現在位置:トップページ>研修医/医学生|入局案内

専門医育成プログラム

秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター
http://www.hos.akita-u.ac.jp/pct/

専門医育成プログラムについては、 秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター にある 専門医育成プログラムをご覧ください(リンクをクリックすると、新しいブラウザでサイトを開きます)。

研修に関する連絡先

  • 〒010-8543 秋田市本道一丁目1-1
  • 秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター(医学部総務課内)
  • TEL:018-884-6233
  • FAX:018-834-8619
  • E-mail:kenshuu@hos.akita-u.ac.jp

秋田大皮膚科・形成外科への入局・後期研修を考えている皆さんへ

●私たちの教室
私たちの教室はオープンで和やかな雰囲気が特徴です。
出身大学あるいは経歴(他科からの転向など)にこだわることのない、分け隔てない医局の環境も自慢です。
私たちの教室では2つの目標があります。
(1)しっかりと臨床を行い、一人前の「オールラウンドプレーヤー」となる、
(2)さらに誰にも負けないサブスペシャリティを持つ、ことです。
(1)は自ら初診から検査の計画・実施、治療、病理診断、術後の経過観察、終末期医療まで一貫して行うことのできるスキルを身につけます。 その中には皮膚外科も含まれ、形成外科専門医による指導も受けることができるため、 皮膚内科・皮膚外科の両方のトレーニングをしっかりと受けることができます。これによって、最短の専門医取得が可能になっています。 豊富な症例数により、学会発表や論文執筆のチャンスも初年度から充分にあり、 やさしい?先輩が屋根瓦式の指導体制で、学会発表や論文執筆を手厚く指導しています。
(2)は、いわゆる実験的な研究を行えば、そのテーマがまさに専門分野になります。 別の道もあります。専門外来を担当するなどして、ある疾患の患者さんをたくさん診療することで、その分野の専門家を目指します。
研究は、思いっきり研究がしたいなら、大学院に入学して充分に研究時間を確保してじっくりと、臨床と研究の両立を目指しているなら、 社会人大学院生で頑張るという2つのコースがあります。みんな、それぞれのペースで学位を取得しています。 研究して、新しい発見をしたい、大学で教官として活躍したい、というひとはもちろん、「学位取得」もとても大きな目標です。 どの目標でもぜひ一緒に研究をしましょう。皮膚科医としての大きな目標は「オールラウンドプレーヤー」と「スペシャリスト」でしたが、 医師としての大きな目標の1つは「physician scientist」です。 それには、大学院での研究経験はとてもよい機会です。とくに近年では分子標的薬や生物学的製剤など基礎研究から直結して新しい薬が開発されています。 それをしっかりと理解して、安全に使用するために、基礎医学的な知識がこれまで以上重要になっています。長い医師人生の中で、一度は基礎研究を経験し、 「physician scientist」になりましょう!

●教室見学
秋田大学皮膚科・形成外科では年齢・経歴・出身大学を問わず、皮膚科に興味のある先生をお待ちしております。 皮膚科への転向を考えていらっしゃる先生も歓迎いたします。
教室見学はいつでもできます。学生さんも研修医の方も、ご興味のある方は是非とも一度見学にいらっしゃってください。まずはお問い合わせを!
連絡先:医局長 加藤真紀までメールでご連絡ください。
Mail:dermatol@med.akita-u.ac.jp