トップページインクレチン研究

インクレチン研究

インクレチンとは

インクレチンに関する研究/山田祐一郎

新しい糖尿病治療薬として近年最も着目されているインクレチンに関する基礎あるいは臨床研究の成果をご紹介いたします。

インクレチンの多彩な働き

インクレチンの多彩な働き

インクレチンとは

「インクレチン」は、もともと消化管で合成され、食事摂取に伴い分泌され、膵β細胞に作用しインスリン分泌を促進する因子の総称です。GIPとGLP-1の2種類があります。これらはいずれも血中でDPP-4という蛋白分解酵素によって分解され、ごく一部のみが標的細胞に到達して、作用を発揮します。

©Akita University School of Medicine/Department of Endocrinology and Diabetes and Geriatric Medicine
秋田大学大学院医学系研究科 医学専攻 病態制御医学系 内分泌・代謝・老年内科学講座