トピックス 2022 3/17木曜日

 

The New England Journal of Medicine誌にグローバル治験結果「切除不能な進行または転移性食道扁平上皮がんに対するニボルマブ併用療法」を報告

秋田大学医学部附属病院が、大阪大学医学部附属病院、国立がん研究センター中央病院などと共に主施設として参加した、国際共同第III層試験(CheckMate -648試験)により、切除不能な進行または転移性食道扁平上皮がん患者さんを対象に、ニボルマブと化学療法(フルオロウラシルとシスプラチン)の併用療法およびニボルマブとイピリムマブの併用療法を行うことで、全生存期間(生存率)が化学療法を実施した場合と比較して統計学的に有意かつ臨床的に意義のある延長を示すことが示されました。当院では医学系研究科の本山悟教授が研究代表者となり試験を実施し、共著者となりました。昨年4月に同じくNew England Journal of Medicine誌(doi: 10.1056/NEJMoa2032125)に掲載された、「食道がんおよび食道胃接合部がんに対する補助ニボルマブ療法」に引き続き、食道がんおよび食道胃接合部がん患者さんに対する新規治療の開発に貢献しました。

<論文タイトル> Nivolumab plus Chemotherapy or Ipilimumab in Advanced Esophageal Squamous Cell Carcinoma

<掲載雑誌> N Engl J Med 2022;386:449-62 DOI: 10.1056/NEJMoa2111380
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa2111380?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%20%200pubmed
QUICK TAKE
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa2111380?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%20%200pubmed

<論文著者> Doki Y, Ajani JA, Kato K, Xu J, Wyrwicz L, Motoyama S, Ogata T, Kawakami H, Hsu CH, Adenis A, el Hajbi F, Bartolomeo MD, Braghiroli MI, Holtved E, Ostoich SA, Kim HR, Ueno M, Mansoor W, Yang WC, Liu T, Bridgewater J, Makino T, Xynos I, Liu X, Lei M, Kondo K, Patel A, Gricar J, Chau I, Kitagawa Y.
<論文掲載日> 2022年2月3日