秋田大学大学院医学系研究科 消化器外科学講座(旧第一外科)

患者さんへ

当科は消化器系の診療を中心に行っており、常に最先端の医療を患者さんに提供できるよう診療、研究にあたっています。

特に、消化器がん(胃がん・大腸がん・肝臓がん・胆道がん・膵臓がん)に対する治療に力を注いでいます。胃がんや大腸がんに対しては腹腔鏡を用いた侵襲の少ない手術を積極的に取り入れ、2014年は胃がん切除の67%、大腸がん切除の54%を腹腔鏡下の手術で行いました。

また、当院は東北地方では22施設しかない日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設に認定されており、診断、治療が困難な肝胆膵領域の悪性腫瘍に対して根治性の高い手術を行うのみならず、標準治療では対応できない症例に対しても、血行再建など高度技能を駆使し、がんの取り残しのない手術を安全に行うよう努めています。

これらの外科治療だけでは不十分な患者さんにあっても手術治療と抗がん剤治療や放射線治療などを有効に組み合わせる集学的治療や「がん」の臨床研究を基盤とした先進的な治療も行っています。

診療案内

外来案内

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
新患 山本     山本
再来(肝胆膵) 打波 渡邊 吉岡 熊谷  
再来(消化管) 宮澤 飯田   宮澤 中川
八木 中川
Page Top