1. 齊藤英知(2015)スポーツ選手の膝の怪我
  2. 藤井昌(2015)アスリートに最も近い整形外科医として

5. 第22回秋田県スポーツ医学研究会,2月,秋田

  1. 佐々木研,木島泰明,山田晋,野坂光司,齊藤英知,島田洋一(2015)エコーとスポーツ外傷,障害

6. 第12回秋田県骨軟部腫瘍セミナー,2月,秋田

  1. 粕川雄司,宮腰尚久,本郷道生,石川慶紀,工藤大輔,山田 晋,野坂光司,千田秀一,田澤 浩,島田洋一(2015)関節リウマチ患者に生じた脆弱性骨折の検討
  2. 永澤博幸(2015)一般整形外科医が注意すべき骨軟部腫瘍診断のピットフォール

7. 第4回東北MISt研究会,2月,仙台.

  1. 木村竜太,石河紀之,鈴木哲哉,宮腰尚久,島田洋一(2015)MIStのためのピンポイント診断-超音波ガイド下頚椎神経根ブロック-

8. 第11回東北腰痛フォーラム,4月,仙台

  1. 粕川雄司,宮腰尚久,本郷道生,石川慶紀,工藤大輔,島田洋一(2015)ロコモティブシンドロームが高齢者の腰痛とQOLに及ぼす影響 

9. 第61回秋田県整形外科医会 5月

  1. 尾野祐一, 木村善明, 若林育子, 柏倉 剛, 野坂光司(2015)イリザロフ創外固定で加療した人工関節周囲骨折の3例
  2. 益谷法光,坂本 仁,三澤晶子,石原芳人,遠藤博之(2015)節脱臼関連疾患における単純レントゲン写真の有用性

10. 骨粗鬆症と糖尿病を考える会,6月,秋田

  1. 粕川雄司(2015)糖尿病とロコモティブシンドローム

11. 秋田県整形外科感染症セミナー, 6月 秋田

  1. 齊藤英知(2015)膝周囲感染のcase discussion

12. 第7回秋田県小児整形外科研究会,6月,秋田

  1. 佐々木研,木島泰明,山田 晋,野坂光司,齊藤英知,島田洋一(2015)学童期化膿性股関節炎の1例
  2. 益谷法光,坂本 仁,三澤晶子,石原芳人,遠藤博之(2015)小児股関節疾患における外方化指標の意義-単純レントゲン写真での診断精度の向上に向けて-

13. 第5回東北小児整形外科研究会,7月

  1. 益谷法光,坂本 仁,三澤晶子,石原芳人,遠藤博之(2015)DDH(発育性股関節形成不全)における単純レントゲン写真の意義

14. 一般社団法人日本骨粗鬆症学会主催若手サマーセミナー2015,8月,千葉

  1. 益谷法光,宮腰尚久,粕川雄司,島田洋一(2015)デノスマブとVitamin Dがバランス能力に及ぼす影響

15. 第14回北海道下肢と足部疾患研究会,8月,札幌

  1. 水谷 嵩,倉 秀治(2015)両側外反母趾を1足をMann法,他方をDOMOで治療した1例

16. 第11回秋田県運動器疾患セミナー,9月,秋田

  1. 齊藤英知(2015)膝周囲骨切り術の最新のコンセプトと実際

17. 第11回北東北臨床整形外科スポーツ研究会, 9月, 秋田

  1. 齊藤英知(2015)最新の膝周囲骨切り術の適応と実際

18. 第4回秋田県股関節研究会,9月,秋田

  1. 佐々木研,山田 晋,木島泰明,河野哲也,小西奈津雄,久保田均,田澤 浩,谷 貴行,加茂啓志,鈴木紀夫,奥寺良弥,島田洋一(2015) Accolade TMZFステムの中期成績

19. 第4回秋田県股関節研究会,9月

  1. 尾野祐一, 坂本 仁, 三澤晶子, 石原芳人, 遠藤博之(2015)gapless MRIで経過をみたペルテス病の1例

20. 第22回東北地区骨軟部腫瘍研究会,10月,新潟

  1. 土江博幸,永澤博幸,尾野祐一,南條博,岡田恭司(2015)軟部腫瘍

21. 第62回秋田県整形外科医会,10月,秋田

  1. 尾野祐一, 坂本 仁, 三澤晶子, 石原芳人, 遠藤博之(2015)幼児期股関節疾患におけるgapless MRIの有用性
  2. 益谷法光,野坂光司,山田 晋,永澤博幸,齊藤英知,阿部秀一,木島泰明,千田秀一,冨岡 立,青沼 宏,土江博幸,柴田暢介,宮腰尚久,島田洋一(2015)橈骨遠位端骨折に対してIlizarov創外固定+CELTAB法で治療した1例

