医学専攻 病態制御医学系:内分泌・代謝・老年内科学講座|組織一覧|大学院医学系研究科|大学院 / 学部|秋田大学 大学院医学系研究科・医学部

内分泌・代謝・老年内科学

組織紹介

医学専攻 病態制御医学系:内分泌・代謝・老年内科学講座の概要

詳しくは、当該 医学専攻 病態制御医学系:内分泌・代謝・老年内科学講座 ホームページをご覧ください。

※この情報は、平成3004月現在の状況です。

構成員の紹介

教授 山田 祐一郎 Yuichiro YAMADA
准教授 藤田 浩樹 Hiroki FUJITA
講師 森井 宰 Tsukasa MORII
助教 佐藤 雄大 Takehiro SATO
 

教育と研究の概要

主な担当授業

講義 3年 内科学 内分泌代謝・老年を分担
臨床講義
臨床実習
   いずれも糖尿病を中心とした内分泌代謝病学を担当

主な研究対象

糖尿病の新しい治療法に関する研究
糖尿病性腎症の発症進展機序の解明に関する研究
糖尿病性腎症の進展防止のための治療法の確立に関する研究

医学専攻 病態制御医学系:内分泌・代謝・老年内科学講座の概要

平成7年度より実質的に活動を立ち上げ、現在教授1,準教授1,講師1,助教1,に加え、医員・大学院生など13名。
内科の一部として、糖尿病や甲状腺を中心とする代謝・内分泌疾患の診療を担当、病棟は第2病棟2階にある。
研究では現在日本でも急増している糖尿病に関し、消化管因子に着目した新たな治療法の開発や、糖尿病の合併症である腎症に関し、いかにして末期腎不全にいたらしめないか、というテーマで治療法や新たな早期診断法の確立に取り組んでいる。基礎的研究もこれに立脚したことで取り組んでいる。