バイオサイエンス教育・研究センター
     

 動物実験部門の関信輔助教の研究テーマが、JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)令和2年度
 「研究成果最適展開支援プログラム」事業(A-STEPトライアウト)に採択されました。

  テーマ名:急速融解による実験動物哺乳類1細胞期胚凍結保存法の高度化
  事業期間:2020年10月〜2022年3月

  【研究概要】
   哺乳類の動物実験において、凍結胚の有効活用できれば研究のスピードアップが期待されること
   から、本事業では凍結胚の急速融解の操作方法を簡素化し、安価な凍結保存用のチューブを用い
   哺乳類胚凍結保存法の高度化を目指す。

  研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)ホームページはこちら