22. 第6回秋田県足の外科・創外固定研究会,11月,秋田

  1. 尾野祐一, 坂本 仁, 三澤晶子, 石原芳人, 遠藤博之(2015)ボツリヌス治療を併用した痙性による小児足部変形の手術治療

講 演

1. 平成26年度第2回神戸大学整形外科同門会生涯教育学術講演会,1月,神戸

  1. 島田洋一(2015)高齢者脊椎障害に対する多角的アプローチ

2. 第473回岩手整形災害外科懇談会,1月,盛岡

  1. 島田洋一(2015)高齢者運動器疾患に対する総合的治療体系リハビリテーションから手術まで

3. 骨粗鬆症治療セミナー,1月, 東京

  1. 宮腰尚久 (2015) 脊椎骨粗鬆症のトータルマネジメント

4. Forteo Forum 2015-いつのまにか骨折から救うために- 1月,東京

  1. 宮腰尚久 (2015) 椎体骨折評価のピットフォール

5. 第1回京都リハビリテーション医学研究会学術集会,2月,京都

  1. 島田洋一(2015)世界のロボットリハビリテーション

6. 能代市山本郡医師会市民公開講座-医療を考える集い-, 2月,能代

  1. 宮腰尚久 (2015) 寝たきり予防の基礎知識-ロコモティブシンドロームと骨粗鬆症-

7. 東海炎症研究会,2月,名古屋

  1. 宮腰尚久 (2015) 脊椎骨粗鬆症の保存療法と手術療法

8. 秋田県骨粗鬆症PTH治療記念講演会,2月,秋田

  1. 宮腰尚久 (2015) 脆弱性・難治性骨折を有する骨粗鬆症患者の薬物療法

9. 第14回久留米関節セミナー,2月,久留米

  1. 島田洋一(2015)高齢者運動器疾患への取り組み

10. Orthopaedic Expert Seminar 2015,3月,東京

  1. 宮腰尚久 (2015) 転倒予防を考慮した骨粗鬆症治療

11. ヤンセンファーマ社内勉強会,3月,秋田

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症に伴う腰背部痛の病態と対策

12. 第2回奈良臨床運動器医学セミナー,3月,奈良

  1. 宮腰尚久 (2015) 運動器疾患としての骨粗鬆症の予防と治療

13. 第124回中部日本整形災害外科学会,4月,金沢

  1. 島田洋一(2015)ロボット技術が支える次世代リハビリテーション

14. 第5回秋田・札幌整形外科合同セミナー,4月,札幌

  1. 島田洋一(2015)ロボットが拓く次世代リハビリテーション

15. 第88回日本整形外科学会学術集会ランチョンセミナー,5月,神戸

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症におけるビタミンDとビスホスホネート治療の最前線日整会誌 89: S43.

16. 第35回日本骨形態計測学会,6月,倉敷

  1. 粕川雄司(2015)脆弱性を伴った骨疾患に対するテリパラチド治療(イブニングセミナー)
  2. 宮腰尚久 (2015) 運動器疾患としての骨粗鬆症の予防と治療(ランチョンセミナー) 日骨形態誌 25: S67

17. 出羽・阿賀リウマチフォーラム,6月,新潟

  1. 島田洋一(2015)リウマチ性脊椎障害と骨粗鬆症

18. 第12回三田・北神戸症例検討会 ,6月,三田

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症性椎体骨折評価のピットフォールと手術療法

19. AOSpine Advanced Symposium Sendai ,6月,仙台

  1. 宮腰尚久 (2015) 矢状面アライメントと腰椎後方固定術: PLIFとPLF
  2. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症性椎体骨折の病態と手術法選択

20. 第3回骨粗鬆症治療フォーラム,6月,名古屋

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症診療におけるピットフォールと最新の話題

21. ベネット全国TV/Web講演会,6月,秋田

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨折連鎖抑制の為の骨粗鬆症治療

22. 第15回山口整形外科フォーラム21,7月,山口

  1. 島田洋一(2015)高齢者脊椎障害;その病態と治療

23. 第7回道南スポーツ医学懇話会,7月,函館

  1. 島田洋一(2015)スポーツ障害を含む運動器疾患に対する医用工学的アプローチ

24. 第1回静岡中部慢性疼痛フォーラム,7月,静岡

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症に伴う腰背部痛の病態と対策

25. 札幌プラリア発売2周年講演会,7月,札幌

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症の包括的治療とデノスマブによる薬物治療

26. 群馬PTHフォーラム,7月,前橋

  1. 宮腰尚久 (2015) 脆弱性・難治性骨折を有する患者に対するテリパラチドを用いた骨粗鬆症治療.

