第12回社会医学サマーセミナー
〜都市と農村の健康格差を考える〜

終了いたしました。
ご協力頂きました関係各位には,あつくお礼申し上げます。

Last update 2006/9/22


1. 期日:平成18年8月20日(日)〜22日(火)  (二泊三日)

2. 会場:秋田県青少年交流センター(ユースパル)

〒011-0905 秋田市寺内神屋敷3−1
TEL  018-880-2303
FAX 018-847-6350

3. 主催:衛生学公衆衛生学教育協議会

代表世話人:東京医科歯科大学  高野健人
第12回世話人:秋田大学  本橋  豊


4. 対象:社会医学に興味を持つ医学生

(申し込みの中から抽選で30名程度を選ぶ)


5. 内容


過去の社会医学サマーセミナーについては衛生学公衆衛生学教育協議会のホームページを参照

プログラム
8月20日 13:30−
開講式
社会医学サマーセミナーの経緯と目的
        衛生学公衆衛生学教育協議会代表世話人 高野健人
セミナー1
(1) 高齢社会における公衆衛生の課題
  辻 一郎教授(東北大学大学院)
(2) 健康問題の解決を指向する衛生学・予防医学の社会的役割
  福島哲仁教授(福島県立医科大学)
(3) 分子疫学と社会医学
  中村裕之教授(高知大学)
休憩
セミナー2
(4) アスベストと社会医学
  車谷典夫教授(奈良県立医科大学)
(5) 厚生労働行政について
  北澤 潤課長補佐(厚生労働省)
グループ課題提示(グループ課題は,空き時間に自由に進める。)
夕食

8月21日
朝食
セミナー3
(6) 産業医学のすすめ
  圓藤吟史教授(大阪市立大学大学院)
(7) 少子化時代の公衆衛生の役割
  山縣然太朗教授(山梨大学)
(8) 循環器疾患の疫学と予防
  坂田清美教授(岩手医科大学)
テクニカル・ビジット(大潟村)
 昼食(サンルーラル大潟)の後,自由行動
セミナー4
(9) わたしの社会医学とのかかわり方
  中路重之教授(弘前大学)
夕食
交流会

8月22日 −11:00
朝食
セミナー4
(10) 環境保健領域におけるメチル水銀
   村田勝敬教授(秋田大学)
総合討論
  司会 本橋 豊教授(秋田大学)
  グループ発表(発表10分,討議10分) x 4
閉講式
解散


6. 申し込み方法

(終了いたしました。)第12回社会医学サマーセミナー連絡先(下記)まで,
郵便あるいはファックスで下記の必要事項で送付のこと。

7. 参加費:無料
          (現地までの交通費は自己負担)

8. 申し込み締め切り:平成18年5月31日

9. 抽選発表:平成18年7月1日頃

10. お問い合わせ

下記の連絡先あるいは
phinfo@med.akita-u.ac.jp


11. 連絡先

〒010-8543  秋田県秋田市本道1-1-1
秋田大学医学部社会環境医学講座健康増進医学分野
電話:018-884-6086〜6088 FAX: 018-836-2609


健康増進医学分野のホームページへ