秋田大学大学院医学系研究科腎泌尿器科学講座

研究/業績 2004年

インデックス(下からお選びください)

2004年の主な業績

2004年:原著論文

  1. Hatakeyama S., Ohyama C., Minagawa S., Inoue T., Kakinuma H., Kyan A., Arai Y., Suga T., Nakayama J., Kato T., Habuchi T., Fukuda MN. (2004) Functional correlation of trophinin expression with the malignancy of testicular germ cell tumor. Cancer Res., 64. 4257-62.
  2. Inoue T, Sato K, Tsuchiya N, Matsuura S, Iinuma M, Habuchi T, Kato T (2004) Numeric aberrations of HER-2 and chromosome 17 detected by fluorescence in situ hybridization in urine-exfoliated cells from patients with urothelial carcinoma. Urology 64(3), 617-621.
  3. Ichimura Y, Habuchi T, Tsuchiya N Wang L, Oyama C, Sato K, Nishiyama H, Ogawa O, Kato T (2004) Increased risk of bladder cancer associated with a glutathione peroxidase 1 codon 198 variant. J Urol 172(2), 728-732.
  4. Ishitoya, S., Kurazono, H., Nishiyama, H., Nakamura, E., Kamoto, T., Habuchi, T., Terai, A., Ogawa, O. & Yamamoto, S. (2004) Verotoxin induces rapid elimination of human renal tumor xenografts in SCID mice. J Urol, 171, 1309-1313.
  5. Ito M, Habuchi T, Watanabe J, Higashi S, Nishiyama H, Wang L, Tsuchiya N, Kamoto T, Ogawa O (2004) Polymorphism within the cyclin D1 gene is associated with an increased risk of carcinoma in situ in patients with superficial bladder cancer. Urology 64(1), 74-8.
  6. Kakinuma H, Tsuchiya N, Habuchi T, Ohyama C, Matsuura S, Wang L, Nakamura A, Kato T (2004) Serum sex steroid hormone levels and polymorphisms of CYP17 and SRD5A2: implication for prostate cancer risk. Prostate Cancer Prostatic Dis 7, 333-337.
  7. Kanamaru, S., Terai, A., Ishitoya, S., Kunishima, Y., Nishiyama, H., Segawa, T., Nakamura, E., Kinoshita, H., Moroi, S., Ito, N., Kamoto, T., Okuno, H., Habuchi, T., Senda, K., Ichiyama, S., Ogawa, O. & Yamamoto, S. (2004) Assessment of a protocol for prophylactic antibiotics to prevent perioperative infection in urological surgery: a preliminary study. Int J Urol, 11, 355-363.
  8. Kumazawa T, Tsuchiya N, Wang L, Sato K, Kamoto T, Ogawa O, Nakamura A, Kato T and Habuchi T (2004) Microsatellite polymorphism of steroid hormone synthesis gene CYP11A1 is associated with advanced prostate cancer. Int J Cancer 110(1), 140-4.
  9. Miura M, Tada H, Satoh S, Kagawa H, Yanagihara S, Sasaki Y, Habuchi T, Suzuki T (2004) Pharmacokinetics of lansoprazole enantiomers in renal transplant recipients with CYP2C19 extensive metabolizer. 医薬品相互作用研究 28: 1-7.
  10. Mitsumori, K., Tsuchiya, N., Habuchi, T., Li, Z., Akao, T., Ohyama, C., Sato, K. & Kato, T. (2004) Early and large-dose intravesical instillation of epirubicin to prevent superficial bladder carcinoma recurrence after transurethral resection. BJU Int, 94, 317-321.
  11. Narita S, Tsuchiya N, Wang L, Matsuura S, Ohyama C, Satoh S, Sato K, Ogawa O, Habuchi T and Kato T (2004) Association of lipoprotein lipase gene polymorphism with risk of prostate cancer in a Japanese population. Int J Cancer 112(5), 872-876.
