トピックス202211/15火曜日

 

情報制御学・実験治療学講座 前田 深春 助教が日本生化学会による『柿内三郎記念奨励研究賞』を受賞しました。

「柿内三郎記念奨励研究賞」は、日本生化学会による生化学分野の優秀な研究計画を支援するものである。今回、2022年度の受賞対象として、医学系研究科 情報制御学・実験治療学講座 前田深春助教による「小胞体出芽部位(ERES)形成機構の解析」が採択された。本研究は、細胞がホルモンや受容体などを分泌する仕組みを分子レベルで明らかにすることを目的としており、本研究による成果は、様々な疾患の病態理解や治療法の開発へとつながる可能性が期待される。

https://www.jbsoc.or.jp/support/kakiuchi