使用承認核種・数量一覧

平成29年2月改正

非密封放射性同位元素

  一日最大使用数量 三月間使用数量 年間使用数量
H-3 1,110(1,110) 11,100(5,550) 11,100(11,100)
C-14 74(74) 5,550(1,850) 5,550(5,550)
Na-22 3.7 37 37
P-32 1,110(185) 7,400(1,850) 14,800(3,700)
P-33 370 3,700 3,700
S-35 370 3,700 5,500
Cl-36 37 370 370
Ca-45 37(37) 370(370) 370
Cr-51 370 7,400 7,400
Fe-55 3.7 288.6 370
Fe-59 3.7 288.6 370
Cu-64 37 370 370
Rb-86 3.7 288.6 370
Tc-99m 1,110 11,100(11,100) 11,100
I-125 111 555(18.5) 2,220
  • 数量単位:MBq
  • 遺伝子組換実験室における使用核種は H-3, C-14, P-32, S-35 とする。
  • 動物実験室における使用核種は H-3, C-14, P-32, Ca-45, TC-99m, I-125 とし、使用数量はカッコ内の数量とする。
  • 測定室, 無菌室, 暗室においては、一日最大使用数量を1/10に規制する。

 


密封放射性同位元素

  一日最大使用数量 三月間使用数量 年間使用数量
I-125 306 1,836 4,728

 

  • 数量単位:MBq
  • 使用可能な密封小線源は日本メジフィジックスのセラAgX100のみである。
  • 密封小線源を使用可能な動物種はマウスのみである。