Menu

厚生労働科学研究事業・成果報告シンポジウムのご案内(2014.12.16)

知と行動の統合による自殺対策の新たな政策展開
【日時】2015年1月31日(土) 午後1時30分〜4時30分
【会場】キャンパスプラザ京都 4階 第4会議室
【対象者】どなたでも参加できます(参加費無料)
【後援】京都府

プログラム
    【セッション】
 (1)統合的な自殺対策の実現に向けて〜知と行動の統合〜
     椿 広計(統計数理研究所副所長・総合研究大学院大学教授)
(2)経済問題からみた自殺対策
     澤田 康幸(東京大学大学院経済学研究科教授)
(3)WHOの精神保健政策〜グローバルな自殺対策の動向〜
     伊藤 弘人(国立精神・神経医療研究センター 社会精神保健研究部長)
(4)自殺問題の社会化〜そのプロセスと世界的意義〜
     清水 康之(NPO法人自殺対策支援センター・ライフリンク代表)
    【総合討論】
知と行動の統合による自殺対策の新たな政策展開に向けて、何をなすべきか
     コーディネーター:本橋豊(京都府立医科大学特任教授)

※本シンポジウムは、下記研究事業の成果を市民向けに公開するものです。
厚生労働科学研究障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))
「学際的・国際的アプローチによる自殺総合対策の新たな政策展開に関する研究」研究代表者 本橋豊



【問い合わせ】京都府立医科大学 地域保健医療疫学
E-mail:ekigaku@koto.kpu-m.ac.jp




平成26年度秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座
「自殺予防・心の健康づくり」特別講演会のご案内
(2014.9.12)

「患者のこころ・若者のこころ」
【日時】平成26年11月14日(金) 午後1時〜午後4時10分
【会場】秋田ビューホテル 4階 飛翔の間
【定員】100名(参加無料)
※本講演会は地域自殺対策緊急強化事業費補助金(秋田県)の支援により実施します。
【対象者】保健行政・学校保健担当者および関係者、その他関心のある方
(質疑への参加は行政・教育関係者および専門家に限らせていただきます。)
【参加申込】会場・資料準備の都合11月7日(金)までにファックス、Eメールにて下記まで申込みください(件名に【11/14講演会申込】と記載ください)。
当日参加も可能ですが、受付にてご記名ください。

【プログラム】
 近年、秋田県および全国の自殺者数および死亡率は減少傾向にありますが、依然として国際的にも高い水準にあり、継続した予防対策の推進が求められます。これからの地域における予防対策のうえで重要なテーマについてお二人の講師をお招きしました。
1題目の講師は国立精神・神経医療研究センターの伊藤弘人部長です。身体的な慢性疾患は自殺や精神障がいのハイリスク群として知られています。また、近年では非感染性疾患(Non Communicable Disease:NCD)対策にメンタルヘルス対策を盛り込む考え方が注目されています。伊藤先生は、我が国におけるこのアプローチが難しい融合領域の研究リーダーとしてご活躍されております。今回は自殺対策のみならず幅広い知見からご講演いただく予定です。
2題目の講師は、秋田大学保健管理センターの苗村(なむら)育郎教授です。苗村先生は同センターにおける在学生の精神障がい対応だけでなく、若者の心理的な支援、研究にも長年従事されてきました。今回は大学生だけでなく中高生から青年期にかけての若者の希死念慮の多様な背景と自殺の予防、メンタルケアのあり方などについてご講演いただく予定です。
単に自殺者数の減少のためのみならず、地域における疾病対策・健康づくりと幅広い年代のメンタルヘルス支援に深く関わっているテーマですので、多くのご参加をお待ち申し上げております。講演内容紹介もご覧ください。
 なお、本講演会は昨年度まで当講座で企画、開催させていただいておりました秋田大学公開講座「総合自殺予防学インテンシブコース」に代えて実施するものです。

【申込み、問い合わせ】秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座(担当:中村)
電話018-884-6466 FAX 018-836-2609
E-mail:phinfo@med.akita-u.ac.jp




第12回 秋田県公衆衛生学会学術大会開催のお知らせ(2014.8.20)

第12回 秋田県公衆衛生学会学術大会のご案内

日時:平成26年11月19日(水)13:00〜16:00 ※12:30より受付開始
会場:秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」会議棟
(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)
学会長:石川隆志(秋田大学大学院医学系研究科 教授)
参加費:学会員500円 非学会員1,000円
※事前申込不要