  12. Nishiyama, H., Habuchi, T., Watanabe, J., Teramukai, S., Tada, H., Ono, Y., Ohshima, S., Fujimoto, K., Hirao, Y., Fukushima, M. & Ogawa, O. (2004) Clinical outcome of a large-scale multi-institutional retrospective study for locally advanced bladder cancer: a survey including 1131 patients treated during 1990-2000 in Japan. Eur Urol, 45, 176-181.
  13. Ohyama, C., Hosono, M., Nitta, K., Oh-eda, M., Yoshikawa, K., Habuchi, T., Arai, Y. & Fukuda, M. (2004) Carbohydrate structure and differential binding of prostate specific antigen to Maackia amurensis lectin between prostate cancer and benign prostate hypertrophy. Glycobiology, 14, 671-679.
  14. Ohyama C, Tsuchiya N, Habuchi T, Sato K, Satoh S, Shimoda N and Kato T (2004) Rectosigmoidal bladder utilizing intussuscepted ileal segment: a surgical technique for urinary diversion and experiences in 30 patients. Int J Urol 11(6), 379-85.
  15. Satoh S, Tsuchiya N, Sato K, Ohtani H, Komatsuda A, Habuchi T, Kato T (2004) Influence of pretransplant dialysis modality on the change of lymphocyte subset populations and acute rejection rates after renal transplantation. Int J Urol 11(10), 825-830.
  16. Satoh S, Horikawa Y, Kakinuma H, Tsuchiya N, Wang L, Kato T, Habuchi T (2004) Clinical characteristics of normotensive renal transplant recipients with microalbuminuria and effects of angiotensin II type I receptor antagonist on urinary albumin excretion. Int J Urol 11(8), 585-91.
  17. Terai, A., Habuchi, T., Terachi, T., Kamoto, T. & Ogawa, O. (2004) Retroperitoneoscopic treatment of caliceal diverticular calculi: report of two cases and review of the literature. J. Endourol., 18, 672-674.
  18. Tsuchiya N, Sato K, Satoh S, Ohyama C, Shimoda N, Habuchi T and Kato T (2004) A novel antireflux technique using an intussuscepted ileal segment. Urol Int 73(1), 15-18.
  19. Tsuchiya N, Iinuma M, Habuchi T, Ohyama C, Matsuura S, Sato K, Satoh S and Kato T (2004) Hand-assisted retroperitoneoscopic nephrectomy for living kidney transplantation: initial 44 cases. Urology 64(2), 250-254.
  20. Tsuchiya N, Satoh S, Tada H, Li L, Ohyama C, Sato K, Suzuki T, Habuchi T and Tetsuro Kato (2004) Influence of CYP3A5 and MDR1 (ABCB1) Polymorphisms on The Pharmacokinetics of Tacrolimus in Renal Transplant Recipients. Transplantation 78(8), 1182-1187.
  21. Tsuchiya N, Wang L, Horikawa Y, Inoue T, Kakinuma H, Matsuura S, Sato K, Ogawa O, Kato T, Habuchi T (2004) CA repeat polymorphism in the insulin-like growth factor-I gene is associated with increased risk of prostate cancer and benign prostatic hyperplasia. Int J Oncology 26, 225-231.
  22. Yu J, Habuchi T, Tsuchiya N, Nakamura E, Kakinuma H, Horikawa H, Inoue T, Ogawa O, Kato T (2004) Association of the cyclin D1 gene G870A polymorphism with susceptibility to sporadic renal cell carcinoma. J Urol 172, 2410-2413
