トップページ臨床の紹介>脊椎グループ

脊椎グループ

高齢者が増加している今日、特に脊椎・脊髄に関する疾患が増加しています。

脊椎・脊髄疾患は、若年者から高齢者まであらゆる年代において生活の質(Quality of life:QOL)を低下させるため、秋田大学整形外科脊椎グループでは薬物治療や、運動療法などの保存療法から手術療法まで幅広く治療し、QOLの維持・改善を図っています。特に手術療法では、安全で低侵襲な手術に積極的に取り組んでいます。

主に扱っている疾患

変性疾患
頚椎症(神経根症・脊髄症)、頚椎椎間板ヘルニア、胸椎症、脊柱靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離・すべり症、腰椎分離症(スポーツ障害)など
脊柱変形
成人脊柱変形(変性後側弯症、後弯症)、思春期特発性側弯症、早期発症側弯症、症候性側弯症
腫瘍性疾患
原発性脊椎腫瘍、転移性脊椎腫瘍、脊髄腫瘍など
外傷
脊椎・脊髄損傷、脊椎脱臼・骨折、骨粗鬆症性骨折(圧迫骨折、破裂骨折)など
その他
脊椎感染症、関節リウマチ(環軸椎亜脱臼)、透析性脊椎症など

外来診療および手術日

月曜日 新規患者、脊椎脊髄・骨粗鬆症外来
火曜日 脊椎外来、側弯症外来
水曜日 新規患者、脊椎脊髄外来
木曜日 手術日
金曜日 手術日

手術治療およびその内容

当科は、一般社団法人日本脊椎脊髄病学会が定めた脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設に認定されています。脊椎脊髄手術が3年間連続し100例以上であること、教育研修指導医である日本脊椎脊髄外科指導医が常勤で勤務する施設であることや学術活動等の基準をクリアした施設に認められるものです。また、指導医のもとで常に患者の治療責任を持てる環境にある病院および十分な脊椎脊髄手術の訓練ができる研修制度、環境を備えた病院であることが付帯条件として定められています。


変性疾患
薬物療法やリハビリテーションで改善が得られない場合、手術を行います。
腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症に対しては、棘突起縦割式椎弓形成術、内視鏡下椎弓切除術(MEL)や後方椎体間固定術(PLIF)を状態に応じて選択し、低侵襲かつ安全な手術を行います。
また、腰椎椎間板ヘルニアに対しては、内視鏡下椎間板摘出術(MED)を行い、早期社会復帰を目指します(入院期間:5-7日)。希望に応じ、椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)(日帰りまたは1泊)を用います。
頚椎疾患
薬物治療や、装具療法、ブロック療法(超音波ガイド下)など保存療法でも症状が 改善しない場合、手術を行います。
脊柱管拡大術(椎弓形成術)では、独自にデザインしたスペーサーを用いています。不安定性の生じた症例や変形のある症例では、椎弓根・外側塊スクリューを用いた後方固定術、または前方固定術などを施行し、良好な成績を得ています。
成人脊柱変形・骨粗鬆症性椎体骨折
高齢化に伴い増加する骨粗鬆症や脊柱後側弯変形に対して様々な取り組みをしています。
薬剤やコルセットによる保存療法をまず行います。運動療法によるQOLの改善にも積極的に取り組んでいます。症状が進行したり、脊柱変形のため日常生活障害が強く、立位や歩行が困難な場合には後方固定術や、低侵襲の側方からの椎体間固定術を併用した脊椎インストゥルメンテーションを用いた矯正固定術を行い、早期の社会復帰を目指します。
骨粗鬆症や脊椎変性疾患、成人脊柱変形
側弯症
秋田県全域でモアレ法を用いた小中学生の関中学校検診を行っています。中等度のものは装具療法により進行を予防します。しかし、変形が進行する症例に対しては、後方または前方からの矯正固定術を行っています。安全性確保のため脊髄神経モニタリングを併用しながら手術を行っています。
乳幼児に発症する早期発症側弯症では、グローイングロッド法を用いて、脊椎を固定せずに骨が成熟するまでの間、成長に合わせて脊椎を徐々に伸ばしていきます。
腫瘍性疾患
腫瘍性疾患
原発性脊椎腫瘍に対しては、悪性でも単発なものは脊椎全摘術を行います。転移性脊椎腫瘍に対しては、転移性骨腫瘍ボードなど関連各科と連携をとりながら、化学療法や放射線治療を併用した脊椎インストゥルメンテーションを用いた腫瘍摘出・除圧固定術を行っています。
脊髄腫瘍に対しては、顕微鏡下での腫瘍摘出術を行っています。
外傷
外傷
脊椎・脊髄損傷に対しては、除圧固定術を行い、早期リハビリテーション・社会復帰を目指します。経皮的椎弓根スクリュー(PPS)を用いることで手術侵襲軽減に努めます。
脊髄損傷に対しては、脊髄再生医療(ステミラック注)を、札幌医科大学についで国内2施設目として、取り組んでおります。

スタッフ

脊椎グループ
  • 宮腰尚久(Naohisa Miyakoshi)
  • 本郷道生(Michio Hongo)
  • 粕川雄司(Yuji Kasukawa)
  • 工藤大輔(Daisuke Kudo)
  • 木下隼人(Hayato kinoshita)
  • 木村竜太(Ryota Kimura)

整形外科学講座メニュー