プログラム(予定)
13:00    開会
13:10〜14:40    特別講演
 「これからの介護予防」
 講師    村井 千賀 氏
 厚生労働省老健局老人保健課 課長補佐
14:50〜16:00    一般演題

一般演題受付中です。発表を申し込まれる場合は、10月15日(水)までにE-mailで発表者名、演題名等を学術大会事務局までお知らせ下さい。

一般演題の募集は終了しました(10月15日)。

→演題募集要項ダウンロード(WORD形式ファイル)
抄録原稿締切は10月31日(金)です。


詳細は秋田県公衆衛生学会のサイトへ
上記サイトから、一般演題募集要項・チラシ&ポスターをダウンロードすることができます。





秋田県公衆衛生学会事務局 担当:藤田
〒010-8543 秋田市本道1-1-1 秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座内
電話018-884-6466 FAX 018-836-2609
E-mail:phinfo@med.akita-u.ac.jp
第7回秋田メンタルヘルスサポーターフォローアップ研修会(2014.5.23)

  恒例となりましたが、本年度もフォローアップ研修会を企画することができました。
いままでと変わらずメンタルヘルスサポーター、心のふれあい相談員や保健福祉担当者のスキルアップと関係者の交流、情報交換を図っていきたいと思います。
午前は講演を2題、テーマは「子どもの自殺予防」と「みんなが元気になることで支え合う地域づくり」を予定しました。
午後は、午前中のテーマを受けて「高齢者」、「若者」「精神障がいを持った人」の自殺予防についてグループに分かれて話し合い、サポーターとしての関わり方や役割を皆さんと考えていきます。
日頃の悩みや喜びを手がかりに、これからの活動を探ってみませんか。


【日 時】平成26年7月5日(土) 10:00〜15:30
【会 場】秋田大学60 周年記念ホール
 (手形キャンパス 教育文化学部3号館講義室145)
【主 催】秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座
【共 催】秋田県
【プログラム】(予定)

午 前

「子どもの自殺をどう防ぐか〜北海道での取り組みから〜」
          今川洋子先生(北海道保健福祉部福祉局)

「みんなが元気になることで支え合う地域づくり」
          金子善博先生(秋田大学大学院医学系研究科)

(昼食:交流会を兼ねて)

午 後

テーマ別のグループ討議と全体会


●対象

地域でメンタルヘルスサポーターなどの活動をされている方

市町村のメンタルヘルスサポーター養成講座を受講された方

県・市町村の保健・福祉担当者の方

●参加費

無料(アンケートにご協力下さい。)

昼食お弁当代は実費負担(700円程度)

●申し込み

お住まいの市町村の担当者にご連絡下さい。

●問い合わせ先(事務局)

秋田大学大学院医学系研究科 佐々木久長

電話・FAX 018-884-6506





第11回 秋田県公衆衛生学会学術大会開催のお知らせ(演題募集)(2013.7.18)
第11回 秋田県公衆衛生学会学術大会のご案内
日時:平成25年10月15日(火)13:00〜16:00 ※12:30より受付開始
会場:秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」会議棟
(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)
学会長:梅井一彦(秋田県健康福祉部長)
参加費:学会員500円 非学会員1,000円
※事前申込不要

プログラム(予定)
13:00    開会
13:10〜14:40    特別講演
 「歯科口腔保健の推進に関する法律と歯科保健医療施策の動向について」
 講師    小椋 正之 氏
 厚生労働省医政局歯科保健課 歯科口腔保健推進室長
14:50〜16:00    一般演題

一般演題受付中です。発表を申し込まれる場合は、9月17日(火)までにE-mailで発表者名、演題名等を学術大会事務局までお知らせ下さい。
抄録原稿締切は10月1日(火)です。


上記サイトから、一般演題募集要項・チラシ&ポスターをダウンロードすることができます。


秋田県公衆衛生学会学術大会事務局 担当:大島 克郎
〒010-8570 秋田県秋田市山王4丁目1番1号 秋田県健康福祉部健康推進課内
TEL:018-860-1426 FAX:018-860-3821



第6回秋田メンタルヘルスサポーターフォローアップ研修会(2012.5.31)