27. 第12回名古屋脊椎脊髄セミナー, 7月, 名古屋

  1. 宮腰尚久 (2015) 高齢化率全国一の県から発信してきた高齢者脊椎疾患の臨床研究

28. 第28回日本臨床整形外科学会学術集会イブニングセミナー, 7月, 下関

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症性椎体骨折: 診断のピットフォールと治療戦略

29. 川口市医師会学術講演会, 7月, 川口

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症診療におけるピットフォールと最新の話題

30. 第2回南横浜運動器疾患セミナー, 7月, 横浜

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存療法と手術療法

31. 脊柱側彎症検査研修会,8月,秋田

  1. 島田洋一(2015)脊柱側彎症検査について

32. Otsuka Orthopedic Update Symposium 2015、8月, 東京

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症による姿勢の変化と障害

33. 運動器疾患フォーラム in 鷹巣,9月,北秋田

  1. 島田洋一(2015)運動器疾患のリハビリテーションと介護指導のコツ

34. Osteoporosis Lecture Meeting,9月,宮古

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨折連鎖を抑制するための骨粗鬆症のトータルマネジメント

35. 第64回東日本整形災害外科学会イブニングセミナー,9月,福島

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症性椎体骨折: 診断のピットフォールと治療戦略. 東日本整災会誌 27: 213

