現在位置:トップページ>研修医/医学生|卒後臨床研修プログラム

卒後臨床研修プログラム

研修目標

麻酔科 3カ月研修コース

このコースは、将来、麻酔科以外の診療科を専攻する研修医を対象に、全ての臨床医に求められる麻酔科・周術期医療に関連する知識・技能を身につけることを目指します。

行動目標

行動目標
行動目標
行動目標
行動目標
行動目標
  1. 基本的診察法
    • 基本的態度
    • 面接技法
    • 全身の観察
    • 頭頚部の診察
    • 胸部の診察
    • 腹部の診察
    • 骨・関節・筋肉の診察
    • 神経学的診察
    • 小児の診察
  2. 基本的検査法 I
    • 血算
    • 心電図
    • 動脈血液ガス分析
    • 簡易検査
  3. 基本的検査法 II
    • 血液生化学的検査
    • 肝機能検査
    • 腎機能検査
    • 内分泌検査
    • 細菌学的検査
    • 超音波検査
    • 単純X線検査
    • X線CT検査
  4. 基本的治療法 I
    • 薬剤の処方
    • 輸血
    • 血液製剤の使用
    • 抗生物質の使用
    • 副腎皮質ステロイド薬の使用
    • 呼吸管理
    • 一般的術前・術後管理
  5. 基本的手技
    • 注射法
    • 採血法
    • 穿刺法
    • 胃管の挿入と管理
    • 局所麻酔法
    • 滅菌消毒法
    • 気道確保
    • 気管内挿管
    • 用手的換気
    • 分泌物吸引・異物除去
    • 体液電解質異常の補正
    • 酸塩基平衡異常の補正
    • 輸液
    • 輸血
    • 酸素療法
    • 人工呼吸器の管理
    • 体温維持管理
  6. 救急処置
    • バイタルサインの把握
  7. 患者・家族との関係
    • コミュニケーション
    • 患者のニーズと心理的側面
    • 家族のニーズと心理的側面
    • 生活習慣変容への配慮
    • インフォームドコンセント
    • プライバシーへの配慮
  8. 医療の社会的側面
    • 麻薬の取扱い
    • 医療事故への対応
  9. 医療メンバー
    • 指導医・専門医への相談
    • チームの組織
  10. 文書記録
    • 診療録等の医療記録
    • 処方箋・指示箋
  11. 診療計画と評価
    • 必要な情報収集(文献検索を含む)
    • 問題点整理
    • 症例呈示・要約
    • 自己及び第三者による評価と改善
  12. 緊急を要する疾患病態
    • 意識障害
    • 脳血管障害
    • 誤飲・誤嚥
  13. 頻度の高い症状
    • 発熱
    • 意識障害・痙攣発作
    • 呼吸困難
    • 咳・痰
    • 嘔気・嘔吐
    • 不眠
    • 発疹・かゆみ
    • 動悸
    • 血尿
    • 鼻出血
    • 嗄声
    • 出血傾向
    • 筋肉痛
    • 鼻閉
    • 乏尿
    • 多尿

研修方法

  1. 術前回診・診察を行った後、麻酔指導医または麻酔標榜医の指導の下で麻酔計画を立て、麻酔の準備を行う。
  2. 早朝カンファレンスに参加し、症例を呈示する。
  3. 麻酔指導医または麻酔標榜医の指導の下、全身麻酔を実施する。
  4. 術後回診・診察を行い、患者の回復状態および合併症の有無について麻酔指導医または麻酔標榜医に報告する。
  5. ケースカンファレンスに参加し、症例を呈示する。

受け入れ人数

4人 x 4 16人/年

具体的な研修内容

  1. 術前回診・診察と麻酔計画
    • 合併症、身体所見および術前検査等から呼吸・循環・肝・腎などの機能を評価し、リスク判定(ASA physical status 1〜5)を行う。
    • 術前からの長期投与薬(降圧薬、糖尿病薬、抗凝固薬、向精神薬等)の投与継続あるいは中止を指示する。
    • 麻酔前投薬(鎮静薬、H2ブロッカー)の指示をする。
  2. 麻酔の準備
    • 麻酔器(呼吸回路、流量計、気化器、二酸化炭素吸着装置、人工呼吸器)を理解し、点検する。
    • 監視装置(心電図、自動血圧計、パルスオキシメータ、呼気ガスモニタ、膀胱・鼓膜・直腸・食道温、観血的動脈圧モニタ、中心静脈圧)の意義を理解し、準備する。
    • 麻酔薬(静脈麻酔薬、筋弛緩薬、吸入麻酔薬、局所麻酔薬)、循環作用薬(昇圧薬、降圧薬、抗不整脈薬等)、および気道確保に必要な器具(エアウェイ、喉頭鏡、気管チューブ、ラリンジアルマスク)の使用目的を理解し、準備する。
  3. 全身麻酔の実施
    • 患者確認を行う。
    • 末梢静脈路を確保し、モニタを装着する。
    • 全身麻酔導入後、気道を確保しマスク換気を行う。
    • 気管チューブあるいはラリンジアルマスクを挿入し、確実な気道確保を行う。
    • 腹腔内手術あるいは長時間手術症例では、胃管を挿入する。
    • 術中の著明な循環変動や細胞外液の喪失が予測される症例では、観血的動脈圧および中心静脈圧測定の意義、適応および合併症を理解した上で、ラインの留置を実施する。
    • 酸素濃度の調節、および調節呼吸または補助呼吸によって、適正な酸素化および換気量を維持する。
    • 全身麻酔深度の調節、昇圧薬・降圧薬・抗不整脈薬の投与、および輸液・輸血療法等によって、適正な循環管理を行う。
    • 術中輸液の意義と、循環パラメータ・出血量・尿量・術中検査所見等を指標にした適正な輸液管理を理解し、実施する。
    • 術中輸血の意義と、循環パラメータ・出血量・尿量・術中検査所見等を指標にした適正な輸血管理を理解し、実施する。
    • 術後痛の程度を鑑み、鎮痛薬の投与の意義を理解し、実施する。
    • 強度な術後痛が予測される症例における硬膜外麻酔併用の意義を理解し、実施する。
    • 手術終了後、麻酔薬の投与を中止し、覚醒させる。
    • 気管内・口腔内吸引後、気管チューブまたはラリンジアルマスクを抜去する。
    • 硬膜外カテーテル挿入症例において、局所麻酔薬および鎮痛薬の持続硬膜外注入による術後鎮痛法の意義を理解し、実施する。
    • 覚醒レベル、およびバイタルサインの安定を確認した後、術後の酸素投与を指示し病棟に帰室させる。
  4. 術後回診・診察、症例の反省
    • 術後回診・診察を行い、患者の回復状態、疼痛管理の有効性や副作用、および合併症や術中覚醒の有無などについて麻酔指導医または麻酔標榜医に報告する。
    • ケースカンファレンスにおいて問題点のあった症例を呈示し、討議する。
秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター
http://www.hos.akita-u.ac.jp/pct/

卒後臨床研修プログラムについては、秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センターにある卒後臨床研修プログラムをご覧ください(リンクをクリックすると、新しいブラウザでサイトを開きます)。

研修に関する連絡先

  • 〒010-8543 秋田市本道一丁目1-1
  • 秋田大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター(医学部総務課内)
  • TEL:018-884-6233
  • FAX:018-834-8619
  • E-mail:kenshuu@hos.akita-u.ac.jp

麻酔科に興味のある方

麻酔科に興味をお持ちの方は、masui@doc.med.akita-u.ac.jpまでメールをください。