恒例となりましたが、本年度も秋田大学ではメンタルヘルスサポーター、 心のふれあい相談員などを対象に、スキルアップと関係者の交流、情報交換 を目指してフォローアップ研修会を企画しました。 午前は講演を2題、テーマは「子どもの心理と支援」と「ケースワークの 仕事について」を予定しました。午後は、地域での相談事例について専門家 を交えて検討を行います。その中でサポーターの役割やサポーターとしての 関わり方を皆さんと考えていきます。相談を抱え込まずに、地域の様々な関 係者と連携してサポートしていく方法を探ってみませんか。

【日 時】平成25年7月6日(土) 10:00〜15:30
【会 場】秋田大学60 周年記念ホール
 (手形キャンパス 教育文化学部3号館講義室145)
【主 催】秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座
【共 催】秋田県
【プログラム】(予定)

午 前

「子どもの心理と支援」  渡部泰弘先生(秋田県立医療療育センター)

「ケースワークの仕事について」  青山  悌先生(かづの厚生病院)

(昼食:交流会を兼ねて)

午 後

事例検討を通してサポーターの役割を考える

アドバイザー:熊澤由美子先生(秋田大学大学院保健学科講師)


●対象

地域でメンタルヘルスサポーターなどの活動をされている方

市町村のメンタルヘルスサポーター養成講座を受講された方

県・市町村の保健・福祉担当者の方

●参加費

無料(アンケートにご協力下さい。)

昼食お弁当代は実費負担(700円程度)

●申し込み

お住まいの市町村の担当者にご連絡下さい。

●問い合わせ先(事務局)

秋田大学大学院医学系研究科 佐々木久長

電話・FAX 018-884-6506








平成24年度秋田大学公開講座
【総合自殺予防学インテンシブコース】
(2012.8.15掲載)

日時:平成24年10月5日(金)〜11月5日(金)15:00〜17:00
会場:カレッジプラザ(秋田市中通2丁目1-51 明徳館ビル2階)
対象:保健師,行政担当者,メンタルヘルスサポーター(定員30名) 受講料:2,000円
お申し込み・お問い合わせ:秋田大学地域創生課

TEL:018-889-2270 FAX:018-889-3162
E-mail:shakoken@jimu.akita-u.ac.jp

お申し込みは申込フォームをご利用ください(秋田大学サイト)

第1回 10月5日(金)「地域住民エンパワメント:絆育力(きずな育む力)を紡ぐ」
 筑波大学大学院人間総合科学研究科
 国際発達ケア研究室 教授 安梅勅江
第2回 10月12日(金) 「職場のメンタルヘルスの最新の動向」
 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻
 健康科学大講座精神保健分野 教授 川上憲人
第3回 10月19日(金) ワークショップ「地域におけるメンタルヘルスプロモーションの推進」
 秋田大学理事・副学長 本橋豊
 秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻
 基礎看護学講座 准教授 佐々木久長
第4回 11月2日(金) 「認知症とその介護―介護負担とうつ―」
 筑波大学大学院人間総合科学研究科
 精神病態学分野 教授 朝田 

→ポスターはこちら(PDFファイル)


詳細は秋田大学地域創生課のサイトへ




第10回 秋田県公衆衛生学会学術大会開催のお知らせ(演題募集)(2012.8.10掲載)

第10秋田県公衆衛生学会学術大会のご案内
日時:平成24年10月3日(水)13:00〜16:00 ※12:30より受付開始
会場:秋田県ゆとり生活創造センター遊学舎会議棟
(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)
学会長:伊藤千鶴(秋田市保健所長)
参加費:学会員500円 非学会員1,000円
※事前申込不要

プログラム(予定)

右の画像をクリックすればダウンロードできます

13:00    開会
13:10〜14:40    特別講演
 「禁煙について」
 講師    添野武彦 先生
 秋田組合総合病院医師
14:50〜16:00    一般口演

一般口演の演題受付中です。発表を申し込まれる場合は、9月3日(月)までにE-mailで発表者名、演題名等を学術大会事務局までお知らせ下さい。 →演題募集要項(WORD形式ファイル)
抄録原稿締切は9月21日(金)です。



秋田県公衆衛生学会学術大会事務局 担当:佐々木俊一
〒010-0976 秋田県秋田市八橋南1丁目8番3号 秋田市保健所保健総務課
電話018−883−1170 FAX 018−883−1171
E-mail:ro-hlmn@city.akita.akita.jp

秋田県公衆衛生学雑誌
秋田県公衆衛生学会のあゆみ
事務局



平成23年度秋田大学公開講座
【総合自殺予防学インテンシブコース】
(2012.12.20掲載)

