秋田大学大学院医学系研究科 消化器外科学講座(旧第一外科)

研究の紹介

臨床研究

1. 節無し膵管チューブを用いた膵空腸吻合部関連合併症の改善:山本雄造、吉岡政人(▼タイトルをクリックで本文が開閉します)

膵頭部癌や胆管癌を治療するために、手術によって腫瘍を摘出することが唯一の根治治療です。膵頭部癌や中下部胆管癌に対し膵頭十二指腸切除術が行われますが、術後合併症のうち、膵空腸吻合部の縫合不全は、いったん起こるとその処置は難しく、特に高齢者の場合は致命的な結果を招くことが少なくありません。そこで、膵腸吻合部にできるだけ膵液がかからず、膵液を極力体外へ排出するために1985年に開発されたものが、現在用いられている膵管チューブです(図)。

これは先端から3cmの部位に節があり、節を含めて膵管内に留置し、膵液の完全外瘻を目的とし、節近傍を固定することにより多少の牽引でも抜けず、固定を吸収糸で行うことにより、吻合部に負荷をかけないように工夫されたチューブです。しかしながら膵液を完全外瘻することはチューブ閉塞時の膵炎発症と膵空調吻合部の縫合不全に繋がるため、完全外瘻にしない吻合を行うのが一般的となってきました。それに伴い、節があることによって1)膵液の流れを悪くし、膵炎が発症すること、2)縫合不全が誘導されること、3)節から先が短いため、膵管内から抜けることがあること、4)穴の数が少ないためチューブが詰まり易く、縫合不全へとつながる、5)抜去時節に掛り、チューブの切断が生じる、などのチューブに関連した合併症が存在します。そこで今回我々は、先の膵管チューブを開発した住友ベークライトに、これまでのチューブと同じ素材を用い、1)節を無くす、2)小孔を7 cmの部位まで開け多孔にし、詰まりにくい状態にした新たなチューブ作製を依頼し、臨床研究として、その有用性を検討中です。(秋田大学倫理委員会承認:No. 1092)

2. 切除不能進行(再発)胆管癌に対する新規腫瘍関連抗原由来エピトープペプチドを用いた腫瘍特異的ワクチン療法(第1相臨床試験):打波 宇(▼タイトルをクリックで本文が開閉します)

手術が不可能なほど進行した胆道がんに対しては、主に抗がん剤治療が行われますが、治療効果は決して満足できるものではありません。さらに、抗がん剤の種類も今のところジェムザール、シスプラチン、TS-1の3種類しかありません。この現状を打破すべく、当科では、胆道がんの細胞を攻撃する自分の体内に存在するリンパ球を増やすことで、がんの縮小化を図る、「がんワクチン療法」の臨床試験を行い、新しい治療法の確立を目指しています。この臨床試験は秋田大学倫理委員会に承認されており、米国の臨床試験情報サイトにも登録しています(ClinicalTrials. Gov: NCT00624182)。

3. 進行胃がんに対する術前化学療法(neoadjuvant chemotherapy: NAC)の試み:飯田正毅(▼タイトルをクリックで本文が開閉します)

進行胃がんに対しては、特にStage III以上の進行度が予想される場合、手術のみで治る可能性が50%以下と非常に悪いため、手術前にも抗がん剤治療を行う試みをしています。近年、胃がんに対する抗がん剤治療は飛躍的に進歩していますが、がんを完治できる手段は手術しかありません。かつては治り難いといわれていた進行胃がんであっても、手術治療と抗がん剤治療の組み合わせにより完治できるようになることを期待しています。

その他の臨床研究(秋田大学倫理委員会承認を得た研究)

1. 膵腫瘍の良悪性鑑別におけるFDG-PETの有用性 (秋田大学倫理委員会承認:No. 1223)

2. 膵・消化管および肺・気管支・胸腺神経内分泌腫瘍の患者悉皆登録研究 (多施設共同研究、秋田大学倫理委員会承認:No. 1268)

3. 膵β細胞数予測におけるSUIT指数測定の有用性:膵切除に伴う膵volumeの変化との検討 (秋田大学倫理委員会承認:No. 1300)

4. 門脈グラフト内ヘパリン用カテーテル留置と腸骨静脈人工血管グラフト留置の有用性 (秋田大学倫理委員会承認:No. 1301)

5. MRI拡散強調画像におけるADC値およびFDG-PET画像におけるSUV値を用いた悪性腫瘍の病理組織学的分化度予測についての検討 (秋田大学倫理委員会承認:No. 1303)

6. 周術期ヘパリン化の有用性:効果・副作用に関する検討 (秋田大学倫理委員会承認:No. 1304)

7. 腫瘍硬度と悪性度判定および線維化の硬度判定について:MRI拡散強調画像におけるADC値とARFIによる組織硬度測定から (秋田大学倫理委員会承認:No. 1305)

8. 下大静脈腫瘍栓あるいは右心房内腫瘍栓をともなう肝腫瘍に対する腫瘍栓摘出術をともなう拡大肝切除術の安全性および有効性の検討 (秋田大学倫理委員会承認:No. 1391)

9. Associating Liver Partition and Portal vein ligation for Staged hepatectomy(ALPPS)手術療法の安全性と有用性の検討 (秋田大学倫理委員会承認:No. 1436)

Page Top