記事一覧

記事一覧

2016/11/27
第20回秋田腎不全研究会が開催されました。
2016/11/16
沼倉一幸先生が平成28年度秋田わか杉科学技術奨励賞を受賞しました。
2016/10/1
内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」による膀胱全摘除術を私費診療で行っています。詳しくはこちら。
2015/11/1
土谷順彦准教授が山形大学腎泌尿器科の教授に就任いたしました。
2015/4/26
第251回日本泌尿器科学会東北地方会は盛会裡に終了いたしました。
多数の方々のご参加ありがとうございました。
2015/4/24
第251回日本泌尿器科学会東北地方会が開催されます。
2015/4/23
成田伸太郎先生が、International Journal of Urology Reviewer of the year 2014に選ばれました。
2015/3/31
当講座が講座が平成26年度秋田大学医学部医学科臨床実習教育賞 最優秀教育賞を受賞しました。
2015/3/20
第251回日本泌尿器科学会東北地方会の演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
2015/2/1
第251回日本泌尿器科学会東北地方会の演題募集を始めました。
演題申し込みについての詳細はこちら。
2014/12/25
成田伸太郎先生が、Japan Medicine Monthlyに紹介されました。
2014/11/26
五十嵐龍馬先生が、日本泌尿器内視鏡学会で第4回ヤングエンドユロロジストアワードを受賞しました。
2014/11/26
土谷順彦先生が、日本泌尿器内視鏡学会で第4回阿曽賞を受賞しました。
2014/9/28
高山孝一朗先生が日本メンズヘルス医学会で会長賞を受賞しました。
2014/7/5
井上高光先生が第11回泌尿器科再建再生研究会の研究会賞を受賞しました。
2014/7/1
井上高光先生が2014米国泌尿器科学会総会(AUA2014)でOutstanding posterに選ばれました。
2014/5/11
嘉島相輝先生が第249回日本泌尿器科学会東北地方会で優秀演題賞を受賞しました。
2014/2/1
第3回秋田腎不全研究会奨励金の公募について
秋田腎不全研究会は現在・未来の腎不全や腎疾患の診療の進歩に貢献するため、診療や研究の上での改善・発展が期待される会員に秋田腎不全研究会奨励金を贈呈致します。
公募要項はこちら 申請書はこちら
2013/10/27
成田伸太郎先生が第51回日本癌治療学会学術集会に おいて優秀演題賞を受賞しました。
2013/10/23
成田伸太郎先生が2012年度International Journal of Clinical Oncology優秀論文、および第13回日本癌治療学会研究奨励賞を受賞しました。
2013/4/13
山本竜平先生が第247回日本泌尿器科学会東北地方会で優秀演題賞を受賞しました。
2013/4/8
泌尿器科ニュースに「腎移植小さな工夫」(秋田移植医療協会会報より)を掲載しました。
2013/2/14
泌尿器科ニュースに「内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入」(秋田大学広報誌(アプリーレ)No.39より)を掲載しました。
2013/2/14
泌尿器科ニュースに「手術支援ロボットダ・ヴィンチ導入で感じたこと」(病院だより より)を掲載しました。
2013/2/12
限局性前立腺癌に対するロボット支援根治的前立腺全摘除術についての詳しい情報はこちら。
2012/9/30
五十嵐龍馬先生が第246回日本泌尿器科学会東北地方会で優秀演題賞を受賞しました。
2012/7/5
神田壮平先生が2012 Best of AUA/Japanese Annual Meetingを受賞しました。
2012/5/12
奈良健平先生が第245回日本泌尿器科学会東北地方会で優秀演題賞を受賞しました。
2011/12/1
第244回日本泌尿器科学会東北地方会は、多数の先生方のご参加をいただき、盛況のうちに終えることができました。皆様のご協力に心から感謝致します。
2011/6/20
秋田県透析災害時ネットワーク施設の情報を掲載しました。
2011/5/1
秋田大学泌尿器科では、新たに2名の泌尿器科専門医が平成22年度日本泌尿器科学会、日本Endourology・ESWL学会、日本内視鏡外科学会認定の泌尿器腹腔鏡技術認定を習得しました。これまで当講座出身の16名が泌尿器腹腔鏡技術認定を受けています。
秋田大学医学部 小原 崇
秋田大学医学部 鶴田 大
2011/1/25
第1回秋田腎不全研究会奨励金の公募について