日時:平成24年1月27日(金)〜2月10日(金)15:00〜17:00
会場:カレッジプラザ(秋田市中通2丁目1-51 明徳館ビル2階)
対象:保健師,行政担当者,メンタルヘルスサポーター(定員30名) 受講料:1,500円
お申し込み・お問い合わせ:秋田大学地域創生課

TEL:018-889-2270 FAX:018-889-3162
E-mail:shakoken@jimu.akita-u.ac.jp

お申し込みは申込フォームをご利用ください(秋田大学サイト)

第1回 1月27日(金)「コミュニティーモデルによる自殺予防」
 関西国際大学人間科学部人間心理学科 教授 渡邉直樹
第2回 2月3日(金) 「地域での世代間交流のつくりかた」
 東京都健康長寿医療センター研究所
 社会参加と地域保健研究チーム 研究部長 藤原佳典
第3回 2月10日(金) 「震災、ストレス、自殺」
 新潟大学大学院医歯学総合研究科
 地域予防医学講座社会・環境医学分野 教授 中村和利

→ポスターはこちら(PDFファイル)


詳細は秋田大学のサイトへ(申込用紙あり)




第70回 日本公衆衛生学会総会のご案内

第70回日本公衆衛生学会総会事務局

[総会事務局]秋田県健康福祉部健康推進課内

[学術部会事務局]秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座内

[運営事務局(お問い合わせ先)]

株式会社ICSコンベンションデザイン内

〒101-8449 東京都千代田区猿楽町1-5-18 千代田ビル5F

Tel:03-3219-3541 Fax:03-3219-3577

E-mail:jsph70@ics-inc.co.jp

総会ホームページURL:http://jsph70.umin.jp/


第70回日本公衆衛生学会総会








第8回 秋田県公衆衛生学会(2010.8.25掲載)

第8回秋田県公衆衛生学会のご案内
日時:10月7日(木)12:30より受付開始
会場:秋田県ゆとり生活創造センター遊学舎会議棟
(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)
学会長:佐々木健二(秋田県健康環境センター所長)
参加費:学会員500円 非学会員1,000円
※事前申込不要

プログラム(予定)

右の画像をクリックすればポスターをダウンロードできます

13:00    開会
13:10〜14:40    特別講演
 「低まん延化に向けた結核対策の課題」
 講師    石川信克先生
 財団法人結核予防会結核研究所所長
14:50〜16:00    一般口演

一般口演の演題受付中です。発表を申し込まれる場合は、9月13日(月)までにE-mailで発表者名、演題名等を事務局までお知らせ下さい。 →演題募集要項(WORD形式ファイル)
抄録原稿締切は9月24日(金)です。


※一般演題は締め切りました。沢山のご応募有り難うございました。


秋田県公衆衛生学会事務局 担当:藤田
〒010-8543 秋田市本道1−1−1 秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座内
電話018−884−6466 FAX 018−836−2609
E-mail:kfujita@med.akita-u.ac.jp

秋田県公衆衛生学雑誌
秋田県公衆衛生学会のあゆみ
事務局



平成22年度秋田大学公開講座
【総合自殺予防学インテンシブコース】
(2010.8.22掲載)

日時:平成22年10月1日(金)〜11月5日(金)15:00〜17:00
会場:カレッジプラザ(秋田市中通2丁目1-51 明徳館ビル2階)
対象:保健師,行政担当者,メンタルヘルスサポーター(定員30名) 受講料:2,500円
お申し込み・お問い合わせ:秋田大学社会貢献推進室

TEL:018-889-2270 FAX:018-889-3162
E-mail:shakoken@jimu.akita-u.ac.jp


第1回(10/1)精神科医として地域の自殺対策に関わる
 岩手医科大学神経精神科学講座 講師 大塚耕太郎
第2回@(10/8) 健康の不平等と社会格差
 山口大学医学部地域医療推進学講座 教授 福田吉治
第2回A 秋田県における自殺の現状
 秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座 准教授 金子善博
第3回(10/15) 自殺対策と「新しい公共」
 秋田大学大学院医学系研究科長・医学部長 公衆衛生学講座 教授 本橋 豊
第4回(10/22) 地域における自殺予防活動を考える(ワークショップ)
 秋田大学院医学系研究科保健学専攻 准教授 佐々木久長
第5回(11/5) 内閣府における自殺対策の取組
 内閣府自殺対策推進室 企画官 齊藤 馨

→ポスターはこちら(PDFファイル)


詳細は大学コンソーシアムあきたのサイトへ(申込用紙あり)




