多様なニーズに対応する『がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)』 未来がん医療プロフェッショナル養成プラン[秋田大学]多様なニーズに対応する『がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)』 未来がん医療プロフェッショナル養成プラン[秋田大学]

MENU
トップページ>養成コース

養成コース

2017年度より「多様な新ニーズに対応する『がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)』養成プラン」』による「未来がん医療プロフェッショナル養成プラン」が始まりました。

本研究科では、4つの教育プログラム・コースがあります。

1.博士課程:「患者に優しいプレシジョン医療を実践できるがん専門医療人養成コース」

本コースでは、従来のがん専門医療人に必要とされる知識、技量に加えて、がんゲノムやがん生物学などの基礎医学を理解し、その成果を臨床にいち早く応用することができる医療者や、がん患者の身体状況や腫瘍の特性に立脚したプレシジョン医療を実践できる医療者の養成を目指します。

2.博士課程:「レアキャンサーを担当できるがん専門医療人養成コース」

本コースでは、レアキャンサーとされる生殖器、血液、皮膚、骨軟部組織、頭頸部、口腔などの領域や小児に発生する悪性腫瘍に対して、がんゲノムやがん生物学などの基礎医学を理解し、その成果である新たな分子標的治療臨床を実践することができる医療者や、がん患者の身体状況や腫瘍の特性に立脚したプレシジョン医療を実践できる医療者の養成を目指します。

3.修士課程:「患者に優しいプレシジョンがん治療を実践できる薬剤師を養成するコース」

本コースでは、薬学部を卒業した学生に高次のがん薬物療法の知識やスキルを教授します。従来のがん専門医療人に必要とされる知識、技量に加えて、がんゲノムやがん生物学などの基礎医学を理解し、その成果を臨床にいち早く応用することができる薬剤師や、がん患者の身体状況や腫瘍の特性に立脚したプレシジョン医療を実践できる薬剤師の養成を目指します。

4.インテンシブコース:「がん患者のライフスタイルに寄り添うことのできる専門的医療人養成コース」

全国一の高齢化率を示し、広大な地域に患者が点在する秋田県において、がん患者のライフスタイルに応じた医療の提供体制の整備が不可欠であり、これらを提供できるがん医療専門医療人の養成は重要です。

本コースでは、本県で必要とされる緩和ケア医、サイコオンコロジスト、在宅医、訪問薬剤師、訪問看護師、がん相談員、認定遺伝カウンセラー、臨床心理士、社会福祉士、栄養士、理学療法士などを養成する整備の一環として、インテンシブコースを設けて知識やスキルの向上や啓蒙にあたり、これらを通じて医療人の輩出を誘導することを目指します。

インテンシブコースの詳細は、こちらをご覧ください。