トップページ>整形外科を考えている研修医,学生に伝えたい秋田の整形外科の魅力

整形外科を考えている研修医,学生に伝えたい秋田の整形外科の魅力

たくさんあります!秋田の整形外科の魅力!

秋大整形外科学講座 大学院生 湯浅悠介

秋大整形外科学講座
湯浅悠介 湯浅悠介

みなさんはなぜ医師を志したのですか?

困っている人、病気で苦しんでいる人を助けたいから。自分が、家族が病気や怪我をした時にお医者さんが一生懸命治療してくれたから。家族に医療従事者がいて、とても楽しそうに仕事をしていたから。きっとそれぞれの思いがあったからこそ、医師という将来の夢・目標に向かい勉強し、医学部に合格できたのだと思います。

そう、道を選択するときには、多少なりともその道を選ぼうとする理由があります。今回は僭越ながら私が、秋田の整形外科の魅力をお伝えすることで、将来働くfieldを選択する分岐点に立った際に、少しでも「秋田」の「整形外科」の道を選んでもらえたらと思います。

自己紹介が遅れましたが、私は秋田県出身の整形外科4年目、テニス部(ノーザンファルコンズ)です。そんな私が医師を志したきっかけは、家族に医療従事者がいたからです。案外この理由が一番多いのではないかと個人的には思っています。そして整形外科を志した理由は、5年生の実習の際に上の先生方の雰囲気がとてもよいと感じたからです。

もちろん整形外科という分野にも魅力を感じましたが、それ以上に入局を決定的にした要素は、雰囲気でした。その選択は今でも間違っていなかったと実感しています。なぜかというと、この医療という仕事は人と人とで成り立っているものだからです。楽しい「雰囲気」を持った整形外科に入れば、楽しく仕事ができ、よりレベルの高い医療を提供することができると感じています。

先程、この仕事は人と人とで成り立っているといいましたが、それは医療従事者のことだけではありません。やはり患者さんがいるから仕事ができるということは忘れてはなりません。整形外科医になって丸三年たちましたが、患者さんに教えてもらう、育ててもらうということはしばしば経験します。とてもおおらかな秋田の方々だから、私たちは医師としても人としても、豊かに着実に成長していけるのだと思います。

私が「秋田」で「整形外科」を選択した理由。少しでも伝えられましたでしょうか。ここからは実際に働いてみてのわかった具体的な魅力についてお伝えします。

まずは何といってもスポーツ活動が盛んであることです。島田教授就任後、バスケ部や駅伝部を始め、様々な部活が秋田大学整形外科に誕生しました。私はその中のテニス部に所属しています。社会人になってからも好きなスポーツを続けられる環境があることは、とても魅力的だと思いました。

整形外科の魅力としては、手術のレベルが様々あることが挙げられます。若手のうちから執刀する機会がある科は、そうそうありません。しっかりとした指導体制のもと着実に外科医としてステップアップしていくことができます。

秋田で働く魅力としては、他科に知り合いがいることです。部活の先輩や後輩であったり、同じ6年間を過ごした同級生であったり。ちょっとした疑問点や、頼みづらいけど頼まなければならない仕事があった時、顔や人柄がわかっている知り合いであれば、ストレスなくやりとりすることができます。

さあ、みなさん。「秋田」で「整形外科」を志してみたくなってきましたか?

実はここでは書ききれず、すべての魅力を伝えきれていません。

ごめんなさい!是非、こんな魅力ある秋田大学整形外科で一緒に充実した整形外科Lifeを楽しみませんか?