第28回秋田大学自殺予防研究プロジェクトセミナー(2010.2.22掲載)

【日 時】平成22年3月25日(木) 17:00〜
【会 場】秋田大学医学部基礎医学本館総合研究棟第2講義室
【主 催】秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座
      秋田大学自殺予防研究プロジェクト
【プログラム】(予定)

「多重債務の現場から自殺を考える」

−被害実態の現場から−

講 師:茆原洋子氏(弁護士)

−高金利の実態から−

講 師:茆原正道氏(弁護士)

※事前の参加申込みは必要ありません。直接会場にお越しください。

どなたでも参加できます。


お問い合わせ(連絡先)
秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座 藤田
TEL.018-884-6466 Fax.018-836-2609
kfujita@med.akita-u.ac.jp

→ポスターはこちら(PDFファイル)





第7回 秋田県公衆衛生学会(2009.8.12掲載)

【第7回秋田県公衆衛生学会のご案内】
日時:平成21年10月1日(木)13:00〜16:00
会場:秋田県ゆとり生活創造センター遊学舎会議棟(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)
学会長:伊藤善信(秋田県秋田地域振興局福祉環境部長)
参加費:学会員500円 非学会員1,000円

13:00 開 会
13:10〜14:40 特別講演
「がん検診率向上に向けた具体的な取組」
   講師 斎藤 博 氏(国立がんセンター がん予防・検診研究センター 検診研究部長)

14:50〜16:00 一般口演

現在、演題受付中です。申込〆切9月7日(月)。発表者名,演題名を事務局までお知らせ下さい。
応募者には抄録要項詳細(A4版1頁)を別途ご連絡します(抄録〆切9月14日)。

秋田県公衆衛生学会事務局 担当:金子
〒010-8543 秋田市本道1−1−1 秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座内
電話018−884−6088 FAX 018−836−2609
E-mail:phinfo@med.akita-u.ac.jp
















【第67回日本公衆衛生学会総会自由集会】
「自殺は予防できる」

平成20年11月6日(木)18:00−20:00
会場 アクロス福岡607(6F)福岡市中央区天神1-1-1
(学会メイン会場と異なりますのでご注意下さい。)

世話人:本橋  豊 (秋田大学医学部 健康増進医学分野)
      渡邉 直樹(関西国際大学人間科学部 人間心理学科)

【目的】
 本年6月4日に厚生労働省から公表された人口動態統計によると国内の2007年の自殺者数は30777人と、2006年から856人増えました。
地域的には東京都と大阪府の増加が多く、合計で546人の増加となっています。
我が国では1990年代後半から続く、自殺者3万人時代に終わりが見えません。
 ここ数年、全国的には50歳代の減少と30歳代の増加といった傾向がありますが、地域ごとの違いも大きく、地域の実情に即した対策が求められています。
そのために各地域や職域で、どのような活動が効果的かを共有し実行する必要があります。
 本自由集会では、この問題に関わっている人、関心のある人達が一同に会し自由な意見交換を行い, 各地での効果的な行動計画に結びつけようとすることを目的としております。

【プログラム】
・講演:「オーストラリアの自殺予防活動」
E.Colluci(メルボルン大学国際メンタルヘルス研究センター)
通訳:渡邉直樹(関西国際大学人間科学部 人間心理学科)

・話題提供:「自殺の社会格差〜無職者の自殺の多さ」
  金子善博(秋田大学医学部 健康増進医学分野)

ディスカッション



第6回 秋田県公衆衛生学会 開催のお知らせ(2008.7.10)
第6回 秋田県公衆衛生学会
日時:平成20年10月9日(木)13:00〜16:00
会場:秋田県ゆとり生活創造センター遊学舎会議棟(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)
学会長 湯浅 孝男(秋田大学医学部保健学科教授)

13:05〜14:30 特別講演
健康行動を促す保健指導・健康教育〜いかに「やる気」を育てるか
   ヘルスコンサルタント、医師、医学博士 松本千明 氏

14:40〜15:50 一般演題

1.がん検診に対する住民意識調査の手法に関する検討
階光榮,佐藤智子,田中貴子,張勇,山裕子,山憲男,高橋伸一

2.死亡統計から秋田県の疾病傾向を探る
田中貴子,階光榮

3.秋田県における若年成人の食生活状況について
山裕子,古井美和子,兎澤真澄,佐藤直美,鈴木静香,菅野育子

4.自殺により遺された身近な人に対する接し方に影響を及ぼす要因の検討
南園佐知子,金子善博,佐々木久長,山路真佐子,藤田幸司,本橋豊

5.秋田市における禁煙対策の取り組みについて
本田由美子,足利歩美,新田目幸子,森合真由美,田口美智子,船木美香子

6.「人の和と輪でつなぐ輝きとぬくもりのあるまち」を目指して
  −能代市における自殺対策事業について−
高杉富喜子,地主和子,中田哲直,本橋 豊,金子善博,佐々木久長

