医学専攻 病態制御医学系:分子機能学・代謝機能学講座|組織一覧|大学院医学系研究科|大学院 / 学部|秋田大学 大学院医学系研究科・医学部

分子機能学・代謝機能学

組織紹介

医学専攻 病態制御医学系:分子機能学・代謝機能学講座の概要

詳しくは、当該 医学専攻 病態制御医学系:分子機能学・代謝機能学講座 ホームページをご覧ください。

※この情報は、平成2801月現在の状況です。

構成員の紹介

教授 久場 敬司 Keiji KUBA
助教 小泉 幸央 Yukio KOIZUMI
助教 山口 智和 Tomokazu YAMAGUCHI
助教(テクニカルセンター) 夏井 美幸 Miyuki NATSUI
研究補佐員 門脇 歩美 Ayumi KADOWAKI
研究補佐員 佐藤 チトセ Chitose SATO
     

教育と研究の概要

主な担当授業

主な学部の授業
 講義等:資源循環と科学ー希少元素に注目してー(教養基礎教育科目)
     基礎医学Ⅰ【生体物質の代謝Ⅰ】(1年次)
     基礎医学Ⅱ【生体物質の代謝Ⅱ】(1年次)
     個体の構成と機能Ⅱ【生体物質の代謝Ⅱ】(2年次)
     分子代謝とシグナル伝達(アドバンス基礎医学コース)
 実習等:生体分子解析学実習
主な大学院の授業
 講義等:細胞・人体の形態と機能(修士)
     バイオテクノロジーの最前線(修士)
     再生医学(修士)
     生命科学研究概論(博士)
     臨床医学研究概論(博士)
 実習等:先端的細胞培養技術(修士)
     基礎医学技術実習「細胞培養技術の原理と実践テクニック」(博士)
     再生医学・実習(博士)

主な研究対象

1. 臓器機能制御におけるmRNA代謝制御機構の解明

2. レニン−アンジオテンシン系の新しい制御メカニズムの解明

3. 疾患モデル生物を用いた新規の疾患感受性遺伝子の探索

医学専攻 病態制御医学系:分子機能学・代謝機能学講座の概要

当講座は、平成26年8月1日に久場が着任して新しいスタートを切りました。博士研究員・大学院生・研究生を募集中です。お気軽にご連絡ください(TEL: 018-884-6074/6075、e-mail : kuba@med.akita-u.ac.jp)。

主な発表論文

1. Sato T, Kuba K*, et al. Apelin is a positive regulator of ACE2 in failing hearts. J Clin Invest 123: 5203-11 (2013)
2. Morita M, Kuba K, et al. (equal contribution) The lipid mediator protectin D1 inhibits influenza virus replication and improves severe influenza. Cell 153:112-25 (2013)
3. Hashimoto T, Kuba K, et al. ACE2 links amino acid malnutrition to microbial ecology and intestinal inflammation. Nature 487: 477-481 (2012)
4. Neely GG, Kuba K*, et al. (equal contribution)(*co-corresponding authors) A global in vivo Drosophila RNAi screen identifies NOT3 as a conserved regulator of heart function. Cell 141: 142-153 (2010)
5. Imai Y, Kuba K, et al. Identification of oxidative stress and Toll-like receptor 4 signaling as a key pathway of acute lung injury. Cell 133: 235-249 (2008)
6. Imai Y, Kuba K, et al. (equal contribution) Angiotensin converting enzyme 2 protects from severe acute lung failure. Nature 436: 112-116 (2005)
7. Kuba K, et al. A crucial role of angiotensin converting enzyme 2 (ACE2) in SARS pathogenesis. Nat Med 11: 875-879 (2005)