動物実験計画書


 秋田大学において、哺乳類、鳥類および爬虫類を用いる動物実験を実施する場合には「国立大学法人秋田大学動物実験規程」に基づき、動物実験計画書の提出が必要となります。
 計画書等の申請にあたっては下記を参考に、申請書をダウンロードして作成し、 地方創生・研究推進課に提出し、動物実験倫理委員会による審査を受けてください。作成に当たっては記入例遺伝子組換え動物実験計画書記入要領を参照してください。

 なお、動物実験計画書の有効期限は3年間です。有効期間中に変更がある場合は変更手続きを行ってください。

 また、遺伝子組換え生物・微生物を用いた実験は「秋田大学研究用微生物等、遺伝子組換え生物使用実験に関する安全管理規程」により、届出が必要となっています。詳細は秋田大学バイオサイエンス教育・研究サポートセンター 教育研究連携部門を参照ください。

 

 

 

 

 


 

動物実験計画書の作成

  「秋田大学動物実験計画書」(別紙様式第1号)をダウンロードし、「動物実験計画書記入要領」、「動物実験計画書記入例遺伝子組換え)」
 に従い、動物実験責任者が作成してください。作成した計画書は地方創生・研究推進課(bio@jimu.akita-u.ac.jp)に提出してください。

 

 

動物実験倫理委員会における審査と結果の通知

   提出された動物実験計画書は、動物実験倫理委員会にて審査し、学長が承認します。

   審査結果は、地方創生・研究推進課より動物実験責任者に送られます。

 

 

動物実験の開始

    学長の承認が得られたら動物実験部門を利用して実験を行うことが出来ます。動物実験部門の規則に従って利用してください。

     ※動物実験部門以外に飼養保管施設あるいは動物実験室を設置する場合は、予め学長の承認を得ている必要があります。 新たに承認を
      必要とする場合は「 飼養保管施設設置(変更)承認申請書」(別紙様式第5号)あるいは「実験室設置(変更)承認申請書
       (別紙様式第6号)を作成し、地方創生・研究推進課(bio@jimu.akita-u.ac.jp)に提出してください。申請された飼養保管施設
      あるいは動物実験室を動物実験倫理委員会が視察、審査し、その報告にしたがい学長が承認します。

 

 

動物実験の実施期間中における計画書の内容変更

    動物実験実施期間中に、実験計画書の記載内容を変更する場合は「動物実験計画変更承認申請書」(別紙様式第2号)を地方創生・
    研究推進課(bio@jimu.akita-u.ac.jp)に提出してください。

    ただし、実験内容の大幅な変更、動物実験責任者、使用動物種の変更の際には新たに動物実験計画書を提出する必要があります。

 

 

動物実験の終了時

    動物実験の終了時には、「動物実験終了(中止)報告書」(別紙様式第3号)を提出してください。

 

その他

    実験責任者は年度毎に「動物実験実施状況(結果)報告書」を提出する必要があります。

 

    実験計画書を提出するには、動物実験に関する教育訓練を受講している必要があります。事前に教育訓練を受講して下さい