生殖工学について

 当部門ではマウス胚凍結や個体作製などの業務を受託しています。動物維持コストの削減や不測の事態へのバックアップにご利用ください。


 お申込は担当者(小松:ykomatu@gipc.akita-u.ac.jp)までお願いします。

 

 8月より下記料金に変更になりました。

 

依頼内容  詳細は各項目をクリックしてください。 新料金
マウス精子の凍結保存 \10,000
オスマウスからの凍結胚作製 \16,000
凍結胚からのマウス作製※ \18,000
凍結精子からのマウス作製※ \46,000
ES-injection \35,000

                             *条件により価格が変更になる場合があります。

                             ※別途微生物検査代¥14000×匹が必要です。