7.表現活動を通じた障害者と地域社会との交流の試み
  −ストリートアートin本荘を開催して−
石川隆志,佐藤裕子,石川佐智子,塚本文子,村田千鶴子,石川郁恵


→詳細はこちら(A4ポスター,PDFファイル)

→秋田県公衆衛生学会世話人名簿(H20.7.10現在)


秋田県公衆衛生学雑誌

秋田県公衆衛生学会のあゆみ

事務局



開催のお知らせ。(2008.4.1掲載)

日時:平成20年4月25日(金)午後6時〜8時
会場:秋田大学医学部基礎医学本館総合研究棟第三講義室

「韓国の自殺の現状について」
講師 佐々木 久長 氏(秋田大学医学部保健学科:准教授)

お問い合わせ(連絡先)
佐々木久長(秋田大学医学部保健学科)
TEL.&Fax.:018-884-6506
hisanaga@hs.akita-u.ac.jp

詳細は
秋田大学自殺予防研究プロジェクトのサイトへ



開催のお知らせ。(2008.2.1掲載)

日時:平成20年2月22日(金)午後6時〜8時
会場:秋田大学医学部基礎医学本館総合研究棟

「死なないで!!解決できます−借金生活からの脱出−実態編」
講師 茆原 洋子氏(茆原法律事務所:弁護士)

「死なないで!!解決できます−借金生活からの脱出−構造編」
講師 茆原 正道氏(茆原法律事務所:弁護士)

→ポスターはこちら(PDFファイル)

※事前の参加申込みは必要ありません。直接会場にお越しください。



開催のお知らせ。(2007.11.25掲載)


12月1日(土)10:00−15:00 会場:秋田大学医学部保健学科大講義室
受付開始は9時30分から

主 催:秋田大学/秋田県/NPO法人蜘蛛の糸
後 援:秋田魁新報社/民間自殺予防団体「こころのネットワーク」

ゲスト
小松由佳氏(登山家)
パネリスト
岸 宏一氏(厚生労働副大臣)
本橋 豊氏(秋田大学医学部長)
鈴木敏夫氏(秋田県司法書士会会長)
三浦令子氏(由利こころの健康づくりを考える会会長)
佐藤久夫氏(NPO法人蜘蛛の糸 理事長)

【プログラム】
10:00(開会)
10:10〜11:00 講演 小松 由佳氏「山に生かされて〜いのちの大切さ」
11:00〜12:00 シンポジウム1
テーマ「秋田県の自殺対策を考える」
  鈴木敏夫氏(秋田県司法書士会会長)
  三浦令子氏(由利こころの健康づくりを考える会会長)
  佐藤久男氏(NPO法人蜘蛛の糸 理事長)
12:00〜13:00 休憩
13:00〜14:00 シンポジウム2
テーマ「日本の自殺対策を考える」
  岸 宏一氏(厚生労働副大臣)
  本橋 豊氏(秋田大学医学部長)
14:00〜15:00 質疑応答

→ポスターはこちら(PDFファイル)

※事前の参加申込みは必要ありません。直接会場にお越しください。

お問い合わせ
NPO法人蜘蛛の糸
佐藤:018-832-8825(FAX兼)
富谷:018-846-0743(FAX兼)



【秋田4大学協働2007 自殺予防シンポジウム】〜光と希望、そして生きる力への道〜
開催のお知らせ。(2007.11.29掲載)

12月9日(日)秋田県民会館
入場無料

主 催:活力ある秋田を創造する大学協働推進会議

【プログラム】
第一部 シンポジウム 13:30〜15:00
テーマ「自殺の現状と理解。そして、いま私たちに出来る事」
シンポジスト
  ・秋田大学医学部長   本橋  豊 氏
  ・秋田県立大学教授   荒樋  豊 氏
  ・国際教養大学教授   勝又美智雄 氏
  ・ノースアジア大学教授 中川 修一 氏
コーディネーター
  ・作家 西木 正明 氏

