現在位置:トップページ>患者さん/一般|診療案内

診療案内

放射線科は、画像診断・核医学部門と治療部門とから成り立っています。

1. 画像診断・核医学部門

従来のX線撮影、CT、MRI、核医学、血管造影、超音波検査など、画像を伴う検査に関わります。得られた画像の殆どはデジタル画像で、われわれ放射線科医は、それらの画像をモニター診断し、主治医に報告しています。

われわれの診断レポートと画像が診療各科の端末へと配信されます。CT、MRI、核医学検査では、造影剤やアイソトープの注射を必要とされますが、そのすべては放射線科医によって行われています。血管撮影では、放射腺科医が直接、患者さんの血管にカテーテルを挿入して、血管の写真をとります。

また、この血管撮影の技術を応用して、血管内から血管自体の治療、あるいは腫瘍の塞栓術などの治療も行っています。その領域は、インターベンショナルラジオロジーといい、近年めざましく発展した治療技術で、当科でも多くの治療を行っています。

その他、核医学診療、及び放射線同位元素を用いた治療として甲状腺癌術後あるいは甲状腺機能亢進症に対するヨード治療、骨転移に対するストロンチウム内用療法も可能です。

2.治療部門

放射線治療の需要が年々高まっていることは周知のことと思いますが、各科の医師や患者さんのご要望にこたえられるよう努力しています。エックス線を用いて外部から放射線を照射する外部照射や、小さな線源を用いて内部から治療する小線源治療どちらも行うことができ、病気の部位や状態、程度などによって、最適な治療になるよう工夫を行っています。

当院では、外部照射装置は2台保有していますが、そのうち1台は小さな病巣に多くの放射線線量を照射する定位放射線治療を行うことができ、年間100人以上の方を治療しています。

また小線源治療装置は1台保有していますが、秋田県内では当施設にしかなく、県内の病院から多くの患者さんを迎えています。

病気の種類や患者様の状態によって、治療法や治療期間などが異なってきますので、ご質問がある場合には放射線腫瘍医にご相談ください。

また、放射線治療については以下サイトもご参照ください。

社団法人日本医学放射線学会 放射線科の紹介
http://www.radiology.jp/modules/citizen/index.php?id=4
『日本放射線科専門医会・医会 放射線科専門医におまかせください』
http://www.jcr.or.jp/katudou/PR/PRPDF0207.pdf

その他の詳しい情報について

秋田大学医学部附属病院 外来のご案内
http://www.hos.akita-u.ac.jp/vpi/
秋田大学医学部附属病院 診療科・部門のご案内>放射線科
http://www.hos.akita-u.ac.jp/csd/department_of_radiology.html

患者さん/一般向けの詳しい情報は、秋田大学医学部附属病院ホームページ外来のご案内診療科・部門のご案内をご覧ください(リンクをクリックすると、新しいブラウザでサイトを開きます)。