トップページ>業績|2012年

業績

2014年度 業績

1) 受賞歴

  1. 藤田浩樹:日本糖尿病合併症学会(Young Investigator Award)

2) 原著論文

  1. Narita T, Yokoyama H, Yamashita R, Sato T, Hosoba M, Morii T, Fujita H, Tsukiyama K, Yamada Y (2012) Comparisons of the effects of 12-week administration of miglitol and voglibose on the responses of plasma incretins after a mixed meal in Japanese type 2 diabetic patients. Diabetes Obes Metab;14:283-287.
  2. Fujita H, Fujishima H, Morii T, Sakamoto T, Komatsu K, Hosoba M, Narita T, Takahashi K, Takahashi T, Yamada Y (2012) Modulation of renal superoxide dismutase by telmisartan therapy in C57BL/6-Ins2(Akita) diabetic mice. Hypertens Res;35:213-220.
  3. 藤田浩樹(2012)糖尿病性腎症に対する抗酸化防御機構の解明.Akita J Med;38:97-104.(平成23年度秋田医学会学術賞受賞記念講演)
  4. 福岡勇樹,成田琢磨,小川正樹,佐藤朗,寺田幸弘,松田亜希奈,保泉学,梅津香織,佐藤雄大,石川素子,細葉美穂子,森井宰,藤田浩樹,山田祐一郎(2012)妊娠後期に尿崩症が顕在化した糖尿病合併妊娠の1例.糖尿病;55:335-339.(症例報告)
  5. Fujita H, Fujishima H, Takahashi K, Sato T, Shimizu T, Morii T, Shimizu T,Shirasawa T, Zhonghua Qi, Matthew D, Breyer, Raymond C.Harris, Yamada Y,Takahashi T(2012)SOD1,but not SOD3,deficiency accelerates diabetic renal injury in C57BL/6-Ins2(Akita)diabeticmice. METABOLISM CLINICAL AND EXPERIMENTAL;61:1714-1724

3) 学会発表

A)国際学会、国際シンポジウムなど

  1. 第9回IDF(国際糖尿病連合)西太平洋地区会議/第4回アジア糖尿病学会学術集会,11月,京都
    1. Fujita H(2012)Role of Antioxidant Defense System in Diabetic Nephropathy.(シンポジウム)
    2. Narita T, Sato T, Hosoba M, Morii T, Fujita H, Tsukiyama K and Yamada Y(2012) The Clinical Roles of Alpha-Glucosidase Inhibitor,as a Modulator of the Secretion of Incretins, in the Era of lncretin Therapy. (シンポジウム)
    3. Yamada Y, Miyachi A and Harada K(2012)Mass Spectrometry-Based Simultaneous Quantitation of Gastric Inhibitory Polypeptides GlP1-42 and GIP3-42 in Human Plasma.
    4. Morii T, Hosoba M, Fujita H, Tsukiyama K, Narita T and Yamada Y(2012) Liraglutide Added to Insulin Therapy in Poorly-Controlled Japanese Type 2 Diabetes.