第二部 記念講演 15:15〜16:30
テーマ「著名な小説家たちがなぜ自分の生命を絶ったのか、その深淵を探る。」
  講師 高橋 千劔破(たかはし ちはや) 氏(作家・文芸評論家)

→ポスターはこちら(PDFファイル)

※事前の参加申込みは必要ありません。直接会場にお越しください。

連絡先・お問い合わせ
活力ある秋田を創造する大学協働推進会議
TEL.018-823-4645(事務局/関・原田)
FAX.018-823-7559



【第66回日本公衆衛生学会総会自由集会】「自殺は予防できる」開催のお知らせ。(2007.10.15)
10月24日(水)18:00−20:00 第11会場(愛媛県県民文化会館 別館第13会議室)
世話人:本橋 豊(秋田大学医学部健康増進医学分野)
【目的】
 我が国では1990年代後半から続く、自殺者3万人時代に終わりが見えません。国レ ベルでは、昨年の自殺対策基本法、今年の自殺総合対策大綱が打ち出されましたが、 具体的には各地域や職域で、どのような活動が効果的かを共有し実行する必要があり ます。
 本自由集会では、この問題に関わっている人、関心のある人達が一同に会し自由な 意見交換を行い, 各地での効果的な行動計画に結びつけようとすることを目的として おります。

【プログラム】
 話題提供
  本橋豊氏(秋田大学医学部健康増進医学分野)「秋田県の最近の動向について」
  渡邉直樹氏(青森県精神保健センター)「青森での取り組みについて思うこと」
 ディスカッション
※事前登録は必要ありません。直接会場にお越しください。



秋田県公衆衛生学会 開催のお知らせ(2007.7.12)

第5回 秋田県公衆衛生学会
日時:平成19年10月31日(水)13:00〜
会場:遊学舎(秋田市上北手荒巻字堺切24-2)
学会長 井上 裕司 秋田県健康福祉部部長
特別講演 厚生労働省健康局総務課 地域保健室・保健指導室 室長補佐 前田光哉 氏
「地域保健の今日的課題〜効果的な特定保健指導について〜」

→詳細はこちら(第1報,PDFファイル)

→秋田県公衆衛生学会世話人名簿(H19.6.10現在)


秋田県公衆衛生学雑誌

秋田県公衆衛生学会のあゆみ

事務局



第21回自殺予防セミナーのご案内(2007.6.8)
日 時:平成19年6月25日(月)18:00〜20:00
会 場:秋田大学医学部第一会議室(基礎棟1階)
話題提供者(予定):稲村茂氏(笠松病院),佐藤久男氏(蜘蛛の糸),
佐々木久長氏(秋田大学),袴田俊英氏(心といのちを考える会),その他

テーマ:秋田県の自殺予防対策を検討する
2006年度秋田県公衆衛生学会
2006/10/6 第4回秋田県公衆衛生学会(秋田市・遊学舎)ポスター
学会長 村田 勝敬 教授(秋田大学医学部 環境保健学分野)
特別講演 北海道大学大学院医学研究科教授 岸 玲子 先生
「地域におけるサポートネットワークと高齢者の介護予防」
一般演題 5題
いのちの日−自殺対策新時代フォーラム2006−秋田 地域の自殺対策をいかに進めるかのご案内(2006.10.4)(終了いたしました。)
日 時:平成18年12月1日(金)13:00〜17:00
会 場:秋田県庁第二庁舎8階大会議室
第17回自殺予防セミナーのご案内(2006.11.13)(終了いたしました。)
日 時:平成18年11月17日(金)17:00〜19:00
会 場:秋田大学医学部管理棟会議室(変更になりました)
講 師:神庭重信氏(九州大学大学院医学研究院精神病態医学教授)
テーマ:我が国におけるうつ病の薬物療法の現状
     −自殺予防に果たす役割を含めて
「STOP!自殺  世界と日本の取り組み」が朝日新聞の書評(2006.6.25)で紹介されました。(2006.6.28)
「STOP!自殺  世界と日本の取り組み」が出版されました。(2006.5.8)
[著者]本橋  豊,高橋  祥友,中山  健夫,川上  憲人,金子  善博
海鳴社 46判296頁、本体価格:2400円/ISBN4-87525-231-5  書店発売日:2006年04月26日
第65回日本公衆衛生学会総会自由集会「自殺は予防できる」を開催します。 2006.10.4 (終了いたしました。)
10月25日(水)17:30−19:30 富山国際会議場 201号室
世話人:本橋 豊(秋田大学医学部健康増進医学分野)
     関根 道和(富山大学大学院医学薬学研究部保健医学)
プログラム
 「我が国において心理的剖検は可能か」
  渡辺直樹氏(青森県精神保健センター)
 「ボランティア活動が高齢者の心の健康に及ぼす影響について」
  藤原佳典氏(東京都立老人総合研究所)

