トピックス 2022 7/21木曜日

 

総合診療医センターの入江 康仁 特任助教の学術論文が国際誌『Traditional & Kampo Medicine』で年間で最も読まれた論文に選ばれました。

論文タイトル

Three mild cases of coronavirus disease 2019 treated with saikatsugekito, a Japanese herbal medicine

著者名

Yasuhito Irie, Hajime Nakae, Shin Fukui

掲載誌

TRADITIONAL & KAMPO MEDICINE

研究等概要

軽症・中等症のCOVID-19の症状緩和に柴葛解肌湯が有用である可能性を世界で初めて報告した論文です。柴葛解肌湯はスペイン風邪でも効力を発揮したといわれる漢方薬で、葛根湯+小柴胡湯加桔梗石膏で代用できます。入江特任助教は発表後も症例を集積し、その成果についてはTreatment of coronavirus disease 2019 with saikatsugekito: A case seriesとして同じくTraditional & Kampo Medicineに報告しています(https://doi.org/10.1002/tkm2.1290)。現在も世界を席巻しているCOVID-19に対して、漢方治療も貢献できることを示唆したことが、多くの研究者の目を引いたものと思われます。

参考URL

https://doi.org/10.1002/tkm2.1261
https://doi.org/10.1002/tkm2.1290

参考画像

Top Downloaded Article