  23. 飯沼昌宏,土谷順彦,佐藤 滋,大山 力,加藤哲郎,佐藤一成,羽渕友則(2004)マイクロ波凝固術による後腹膜鏡下腎部分切除術の経験.泌尿紀要 50, 299-30.
  24. 飯沼昌宏,土谷順彦,羽渕友則,大山 力,佐藤 滋,松浦 忍,佐藤一成,加藤哲郎(2004)秋田大学における鏡視下副腎摘出症例の検討,泌尿紀要 50, 401-404.
  25. 井上高光,大山 力,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則,斉藤誠一,星 宣次,荒井陽一,加藤哲郎(2004)MVAC療法抵抗性肝転移に対してGemcitabine, Carboplatin, Docetaxelの3剤併用療法が奏功した尿路移行上皮癌の3例.泌尿紀要 50, 273-277.
  26. 井上高光、佐藤一成、飯沼昌宏、土谷順彦、羽渕友則、加藤哲郎(2004)尿路上皮癌患者の尿中剥離細胞における17番染色体数およびHER-2遺伝子異常の臨床的意義.秋田医学 31, 63-69
  27. 齋藤満, 佐藤滋, 土谷順彦, 井上高光, 飯沼昌宏, 松浦忍, 下田直威, 大山力, 佐藤一成, 羽渕友則(2004)血流再開直後に移植腎動脈解離を認め動脈形成術を行った1例.泌尿器科紀要 50, 195-198.
  28. 齋藤 満,土谷 順彦,飯沼 昌宏,光森 健二,松浦 忍,下田 直威,大山 力,佐藤 滋,佐藤 一成(2003)後腹膜髄外性形質細胞腫の1例.泌尿器科紀要49.735−739.
  29. 齋藤 満,下田 直威,寺井 康詞郎,秋濱 晋,飯沼 昌宏,光森 健二,大山 力,佐藤 滋,佐藤 一成,羽渕 友則,加藤 哲郎(2004)異時性両側精巣腫瘍に対し精巣部分切除術を施行し妊孕性を保ち得た1例.日本泌尿器科学会雑誌95.621−625.
  30. 佐藤一成,土谷順彦,飯沼昌宏,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,大山 力,佐藤 滋,羽渕友則,加藤哲郎(2004)ハンドアシスト後腹膜鏡下ドナー腎摘除術.Jpn J Endourol ESWL 17, 58-65.
  31. 土谷順彦,佐藤一成,佐藤 滋,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,大山 力,羽渕友則(2004)GelPortTMを用いた後腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎摘除術, Video Journal of Urology 10 (4).
  32. 土谷順彦,佐藤 滋,井上高光,齋藤 満,小原 崇,葛智恵子,大山 力,佐藤一成,羽渕友則(2004)血流再開後のグラフト動脈内膜解離に対して再還流後動脈形成術を行った1例.腎移植・血管外科 16 (1), 20-24.
  33. 土谷順彦,佐藤一成,佐藤 滋,飯沼昌宏,沼倉一幸,松浦 忍,冨樫寿文,堀川洋平,大山 力,加藤哲郎,羽渕友則(2004)70歳以上の高齢者に対するハンドアシスト後腹膜鏡下生体ドナー腎摘除術の検討.Jpn J Endourol ESWL 17, 205-210.
  34. 井上高光,佐藤滋,沼倉一幸,斉藤満,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤一成,羽渕友則 (2004):当科におけるABO不適合腎移植前の抗血液型抗体除去療法の現況:秋田腎不全研究会雑誌 7, 91-94
  35. 齋藤 満,佐藤 滋,井上高光,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤一成,羽渕友則,安斎真一,高橋 周,成田琢磨,保田 正 (2004) 腎移植を検討した糖尿病性腎症3例. 秋田腎不全研究会雑誌 7: 85-90.
  36. 齋藤 満,佐藤 滋,井上 高光,堀川 洋平,富樫 寿文,松浦 忍,土谷 順彦,大山 力,佐藤 一成,羽渕 友則,安斎 真一,高橋 周,成田 琢磨,保田 正(2004).腎移植を検討した糖尿病性腎症3例.秋田腎不全研究会誌7.85−90.
  37. 佐藤 滋,斉藤 満,土谷順彦,井上高光,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,大山 力,佐藤一成,加藤哲郎,羽渕友則(2004)深部静脈血栓発症2年後に腎移植を施行したSLEの1例. 泌尿器外科17(増刊): 536-557.
  38. 佐藤 滋 (2004) 泌尿器癌?透析患者における診断と治療?尿路上皮癌(腎盂・尿管・膀胱・尿道). 泌尿器科外科 17:1247-1249.
  39. 佐藤 滋,石山 剛,加藤哲郎,清野耕治 (2004) 透析患者の腎癌・尿路上皮癌. 秋田腎不全研究会雑誌 7: 65-67.
  40. 土谷順彦(2004)若手研究者のひろば 薬物療法における遺伝子多型に基づいたテーラーメイド医療の可能性.Drug Delivery System 19(6), 552-553.
  41. 土谷順彦,飯沼昌宏,佐藤 滋,松浦 忍,大山 力,佐藤一成,羽渕友則(2004)後腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎摘出術.東北腎不全研究会誌 1, 39-40.
  42. 土谷順彦,松浦 忍,大山 力,佐藤 滋,佐藤一成,加藤哲郎,羽渕友則(2004)直腸S状結腸膀胱の中長期成績. 泌尿器外科 17(増刊): 518-520.
  43. 土方仁美,佐藤 滋,加藤哲郎 (2004) 秋田県における院内コーディネーター(Co.)活動1年目に対する評価. 秋田腎不全研究会雑誌 7: 100-103.
  44. 堀川洋平,井上高光,佐藤滋,皆川真吾,冨樫寿文,松浦忍,土谷順彦,大山力,佐藤一成,羽渕友則,杉山紀子,荒川アツ子(2004)当科における生体腎移植クリティカルパス.東北腎不全研究会誌 1, 35-36.
  45. 沼倉一幸,熊沢光明,石田俊哉(2004) 当院における塩酸セベラマー(レナジェルR)の短期成績. 秋田腎不全研究会誌7, 52-57.
  46. 和田康子,石川陽子,池田裕子,荒川アツ子,土谷順彦,佐藤 滋,羽渕友則 (2004) 秋田大学における腎移植患者の健康QOL調査?SF-36を用いて?. 秋田腎不全研究会雑誌 7: 95-99.