※事前登録は必要ありません。直接会場にお越しください。



第4回秋田県公衆衛生学会が2006.10.6に遊学舎(秋田市)で開催されます。 2006.9.22(終了いたしました。)



第16回自殺予防セミナーを開催します。 2006.9.29 (終了いたしました。)
日 時:平成18年10月16日(月)18:00〜20:00
会 場:秋田大学医学部基礎医学本館第一会議室
今回のセミナーでは、本プロジェクトの最新の研究成果を報告してもらいます。
第12回社会医学サマーセミナー案内 2006.4.7 (終了いたしました。)
  本年夏(平成18年8月20日(日)〜22日(火))に秋田県青少年交流センター(ユースパル)を会場として医学部生を対象としたセミナーが開催されます。(主催:衛生学公衆衛生学教育協議会)
自殺予防研究プロジェクトワークショップのお知らせ 2006.6.20 (終了いたしました。)
テーマ:「これからどうなる?秋田県の自殺予防対策」
日  時:平成18年7月15日(土) 午後2時〜4時
場  所:秋田大学手形キャンパス・ベンチャービジネス・ラボラトリー(VBL)講堂
自殺予防セミナーのお知らせ(第14回) 2006.6.14 (終了いたしました。)
>詳細は決まり次第、更新します。
第14回  平成18年6月21日(水)18:00〜20:00
会 場:秋田大学医学部基礎医学本館第一会議室
講 師:秋田地域振興局福祉健康部長  伊藤善信氏  (秋田中央保健所長)
テーマ:保健所における自殺予防の取り組みについて
自殺予防セミナーのお知らせ(第13回) 2006.5.8 (終了いたしました。)
 第13回  平成18年5月24日(水)18:00〜19:30
保健所勤務医師の募集について(PDFファイル) 2005.5.11更新
  「自己紹介(履歴書)」の書式(エクセルファイル
第63回日本公衆衛生学会総会自由集会  2004.9.28更新 (終了いたしました。)
  「地域・職域における自殺予防」のご案内(PDFファイル)
  開催日:平成16年10月27日(水) 午後6−8時
  会 場:くにびきメッセ501号室
第2回 秋田県公衆衛生学会 (PDFファイル) (更新日2004/9/28)(終了いたしました。)
  開催日時: 平成16年 10月15日(金)  
  開催場所: 遊学舎
第1回 秋田県公衆衛生学会(PDFファイル) (更新日 2003/9/5)
  平成15年度 秋田県地域保健研究会
  開催日時: 平成15年 10月9日(木) 午前10時30分-午後3時30分
  開催場所: 秋田県薬剤師会薬学研修室
第62回日本公衆衛生学会総会自由集会 (更新日 2003/6/26)
  地域・職域における自殺予防
  開催日時: 平成15年10月22日(水) 午後6時-8時
  開催場所: 関西文理学院 2号館 232
第52回東北公衆衛生学会
  開催日時: 平成15年7月25日(金) 午前9時-午後4時
  開催場所: 秋田県総合保健センター
第61回日本公衆衛生学会総会自由集会  
  地域・職域における自殺予防
  開催日時: 平成14年10月23日(水) 午後6時-8時
平成13年度秋田県地域保健研究会のご案内 
  期 日:平成13年10月4日(木)午後1時から4時まで
  場 所:秋田県庁第二庁舎(8階大会議室) 秋田市山王3−1−1
明治生命厚生事業団   
  平成11年度健康文化研究助成 研究成果報告書 (本橋 豊)
  「ヘルスプロモーションの理念形成における健康権の意義に関する研究」(PDFファイル)
公開講座・パネルディスカッションのご案内(PDFファイル)
 開催名 :「健康で快適なリゾートライフを科学する」
 開催日時:平成14年3月19日(火) 午後1時から午後4時まで
 開催場所:秋田県総合保健センター(秋田市)
      秋田市千秋久保田町6番6号
Copyright © Department of Public Health AKITA UNIVERSITY SCHOOL OF MEDICINE. All Rights Reserved.