シンポジウム 平成16年度


平成16年度 自殺予防研究プロジェクト 市民公開講座 (開催は終了しました)
(更新日:平成17年2月7日)

日 時: 平成17年1月29日(土) 午後1時〜3時
場 所: 秋田ビュ−ホテル(秋田市)

   「中国および世界の自殺予防対策」 
      講 師:岡山大学大学院医歯学総合研究科教授 川上憲人先生
   「イギリスの自殺予防対策」
      講 師:京都大学大学院医学研究科助教授   中山健夫先生
   「フィンランドの自殺予防対策」
      講 師:秋田大学医学部教授 本橋 豊先生
   「海外の自殺予防対策におけるNPOの役割−フィンランドの事例から」
講 師:秋田大学医学部助教授 佐々木久長先生

当日の配布資料(8ページ)です
【PDF】1.8MB
ポスター【PDF】

開催案内
秋田大学学長裁量経費研究事業(平成16年度)
市民公開講座

自殺予防研究プロジェクト成果公表シンポジウム
海外の自殺予防対策をいかに我が国に活かすか
 平成16年度、秋田大学は自殺予防研究を本格化させ、大学としての社会貢献のひとつの柱とすることにいたしました。この市民講座は本学の自殺予防研究の成果を広く一般市民にお伝えし、この問題に対する関心を高め、秋田県ならびに我が国の自殺予防研究の一層の推進を図る契機とすることを目的としています。
 諸外国では国家レベルの自殺予防対策が1990年代より積極的に進められており、フィンランドのようにすでに確実な自殺予防効果が認められた成功例があります。秋田大学の研究グループも最近地域における自殺予防の成果を確かめることができましたが、このような成果は先行事例の経験を踏まえて行われた研究です。本公開講座では、フィンランド、中国、イギリス、アメリカの国家的な自殺予防対策を紹介した上で、我が国の自殺予防対策にそれらの先進的な事例をいかに活用することができるかという視点から議論を深めたいと思います。
 シンポジストの方々は我が国の自殺予防研究を代表する研究者であり、フィンランド、中国、イギリス、アメリカに渡航した上で、各国の自殺予防対策の企画立案のキーパーソンと直接インタビューをして、各国の自殺予防対策の実情を把握して参りました。現時点で、この問題について最もよく知る研究者であるということができます。シンポジウムでは各国の実情を理解した上で、我が国の自殺予防対策をいかに進めるかという議論を市民の皆様と考えていきたいと思います。

                     記

日 時: 平成17年1月29日(土) 午後1時〜3時
      入場無料、どなたでも参加できます
場 所: 秋田ビュ−ホテル(秋田市)(アクセスマップ)
   「中国および世界の自殺予防対策」 
      講 師:岡山大学大学院医歯学総合研究科教授 川上憲人先生
   「イギリスの自殺予防対策」
      講 師:京都大学大学院医学研究科助教授   中山健夫先生
   「フィンランドの自殺予防対策」
      講 師:秋田大学医学部教授 本橋 豊先生
   「海外の自殺予防対策におけるNPOの役割−フィンランドの事例から」
      講 師:秋田大学医学部助教授 佐々木久長先生
   
本研究の渡航調査は、平成16年度科学研究費補金企画調査(C)(1)(研究代表者・本橋 豊)「自殺予防戦略の国際共同研究の企画調査」および秋田大学学長裁量経費研究事業により行われました。
この研究プロジェクトは地域との連携を重視しています。そこで第3回目のセミナーでは、NPO(特定非営利活動)の視点から自殺予防活動を考えます。会社経営者として倒産や自殺の危機を体験し、その後同じような倒産した経営者の自殺予防活動に取り組んでいる方のお話や、藤里町で展開されている地域住民が行政と一緒になって心の健康づくりや自殺予防に取り組んでいる事例を紹介します。多くの皆様の参加をお待ちしております。

連絡・問い合わせ先:
 秋田大学医学部健康増進医学分野内
 kaneko@med.akita-u.ac.jp
 

English Version
Akita University Extension lecture

NATIONAL SUICIDE PREVENTION PROJECTS AROUND THE WORLD
WHAT SHOULD WE DO AFTER LEARNING IT IN JAPAN?
 Welcome to our university's extension lecture for citizens. This open lecture was planned to introduce to the Public the Suicide Prevention Research Project undertaken under the auspices of the President of Akita University. The project was initiated in September 2004 with the participation of many researchers of Akita University, and several research sub-projects are now in progress. Today, we shall present the encouraging results of one such sub-project.
This sub-project addresses the question; what should we do in Japan after learning about national suicide prevention projects around the world. Specialists in suicide prevention from Japan visited Finland, China, the United Kingdom, and the United States of America, in order to hold discussions with key persons involved in the national suicide prevention projects in these countries. The respective national suicide prevention projects were then evaluated qualitatively by our visit teams.

Professor Norito Kawakami (Okayama University Graduate School of Medicine and Dentistry) will present the global scope of suicide prevention around the world. He shall also enlighten us about some successful suicide prevention programs in the USA. After visiting the national suicide prevention center in Beijing, China, he explains to us the concrete programs of suicide prevention that are now in progress in China, and the possibility of building a National Suicide Prevention Project in that country.

Professor Takeo Nakayama (Kyoto University Graduate School of Medicine) will present an outline of the National Suicide Prevention Project in the United Kingdom, that are a part of their National Health Promotion Plan, "Our Healthier Nation". He shall also tell us about the NPO activities of Samaritans, a telephone hotline for mental health crisis.

Professor Yutaka Motohashi (Akita University School of Medicine) shall present an outline of the National Suicide Prevention Project of Finland. The results of a key-informant interview with the General Project Manager of STAKES of Finland shall be briefly introduced. The facilitatory as well as inhibitory factors will be discussed.

Professor Hisanaga Sasaki (Akita University School of Health Sciences) shall present an outline of the NPO activities of the SOS hotline in Finland. The diverse prevention activities supported by volunteers shall also be introduced.

I request you to please be free and open. Let us have a productive discussion in this forum on how to tackle this issue in Japan.



このページのトップへ