医学専攻 病態制御医学系:麻酔・蘇生・疼痛管理学講座|組織一覧|大学院医学系研究科|大学院 / 学部|秋田大学 大学院医学系研究科・医学部

麻酔・蘇生・疼痛管理学

組織紹介

医学専攻 病態制御医学系:麻酔・蘇生・疼痛管理学講座の概要

詳しくは、当該 医学専攻 病態制御医学系:麻酔・蘇生・疼痛管理学講座 ホームページをご覧ください。

※この情報は、平成2908月現在の状況です。

構成員の紹介

教授 西川 俊昭 Toshiaki NISHIKAWA
病院教授 堀口 剛 Takashi HORIGUCHI
准教授 木村 哲 Tetsu KIMURA
講師 合谷木 徹 Toru GOYAGI
助教 長崎 剛 Go NAGASAKI
助教 安部 恭子 Kyoko ABE
助教 佐藤 浩司 Koji SATO
助教 中島 麻衣子 Maiko NAKAJIMA
助教 安達 真梨子 Mariko ADACHI
助教 真崎 容子 Yoko MASAKI
助教 堀越 雄太 Yuta HORIKOSHI
医員 山本 夏子 Natsuko YAMAMOTO
医員 吉本 正志 Masashi YOSHIMOTO
医員 小玉 早穂子 Sahoko KODAMA
医員 佐藤 結香 Yuka SATO
医員 厨川 千香 Chika KURIYAGAWA
医員 清水 佳甫 Yoshimoto SHIMIZU
医員 今野 俊宏 Toshihiro KONNO
医員 根本 晃 Akira NEMOTO
医員 水野 香菜 Kana MIZUNO
医員 仙波 由布子 Yuko SENBA
     

教育と研究の概要

主な担当授業

主な学部の授業
  講義等:麻酔学・蘇生学・集中治療医学・疼痛管理医学・周術期管理医学
  実習等:臨床麻酔学実習
主な大学院の授業
  講義等:麻酔学特論
  実習等:麻酔学実習

主な研究対象

主な研究内容
1.麻酔薬とα2作動薬の相互作用に関する臨床研究
2.麻酔薬が種々の循環反射に及ぼす影響に関する臨床研究
3.術後鎮痛に関する臨床研究
4.肺循環の病態生理に関する基礎研究
5.脳循環と虚血に関する基礎研究

医学専攻 病態制御医学系:麻酔・蘇生・疼痛管理学講座の概要

 麻酔学は、外科手術等に伴う疼痛等の侵襲から患者を守り安全かつ効果的な周術期管理を含めた集中治療医学を提供するほか、脳心肺蘇生法の探求、及び疼痛患者の痛みからの解放を目指す臨床医学である。
 学部学生に対する教育では、麻酔学に関する知識、技能、態度という三種類のバランスのとれた基礎能力を養うために、講義、実習、課題研究レポートの作成を通じて教育目標への到達を目指す。4年次から5年次の1学期までは、麻酔学、蘇生学、集中治療医学、疼痛管理医学、周術期管理医学に関する基本事項について講義で系統的に学ぶ。同時にこの期間、プレBSTにて中央手術部、集中治療部およびペインクリニックでの実際の診療を見学し基礎的知識を深める。5年次2学期から6年次1学期までの臨床実習では、周術期管理および疼痛管理医学等について、実際の診療を通じて指導教官と討議を行い、初歩的診断及び治療を立案できる技能を養う。
 研究活動では、上記のような種々の臨床および基礎研究が進行中である。国内外の学会ならびに多くの英文一流誌にその業績が発表されている。
 診療面では、一部の局所麻酔手術以外のすべての手術症例の麻酔管理を行っている。重篤な合併症を有する症例や非常に複雑な手術、といった県内の他病院では対応不能な手術症例の麻酔管理に24時間体制で取り組んでいる。また集中治療部での呼吸管理などにも必要に応じて関与している。疼痛外来(ペインクリニック外来)では月〜金曜日まで新患を受け付けており、種々の痛みに悩む患者の疼痛除去に努めている。