B)国内学会

(a) 総会・年会

  1. 第15回日本病態栄養学会年次学術集会,1月,京都
    1. 伽羅谷千加子,三浦岳史,山田公子,佐々木直子,柳田仁子,佐々木美弥子,松岡幸子,渡部郁子,成田琢磨(2012)糖尿病外来通院中の糖尿病患者への栄養指導の効果と検討.
    2. 月山克史(2012)インクレチンからみた糖代謝・骨代謝の機能関連.(ワークショップ)
  2. 第85回日本内分泌学会学術総会,4月,名古屋
    1. 藤田浩樹(2012)GLP-1の腎保護作用とその作用機序の解明.
    2. 藤田浩樹(2012)テルミサルタンの抗酸化作用機序の解明.
  3. 第55回日本糖尿病学会年次学術集会,5月,横浜
    1. 山田祐一郎(2012)持続型GLP-1受容体作動薬の開発.(シンポジウム)
    2. 山田祐一郎(2012)インクレチンと2型糖尿病治療 その関連薬への期待と今後の展望.
    3. 三ヶ田敦史,小川和孝,森井宰,成田琢磨,山田祐一郎(2012)Wolfram症候群に対するGLP-1受容体作動薬の治療効果.
    4. 松永仁恵,田部勝也,太田安晴,奥屋茂,和田安彦,中尾雄三,山田祐一郎,雨宮伸,杉原茂孝,岡芳知,谷澤幸生(2012)断面調査に基づくWolfram症候群の実態解明.
    5. 大川哲司,神谷英紀,姫野龍仁,清野祐介,林良敬,加藤二郎,深見亜也子,藤谷淳,濱田洋司,恒川新,原田範雄,山田祐一郎,稲垣暢也,清野裕,大磯ユタカ,中村二郎(2012)GIPシグナルの末梢神経機能における役割の検討.
    6. 高嶋悟,下斗米孝之,保泉学,細葉美穂子,森井宰,藤田浩樹,月山克史,成田琢磨,山田祐一郎(2012)持続性モニター(CGM)で評価したリラグルチドの効果を規定する背景因子の検討.
    7. 森井宰,安藤清香,阿部妹子,保泉学,清水辰徳,三ヶ田敦史,佐藤雄大,石川素子,細葉美穂子,藤田浩樹,月山克史,成田琢磨,山田祐一郎(2012)インスリン療法中の2型糖尿病患者に対するリラグルチド併用療法の効果検討.
    8. 成田琢磨,安藤清香,藤田麻貴,清水辰徳,清水尚子,保泉学,佐藤雄大,菅沼由美,石川素子,三ヶ田敦史,細葉美穂子,森井宰,藤田浩樹,月山克史,山田祐一郎(2012)2型糖尿病患者の正常アルブミン尿範囲内での尿中アルブミン値は尿中8-OH-dG値と相関する.
    9. 清水辰徳,月山克史,佐藤雄大,大友和夫,藤田浩樹,山田祐一郎(2012)GIP受容体の膵外組織分布の検討と新たな膵外作用の検索.
    10. 佐藤雄大,月山克史,清水辰徳,藤田浩樹,山田祐一郎(2012)GLP-1は肺障害時の修復過程に関与する.
    11. 細葉美穂子,保泉学,安藤清香,三ヶ田敦史,清水辰徳,佐藤雄大,石川素子,中山眞紀,森井宰,藤田浩樹,月山克史,成田琢磨,山田祐一郎(2012)糖尿病性腎症患者の蛋白制限食に植物性蛋白を加えた際の腎機能変化の検討.
    12. 月山克史,清水辰徳,佐藤雄大,大友和夫,岡田恭司,塩谷隆信,細葉美穂子,森井宰,藤田浩樹,成田琢磨,山田祐一郎(2012)高脂肪食誘導性肥満マウスのインスリン抵抗性に対する運動療法の有効性(続報).
    13. 保泉学,森井宰,清水辰徳,藤田浩樹,佐藤雄大,石川素子,細葉美穂子,月山克史,成田琢磨,山田祐一郎(2012)高用量メトホルミン製剤の治療効果.
  4. 第33回日本肥満学会,10月,京都
    1. 森井宰(2012)インスリン療養中の2型糖尿病患者に対するリラグルチド併用療法の体重減少効果.
  5. 第27回日本糖尿病合併症学会/第18回日本糖尿病眼学会総会,11月,福岡
    1. 藤田浩樹(2012)糖尿病性腎症に対する抗酸化防御機構の解明.(Young Investigator Award)
©Akita University School of Medicine/Department of Endocrinology and Diabetes and Geriatric Medicine
秋田大学大学院医学系研究科 医学専攻 病態制御医学系 内分泌・代謝・老年内科学講座