秋田大学大学院医学系研究科 消化器外科学講座(旧第一外科)

ご挨拶

教授
教授  山本 雄造

秋田大学消化器外科ホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

私たちは医学部附属病院において、胃・小腸・大腸の消化管や、肝臓・胆道(胆嚢と胆管)・すい臓・ひ臓など腹腔内臓器の疾患に対して、外科治療を中心に、熱意を持って診療を進めております。外科指導医/専門医・消化器外科指導医/専門医・消化器がん外科治療専門医・肝胆膵(すい)外科高度技能指導医/専門医・日本がん治療認定医機構暫定教育医/認定医・日本大腸肛門病学会大腸肛門病指導医・専門医・日本消化器病学会専門医・日本移植学会移植認定医が所属しており、高度で安全性の高い良質な診療を提供しております。術前の説明においては「執刀医の顔が見える手術」をモットーに、責任執刀医自身から患者様にご病気や治療法について十分にご理解いただけるように、時間をかけて丁寧な説明を心がけています。また、診断ならびに手術以外の治療法(放射線治療や抗がん剤治療)に関して消化器内科・放射線科・化学療法部など関連する診療科と毎週合同カンファレンスを実施しております。術前診断が難しかった症例については術後に、診断が正しかったかどうか、手術の精度が適切であったどうかなどを病理診断科とのカンファレンスにより検証しています。

消化器外科の日常診療においては、個々の患者さんの立場にたった医療に貢献することを心がけとし、研究面にあっては、生命科学への強い探究心により未来の外科医療を発展させることに使命感を抱く人材を理想の外科医師像としています。外科手術という治療方法は患者さんに一定のリスクを負わせることが前提となります。よかれと思って行う処置にも拘らず、不幸な結果が導き出される危険性が手術には潜んでいます。ここに全幅の信頼をおいて治療をゆだねてこられる患者さんに外科医が応えてゆける唯一の方法は「この患者さんにとっての最良の方法は何か」ということを常に考え、患者さんも医師もあとで後悔することのない治療方針を立て、全力投球すること以外にないと考えます。ひとりひとりの患者さんの病態と患者さんの望むものは千差万別です。科学的な考え方に基盤をおいた個別化した治療方針が主治医より患者さんに説明され、それに基づいた治療が遂行されてゆくことが インフォームド・コンセントであり、納得のゆく医療であろうと思います。現時点の標準治療に安住せず、「もっと患者さんのメリットになる方法はないか。」と模索し続けることを信条としております。これが「臨床から研究へ」の原点でもあり、ここに医学の出発点をおくことで初めて「研究から臨床」に還元できる最先端医療の開発へと道が繋がるものと信じております。

大学病院のもう一つの重要な使命は若手医師の育成です。秋田県の地域医療についてはひとりでも多くの若い医師を消化器外科専門医として育てる事が急務です。彼等が指導医として地域の病院に配置されてゆくことにより、その次の世代が地域の各病院で専門医に育ってゆける体制を構築しなければなりません。現在、大学のスタッフ数も十分ではありませんが、このサイクルを活性化するために当講座で内視鏡外科学会の技術認定を取得された或る先輩は症例の多い関連病院で後輩の内視鏡手術(腹腔鏡手術)の指導に当たっています。大学内では時間を惜しんで大学病院内での学生や研修医の教育に力を入れ、外科の魅力を感じて仲間に入ってもらえるよう最大限の努力をしております。外科医になるための適性というのはもちろんある程度はありますが、学生の皆さんが考えているような「体力がある」だとか、「手先が器用だ」といような特殊でハードルの高いものでは決してありません。技術の習得は好きでやっていれば必ずついてきます。患者さんを思う気持ちと同僚と協力する仲間意識、それに、「カッコいい」だとか、「工夫が好きだ」というようなものがあれば十分です。私たち自身も明日には今日の手術よりも良い手術ができることを目指して未だに日々切磋琢磨を続けています。消化器外科は腹部内臓のほとんどの臓器を対象とする幅の広い領域をカバーする外科であり、それぞれの臓器の病態が緊密に絡んでいます。このため、より良い手術を提供するためにはまだまだ解決・工夫をしなければならないところが残されています。一緒にこの課題に挑戦する仲間に入ってくれる若者を待っています。

Page Top