第18回日本老年麻酔学会の開催と演題募集のお知らせ

謹啓

冷秋の候、会員の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

最近、全国の65歳以上の高齢者が2556万人となり、初めて総人口の2割に達したことが「敬老の日」に報道されました。これは、他の欧米諸国と比べて最も高い水準で、10年後には26%に達する見込みとのことであります。

さて、昨年および今年と日本老年麻酔学会の開催地は日本海側を北上してまいりました。来年3月に全国でも最も高齢化が著しい秋田県にて第18回日本老年麻酔学会を下記の要領で開催させて頂きますこと、誠に光栄でありますとともに意義深いものがございます。今回のテーマは「老年麻酔を再考する」とさせて頂き、高齢者の麻酔・医療に関する諸問題についての講演を予定しております。多数の皆様のご参加と老年麻酔に関する演題発表をお待ちしております。

謹白

2005年10月吉日

第18回日本老年麻酔学会

会長 西川 俊昭


第18回日本老年麻酔学会

 学会ポスター1 2 

             日時 2006年3月18日(土)15時〜19日(日)14時(予定)

             会場 秋田拠点センターアルヴェ(ALVE)

             会長 西川 俊昭(秋田大学医学部統合医学講座)

             参加費 5,000円(含 懇親会費)

     プログラム・抄録集出来ましたので、ご参照下さい。

                         (PDFファイルです。2006/2/27)

  

特別講演

      本橋豊先生(秋田大学医学部社会環境医学講座健康増進医学分野教授):

                           老人保健の諸問題(仮題)

 

セミナー

・ 斎藤重行先生(筑波学園病院救急診療部長):

                          高齢者腎不全患者の麻酔管理(仮題)

・ 藤田智先生(旭川医科大学救急部准教授):

                          高齢者麻酔の循環管理-シミュレータを使用した教育(仮題)

・ 佐倉伸一先生(島根大学医学部中央手術部准教授):

                    高齢者の硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔(仮題)

 

 

一般演題募集要項

    一般演題を広く募集いたします。演題名、演者名、共同演者名、所属機関名、連絡先ならびに800字以内の抄録を、masui@doc.med.akita-u.ac.jpまで、E-mailにて、件名に『演題』と記してお送り下さい。

    締め切りは、平成18年1月31日です。

 

 

問い合わせ:〒010-8543 

                   秋田市本道1-1-1 秋田大学医学部統合医学講座

                   麻酔科学・蘇生学分野

                   担当:合谷木 徹

                   TEL (018) 884-6175  Fax (018) 884-6448

                   E-mail: masui@doc.med.akita-u.ac.jp