秋田腎不全研究会は現在・未来の腎不全や腎疾患の診療の進歩に貢献するため、診療や研究の上での改善・発展が期待される会員に秋田腎不全研究会奨励金を贈呈致します。
公募要項はこちら 申請書はこちら
2010/11/1
現在秋田大学医学部附属病院泌尿器科では、前立腺癌に対する密封小線源療法(ブラキテラピー)を行なっています。詳しくはこちらをご覧ください。
2010/4/1
現在、秋田大学医学部附属病院では体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を含む結石治療は原則として行っておりませんのでご了承ください。
2009/7/22
秋田大学泌尿器科では、女性の骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤)に対してメッシュ手術を行っています。詳しくはこちらをご覧下さい。
2009/4/19
第97回日本泌尿器科学会総会において、 堀川洋平が総会賞(副腎腫瘍・腎腫瘍:マーカー、臨床)を受賞しました。
2009/3/30
北東北がんプロメンバーズサイトに登録しませんか?最新がん診療に関する情報やレクチャーを提供。希望者には北東北でのがん診療に関する情報や講演会やワークショップの日程や参加要項の情報をメールで配信。登録はこちらから。
2009/1/5
「前立腺全摘除術後にPSA再発を来した前立腺癌患者に対するビカルタミド(カソデックス錠)単独療法の有用性に関する非ランダム化オープン試験(みちのくスタディー)」の登録をお願いします。研究の要約はこちらから。
2008/10/1
前血液浄化療法部准教授 佐藤 滋が、秋田大学医学部寄附講座 腎置換医療学 教授に就任しました。
2008/6/10
新たに秋田大学泌尿器科に在籍または修練した3名の泌尿器科専門医が平成20年度日本泌尿器科学会、日本Endourology・ESWL学会、日本内視鏡外科学会認定の泌尿器腹腔鏡技術認定を習得しました。これまで当講座出身の以下10名が泌尿器腹腔鏡技術認定を受けています。
秋田大学医学部 羽渕友則 (2004)
秋田大学医学部 土谷順彦 (2004)
弘前大学医学部 大山 力 (2004)
平鹿総合病院 佐藤一成 (2004)
仙台社会保険病院 松浦 忍 (2005)
岩手県立胆沢病院 下田次郎 (2005)
水戸医療センター 飯沼昌宏 (2005)
平鹿総合病院 鈴木丈博(2008)
仙北組合総合病院 熊澤光明 (2008)
秋田大学医学部 井上高光 (2008)
秋田大学医学部 堀川洋平 (2010)
秋田大学医学部 成田伸太郎 (2010)
秋田大学医学部 齋藤 満 (2010)
2008/6/9
これまで当講座では計13名が泌尿器腹腔鏡技術認定を取得しています。
2008/6/9
泌尿器科手術における腹腔鏡を用いた低侵襲手術の推進
秋大ネットワーク掲載記事より 羽渕友則
秋田大学泌尿器科では、新たに3名の泌尿器科専門医が平成20年度日本泌尿器科学会、日本Endourology・ESWL学会、日本内視鏡外科学会認定の泌尿器腹腔鏡技術認定を習得しました。これまで当講座出身の10名が泌尿器腹腔鏡技術認定を受けています。
2008/4/26
第96回日本泌尿器科学会総会において、土谷順彦が学会賞(臨床部門)を、鶴田 大が学会賞(基礎部門)を受賞しました。
2007/9/10
第34回東北腎不全研究会は、多くの方々のご参加のもと、盛会のうちに終えることができました。皆様方のご協力に深く感謝致します。
2007/6/30
第23回腎移植・血管外科研究会は、多くの方々のご参加のもと、盛会のうちに終えることができました。皆様方のご協力に深く感謝致します。
2007/5/14
秋田大学泌尿器科では、より低侵襲な手術を目ざした腹腔鏡下前立腺全摘除術を行っています。
2007/5/14
2006年の業績を追加致しました。
2007/4/16
第95回日本泌尿器科学会総会において、湯浅 健が総会賞を受賞しました。
2007/1/12
当教室の鶴田 大が平成18年度秋田医学会学術奨励賞を受賞しました。
2006/10/20
第44回日本癌治療学会において、井上 高光がiPos賞を受賞しました。
2006/4/15
第94回日本泌尿器科学会総会において、鶴田 大が総会賞を受賞しました。
2006/1/4
現在、秋田大学医学部附属病院では体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は行っておりませんのでご了承ください。その他の結石治療に関してはこれまで通り行っております。
2005/9/1
研修医必見!秋田大学医学部泌尿器科臨床研修システムを改訂しました。
内容に関する質問は研修担当医までお気軽にどうぞ!
2004/12/01
秋田大学では腹腔鏡下前立腺全摘除術が高度先進医療として承認されました。
詳しくはこちらをご覧ください。

メニューを開く