トップページ

遺伝子医療部について

遺伝カウンセリング室

遺伝カウンセリング室

当診療部では遺伝医療の進歩に対応し、遺伝に関する正確な情報提供とカウンセリングを目的として、遺伝カウンセリング室を開設しています。

遺伝カウンセリングは、遺伝性疾患の患 者さんや遺伝について不安や悩みを抱えている方のための医療です。お子さんのこと、ご自分やご家族のことで遺伝について詳しく知りたい、困っていることがある、という方のご相談に応じます。

当診療部では、臨床遺伝の専門医が在籍し、幅広い領域のご相談にわかりやすく丁寧に対応するようにしています。 遺伝カウンセリングに関するプライバシー保護については万全の配慮をいたしております。

ご相談の例

  • 遺伝子検査を医師から勧められたが…? 検査でどんなことがわかるのでしょうか?
  • 病気を持った子供がいます。次の子供は…?
  • 家系に特有な病気が多いが遺伝だろうか?
  • 結婚に関して心配なことがある。いとことの結婚について悩んでいる。
  • 出生前診断をするべきか? 具体的にはどうしたらいいのでしょうか。
  • 流産を繰り返していて、自分たち夫婦の染色体検査をしたほうがよいといわれました。
  • 高齢出産なのですが、羊水検査をしたほうがいいのでしょうか。
  • 超音波検査で、おなかの赤ちゃんの首のうしろが少しむくんでいるといわれました。どういうこと?
  • 検査はしたのだけど、結果の意味がよくわからない。
  • その他、遺伝についての情報を得たい。

疾患の種類は基本的に問いませんので、お悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。当方で誠意をもって可能な範囲で対応させていただきます。

また、当診療部の業務の性質上、申し訳ありませんが遺伝学的検査のみのご希望にはお応えできません。カウンセリングの過程で検査が必要となった場合には、適宜検査への手続き等準備いたします。

カウンセリング時間は1回1時間前後で、臨床遺伝専門医が担当いたします。正確な情報提供のため、また十分な話し合いや考える場をもつためには、原則として初回にお話を伺い、2回目以降に情報提供や遺伝学的検査、意思決定などの場を設けることが多いです。

このサイトはInternet Explorer 8.0以上、Chrome、FireFox、Safariの各最新版でご覧ください。