臨床の紹介

循環器内科

冠動脈疾患治療部(CCU)

冠動脈疾患治療部(CCU)

デジタル変換方式血管造影装置

デジタル変換方式血管造影装置

心臓CTによる冠動脈の評価

心臓CTによる
冠動脈の評価

急性心筋梗塞、急性心不全、致死性不整脈などの循環器救急疾患に対し重症度に応じて、集中治療部(ICU)における対応のみならず当科病棟内に冠動脈疾患治療部(coronary care unit:CCU)を設置し、24時間体制で受け入れています。

また、心臓カテーテルの血管造影装置も最新のデジタル変換方式が2台設置され2症例の同時治療も可能となりました。64列MDCTによる心臓CTの画像から、非侵襲的に冠動脈の構造的および質的評価も行っております。

このような体制で、患者の皆様中心の高度かつ良質な循環器医療を構築していきたいと考えています。

虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症):経皮的冠動脈形成術、ステント留置術

虚血性心疾患
虚血性心疾患
虚血性心疾患

冠動脈狭窄にたいして、バルーンの拡張や、ステント留置をおこない血行再建を行います。ほとんどの心臓カテーテル検査、冠動脈形成術は患者の負担の少ない橈骨動脈(手首の動脈)から行っており、検査、治療直後より歩行可能となります。

冠動脈形成術においては血管内超音波や、ワイヤー先端にエコーがついているデバイスを積極的に使用し血管内腔や冠動脈血流を評価し、再狭窄の減少、冠動脈内皮機能評価に取り組んでいます。

心不全

心筋シンチグラフィー

心筋シンチグラフィー

心エコー画像

心エコー画像


心エコー検査

心エコー検査

心エコー検査

心エコー検査

心不全の病態(心臓弁膜症、先天性心疾患、虚血性心疾患など)の把握と、治療方の選択を、心エコー、心筋シンチグラフィー、血清マーカーなどを用いて、よりよい長期予後が得られるよう、エビデンスを評価して行っています。心エコー装置は、往診に便利なポータブル式も含めて4台がフル稼働して、経時的に詳細な検討を行っております。

徐脈性不整脈:ペースメーカー植え込み

失神の原因となる徐脈性不整脈には、当科でペースメーカー植え込みを行います。 最近では早期の安静解除をおこない約1週間で退院可能となっています。

頻脈性不整脈:カテーテル・アブレーション

発作性上室性頻拍や心房粗動、一部の心室性頻拍症の症例で、カテーテルにより不整脈の原因となる心臓内の部位に高周波通電し、不整脈の発生をを根治させる治療です。

致死性心室性不整脈(心室細動、持続性心室頻拍):植え込み型除細動器

抗不整脈薬でも、重症心室性不整脈を予防できない症例では、当科でペースメーカー様の小型の除細動器の植え込み術を行っています。このような不整脈が発生した際には、体内の装置がこれを感知し自動的に不整脈を停止させる治療です。