Menu

New Publication

「総合自殺予防学
インテンシブコース」

総合自殺予防学インテンシブコース
[編集] 本橋  豊(秋田大学医学系研究科長・医学部長)
秋田魁新報社 A5判,184ページ
定価:1,575円(本体+税)
ISBN978-4-87020-321-1
書店発売日:2012年03月20日
秋田大学医学部が自殺予防学をテーマに集中開催した講座の内容を収録。研究者や専門家がさまざまな課題克服への道筋を探っている。秋田医学叢書シリーズの第6弾。
さきがけ on the Web BOOKS出版案内のページへ
2012.3.20

Links


What's New !


Informations

第7回秋田メンタルヘルスサポーターフォローアップ研修会(2014.5.23)

  恒例となりましたが、本年度もフォローアップ研修会を企画することができました。
いままでと変わらずメンタルヘルスサポーター、心のふれあい相談員や保健福祉担当者のスキルアップと関係者の交流、情報交換を図っていきたいと思います。
午前は講演を2題、テーマは「子どもの自殺予防」と「みんなが元気になることで支え合う地域づくり」を予定しました。
午後は、午前中のテーマを受けて「高齢者」、「若者」「精神障がいを持った人」の自殺予防についてグループに分かれて話し合い、サポーターとしての関わり方や役割を皆さんと考えていきます。
日頃の悩みや喜びを手がかりに、これからの活動を探ってみませんか。


【日 時】平成26年7月5日(土) 10:00〜15:30
【会 場】秋田大学60 周年記念ホール
 (手形キャンパス 教育文化学部3号館講義室145)
【主 催】秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座
【共 催】秋田県
【プログラム】(予定)

午 前

「子どもの自殺をどう防ぐか〜北海道での取り組みから〜」
          今川洋子先生(北海道保健福祉部福祉局)

「みんなが元気になることで支え合う地域づくり」
          金子善博先生(秋田大学大学院医学系研究科)

(昼食:交流会を兼ねて)

午 後

テーマ別のグループ討議と全体会


●対象

地域でメンタルヘルスサポーターなどの活動をされている方

市町村のメンタルヘルスサポーター養成講座を受講された方

県・市町村の保健・福祉担当者の方

●参加費

無料(アンケートにご協力下さい。)

昼食お弁当代は実費負担(700円程度)

●申し込み

お住まいの市町村の担当者にご連絡下さい。

●問い合わせ先(事務局)

秋田大学大学院医学系研究科 佐々木久長

電話・FAX 018-884-6506





その他の情報

問い合わせ先

ご意見,お問い合わせは・・・phinfo@med.akita-u.ac.jp

名称変更について

平成21年4月1日より大学院の部局化にともない,名称が変更されました。
旧)秋田大学医学部社会環境医学講座健康増進医学分野
新)秋田大学大学院医学系研究科社会環境医学系公衆衛生学講座
Copyright © Department of Public Health AKITA UNIVERSITY GRADUATE SCHOOL OF MEDICINE. All Rights Reserved.