専門医育成プログラム

脳神経外科医師を目指している先生方へ

秋田大学脳神経外科では卒後臨床研修制度による初期研修を終了された方で、脳神経外科の専門研修の希望者を募集しています。

もちろん、専門分野を決めずに後期研修に参加されていた方で、脳神経外科をやってみたいという方も歓迎します。

秋田大学脳神経外科として作成した専門(後期)研修プログラムは脳神経外科医を目指すあらゆるニーズにお答えできると考えています。

研修プログラム詳細については秋田大学医学部付属病院 総合臨床教育研修センターを参照してください。

簡単に述べますと“脳神経外科専門医として”、

  1. 高度先進分野でのキャリア獲得を目指す方。
  2. 第一線の地域医療での活躍を目指す方。
  3. 臨床力に加えて研究でもキャリアアップを目指す方。

など、あらゆる脳神経外科を専門としたい医師・先生方の希望を叶えられる体制があります。まだ脳神経外科専門医となるか決めていないけれども、興味があるので後期研修として2-3年頑張ってみたいという方、ある程度研修してから最終決定をしたいという方もどうぞご相談ください。

日本脳神経外科学会作成のパンフレットhttp://jns.umin.ac.jp/residents/files/pamphlet.pdfを参照いただければ、脳神経外科についてさらに深くご理解いただけるものと思います。脳神経外科の診療体制・現況・最近の進歩・今後、脳神経外科専門医への過程・Q&A・メッセージが含まれ、やさしく解説されています。興味がある先生はぜひ直接脳神経外科学講座 nogeka@med.akita-u.ac.jp 電話 018-884-6140(医局)、FAX:018-836-2616(医局)まで気軽にお問い合わせください。

聞いておきたいQ&Aコーナー

Q: 夏休み・正月休みなど長期休暇はとれますか?
A: 夏休み・正月休み・ゴールデウィークなどは医局員全員で協力して休んでいます。医局員が、休暇中の先生の仕事を分担することで日常の業務に支障を来たさず行っています。その休みを利用して海外・国内旅行する人・実験にいそしむ人などさまざまです。もちろんハネムーン休暇も可能です。
Q: 土曜・日曜・祭日の休みはありますか?
A: 土曜・日曜・祭日も入院患者さんがいらっしゃいますので回診・診療を行っています。たいていは午後からは比較的自由に使えますが常にオンコール体制で、PHSなどで連絡をとれるようにしています。但し、結婚式、葬式などはもちろん、家庭の事情などで休むことは可能です。お互いに融通しあっています。
Q: 給料はどのくらいもらえますか?
A: 十分貯金できるぐらい収入があります。ホームページでの掲載は控えさせていただきます。詳しくは見学にいらしたときに説明することになるでしょう。
Q: 脳神経外科専門医になってやっていけるかどうか不安です、どうしたらいいでしょうか?
A: 心配いりません。秋田大学脳神経外科の一員として診療・手術を行っているうちに不安は解消され、自信となるでしょう。一員となってからも、不安に感じた場合に備えて、相談しやすい環境づくりを心がけています。
Q: 開業できますか?
A: 開業した先輩もいらっしゃいます。その先生に相談もできます。
Q: 女性でもできますか?育児・出産支援制度はありますか?
A: 女性の脳神経外科医もいます、全国的にも増えています。女性医師大歓迎です。医局では結婚・出産・育児については個別に相談していますが、このことについては積極的に取り組もうと考えています。

ぜひ、多くの先生方が秋田大学脳神経外科で後期研修をされますよう、お待ちしております。

秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター

詳細にについては、秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センターをご覧ください
(リンクをクリックすると、新しいブラウザでサイトを開きます)。

研修に関する連絡先

  • 〒〒010-8543 秋田市広面字蓮沼44番2
  • 秋田大学医学部附属病院 総合臨床教育研修センター
  • TEL:018-884-6233
  • FAX:018-834-8619
  • E-mail:kenshuu@hos.akita-u.ac.jp