トップページ>業績|2014年

業績

2014年度 業績

1) 受賞歴

  1. 佐藤 雄大:日本糖尿病協会若手研究助成

2) 原著論文

  1. Fujita H, Taniai H, Murayama H, Ohshiro H, Hayashi H, Sato S, Kikuchi N, Komatsu T, Komatsu K, Komatsu K, Narita T, Yamada Y.(2014)DPP-4 inhibition with alogliptin on top of angiotensin II type 1 receptor blockade ameliorates albuminuria via up-regulation of SDF-1α in type 2 diabetic patients with incipient nephropathy. Endocr J.61(2):159-66.
  2. Fujita H, Morii T, Fujishima H, Sato T, Shimizu T, Hosoba M, Tsukiyama K, Narita T, Takahashi T, Drucker DJ, Seino Y, Yamada Y.(2014)The protective roles of GLP-1R signaling in diabetic nephropathy: possible mechanism and therapeutic potential. Kidney Int. 85(3):579-589.
  3. Mikada A, Narita T, Yokoyama H, Yamashita R, Horikawa Y, Tsukiyama K, Yamada Y. (2014) Effects of miglitol,sitagliptin,and initial combination therapy withboth on plasma incretin responses to a mixed meal and visceral fat in over-weight Japanese patients with type 2 diabetes.‘‘The MASTER randomized,controlled trial”Diabetes Research and Clinical Practice.106:538-547.

3) 学会発表

A)国際学会、国際シンポジウムなど

  1. Homeostasis through development, life, and diseases,11月,群馬
    1. Sato T, Tsukiyama K, Shimizu K, Fujita H, Narita T, Yamada Y(2014)GLP-1 regulates cytokine expression in the lung of bleomycin induced lung injury.
  2. 第10回IDF(国際糖尿病連合)西太平洋地区会議/第6回アジア糖尿病学会学術集会,11月,シンガポール
    1. Sato T, Tsukiyama K, Shimizu K, Fujita H, Narita T, Yamada Y(2014)GLP-1 regulates cytokine expression in the lung of bleomycin induced lung injury.

B)国内学会

(a) 総会・年会

  1. 第16回日本病態栄養学会年次学術集会,1月,京都
    1. 山田祐一郎(2014)骨代謝とインクレチン.
    2. 成田琢磨(2014)高齢者の栄養の特徴と評価、介入においてのチーム医療の必要性~医師の立場から~
  2. 第3回 臨床内分泌代謝Update,1月,名古屋
    1. 高嶋悟,大友瞳,藤田麻貴,保泉学,清水尚子,清水辰徳,三ヶ田敦史,福岡勇樹,菅沼由美,佐藤雄大,細葉美穂子,藤田浩樹,月山克史,成田琢磨,山田祐一郎(2014)シナカルセトで誘発された高インスリン血性低血糖症の一例.
  3. 第28回日本糖尿病・肥満動物学会,2月,宮崎
    1. 清水辰徳,月山克史,佐藤雄大,藤田浩樹,成田琢磨,寺田幸弘,山田祐一郎(2014)肥満・糖尿病における男性不妊-精巣におけるGIPシグナルの影響-.
  4. 第48回糖尿病学の進歩,3月,札幌
    1. 山田祐一郎(2014)インクレイン関連製剤の有効性と限界.
  5. 第87回日本内分泌学会,4月,福岡
    1. 清水辰徳,月山克史,佐藤雄大,藤田浩樹,成田琢磨,寺田幸弘,山田祐一郎(2014)精巣におけるGIPシグナルの低下は肥満・糖尿病における男性不妊をおこす.
    2. 山田祐一郎(2014)インクレチン関連薬からみた糖尿病治療の今後の展望(クリニカルアワー)
  6. 第57回日本糖尿病学会年次学術集会,5月,大阪
    1. Fujita H, YamadaY (2014)The protective roles of incretin system in diabetic nephropathy.(シンポジウム)
    2. 成田琢磨(2014)インクレチン製剤薬を含む高齢者糖尿病における血糖降下薬の使用方法・留意点(シンポジウム)
    3. 山田祐一郎(2014)薬物療法(1):インクレチン薬を用いた糖尿病治療の展開(教育講演)
    4. 菅沼由美,保泉学,阿部妹子,清水辰徳,佐藤雄大,細葉美穂子,藤田浩樹,月山克史,成田琢磨,山田祐一郎(2014)BreathIDを用いた健常人の胃排出能に関する検討.
    5. 加藤俊祐,工藤宏仁,後藤尚(2014)ミチグリニド併用時のビルダグリプチン使用適合例について-切替え例での検討から-.
    6. 保泉学,月山克史,清水辰徳,佐藤雄大,阿部妹子,細葉美穂子,藤田浩樹,成田琢磨,山田祐一郎(2014)GIPシグナル欠損による骨格筋の変化.
    7. 月山克史,木村京子,小野由紀恵,石山香,佐藤未歩,清水辰徳,佐藤雄大,細葉美穂子,藤田浩樹,成田琢磨,山田祐一郎(2014)おやつとインクレチン~和菓子・洋菓子による分泌反応~.
    8. 成田琢磨,後藤尚,細葉美穂子,藤田浩樹,月山克史,山田祐一郎(2014)RAS阻害薬内服中の高血圧合併糖尿病腎症患者におけるシルニジピン、べニジピン併用の腎保護効果の比較(クロスオーバー試験).
  7. 第32回日本肥満症治療学会学術集会,7月,滋賀
    1. 山田祐一郎(2014)GLP-1の役割とGLP-1受容体作動薬のポジショニング(ランチョンセミナー)
  8. 第57回日本甲状腺学会,11月,大阪
    1. 加藤俊祐,松田亜希奈,清水尚子,高嶋悟,三ケ田敦史,福岡勇樹,佐藤雄大,藤田浩樹,月山克史,成田琢磨,山田祐一郎(2014)妊娠後期に一過性甲状腺機能亢進症を発症した糖尿病合併妊娠の一例.
©Akita University School of Medicine/Department of Endocrinology and Diabetes and Geriatric Medicine
秋田大学大学院医学系研究科 医学専攻 病態制御医学系 内分泌・代謝・老年内科学講座