36. 骨々健康教室,9月,北秋田

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗しょう症とロコモティブシンドローム

37. 和歌山県医師会整形外科部会講演会-骨関節フォーラム2015- 9月,和歌山

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症におけるビタミンDとビスホスホネート治療の最前線

38. 藤田保健衛生大学整形外科同門会セミナー,9月,名古屋

  1. 宮腰尚久 (2015) 知っておくべき小児と高齢者の脊椎脊髄疾患

39. 平成27年度北海道・東北地区リウマチ教育研修会,10月,仙台

  1. 島田洋一(2015)RAにおける脊椎病変と骨粗鬆症

40. 第59回社会保険指導者講習会,10月,東京

  1. 宮腰尚久 (2015) ロコモ関連疾患-脊椎疾患. 日本医師会・厚生労働省共催

41. 第2回サルコペニア・フレイル研究会ランチョンセミナー,10月,東京

  1. 宮腰尚久 (2015) QOLを低下させる脊椎骨粗鬆症

42. 6th Annual Meeting of Bisphosphonate Frontier, October, Seattle

  1. Miyakoshi N (2015) Global sagittal alignment and osteoporosis.

43. AOSpine Advanced Symposium Tokyo - Challenges for intractable spinal disorders, October, Tokyo

  1. Miyakoshi N (2015) Osteoporotic vertebral fractures.
  2. Miyakoshi N (2015) Pyogenic spondylitis.

44. 第2回ロコモセミナーin城南,10月,東京

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症におけるビタミンDとビスホスホネート治療の最前線

45. 第30回日本整形外科学会基礎学術集会モーニングセミナー,10月, 富山

  1. 宮腰尚久 (2015) 基礎研究と臨床成績からみた骨粗鬆症治療におけるテリパラチドの役割. 日整会誌 89: S1763

46. 鹿児島骨粗鬆症学術講演会,10月,鹿児島

  1. 宮腰尚久 (2015) 基礎研究と臨床成績からみた骨粗鬆症治療におけるテリパラチドの役割

47. 佐世保PTH骨粗鬆症治療研究会,10月,佐世保

  1. 宮腰尚久 (2015) 基礎研究と臨床成績からみた骨粗鬆症治療におけるテリパラチドの役割

48. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会,11月,新潟

  1. 島田洋一(2015)リハビリテーション新機器開発と臨床応用

49. 男鹿潟上南秋医師会講演会,11月,秋田

  1. 島田洋一(2015)RAと骨粗鬆症

50. 第42回脳性麻痺研究会,11月,新潟

  1. 島田洋一(2015)先端医用工学を用いた麻痺肢機能再建;小児への応用を目指して

51. 第18回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会,11月,東京

  1. 島田洋一(2015)高齢者脊椎障害に対する低侵襲手術

52. 京都臨床整形外科医会講演会,11月,京都

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症治療における転倒予防とビタミンDの多面的作用

53. 第2回旭川Bone Forum,11月,旭川

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症治療における転倒予防とビタミンDの多面的作用

54. 第40回香川整形外科セミナー,11月,高松

  1. 宮腰尚久 (2015) 基礎研究と臨床成績からみた骨粗鬆症治療におけるテリパラチドの役割

55. 第23回日本腰痛学会ランチョンセミナー, 11月, 東京

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症に伴う腰背部痛の予防と対策

56. 岩手県北デノスマブ研究会,11月,二戸

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨折連鎖を抑制するための骨粗鬆症のトータルマネジメント

57. プラリアシンポジウム in Hakodate,11月,函館

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨折連鎖を抑制するための骨粗鬆症治療

58. 釧路骨粗鬆症講演会,11月,釧路

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨折連鎖を抑制するための骨粗鬆症のトータルマネジメント

59. 第98回高知整形外科集談会,高知

  1. 島田洋一(2015)高齢者脊椎障害に対する総合的アプローチ

60. 第108回日本小児科学会秋田地方会,12月,秋田

  1. 島田洋一(2015)小児脊柱変形治療のup to date
  2. 宮腰尚久 (2015) 骨折連鎖抑制の為の骨粗鬆症治療

61. 骨粗鬆症セミナー in Himeji,12月,姫路

  1. 宮腰尚久 (2015) 骨粗鬆症と薬物療法:ビタミンDとビスホスホネートの役割

その他の刊行物

  1. 市村正一,萩野 浩,曽根照喜,田中 栄,宮腰尚久,中野哲雄,山本智章 (2015) 骨折後の再評価:骨折連鎖の防止に向けて-リスク評価と薬物・運動療法の評価をめぐって-. Osteoporos Jpn 23: 291-294
  2. 田中 栄,秋山治彦,石橋英明,西田圭一郎,宮腰尚久 (2015) ロコモティブシンドロームの役割と展望. Loco Cure 1(1): 3-11
  3. 島田洋一(2015)先端医用工学を用いた麻痺肢機能再建-小児への応用を目指して-.第42回日本脳性麻痺研究会記録集.pp49-56
  4. 宮腰尚久,本郷道生,粕川雄司,石川慶紀,島田洋一 (2015) 骨粗鬆症関連の脊柱変形と腰痛-最近の進歩と対応 (新鮮椎体骨折を除く). 第25回腰痛シンポジウム講演記録集. 腰痛症 最近の進歩-難治性腰痛を含む各種腰痛にどのように対応するか-, エーザイ株式会社, 東京, pp.55-60
  5. 宮腰尚久,飯田尚裕,南出晃人 (2015) 腰部脊柱管狭窄症の治療と管理. Loco Cure 1(3): 185-193
  6. 宮腰尚久 (2015) ロコモの視点を交えた腰部脊柱管狭窄症-Overview (序). Loco Cure 1(3): 197
  7. 宮腰尚久 (2015) なんでも健康相談「骨粗鬆症」の予防薬について教えて下さい. NHKテレビテキストきょうの健康 2015年5月号(通巻326号), NHK出版, 東京, p.118
  8. 宮腰尚久 (2015) 椎体骨折評価のピットフォール. Forteo Forun 2015記録集(2015年5月作成), 日本イーライリリー株式会社, 神戸, p.6
  9. 宮腰尚久,前田愼 (2015) 消化器疾患と骨粗鬆症. Salvus 9(3): 1-2
  10. 宮腰尚久 (2015) 術式シリーズNo.53. 胸椎硬膜外ダンベル腫瘍切除術におけるインテグラン®綿状の使用例. インテグラン®綿状術式パンフレット (2015年2月作成). 日本臓器製薬株式会社, 大阪
  11. 宮腰尚久 (2015) 胸椎硬膜外ダンベル腫瘍切除術におけるインテグラン®綿状の使用例インテグラン®綿状術式動画DVD. 日本臓器製薬株式会社, 大阪

メディア

  1. 齊藤英知(2015)早期変形性膝関節症5月, ABSラジオみんなの健康
  2. 佐々木研(2015)ストレッチについて.7月,ABSラジオみんなの健康
  3. 藤井 昌(2015)成長期のスポーツ障害.10月, ABSラジオみんなの健康