2004年:著書・総説・解説

  1. 土谷順彦(2004)Essential Reports : AUA 2004 Annual Meeting, 膀胱癌に関するトピックス
  2. 堀川洋平,羽渕友則 (2004) IV.オープンサージャリー 膀胱全摘除術. 泌尿器科周術期管理のすべて. メジカルビュー社,東京,p186-193
  3. 土谷順彦, 羽渕友則, 加藤哲郎(2004)LH-RHアナログ徐放製剤の開発と前立腺癌における臨床試験.Drug Delivery System 19(5), 445-452. 
  4. 佐藤 滋(2004) 血液浄化療法 リンパ球除去. 日本臨床 62: 338-341.
  5. 佐藤 滋(2004) MMFと感染. 今日の移植 17: 562-568.
  6. 佐藤 滋(2004) CAPDからの腎移植. 腎と透析 57: 325-329.
  7. 羽渕友則(2004) 体腔鏡下副腎ならびに腎摘除術のピットフォールと対応.日本Endourology/ESWL学会 教育プログラム 30-38
  8. 羽渕友則(2004) 腹腔鏡下腎摘除術の適応:腎腫瘍.腎と透析 57, 164-168.
  9. 羽渕友則,大山 力(2004) 進行尿路上皮癌に対する化学療法:最近の話題.臨床泌尿器科 58,189-196.

2004年:学会発表

Osaka Kidney Transplantation Forum 2004,April, Osaka, Japan

  1. Satoh S (2004) Tolerance induction (commetator).

The 2004 Annual Meeting of the Korean Endourological Society, October, Seoul National University Hospital, Seoul, Korea (特別講演)

  1. Tomonori Habuchi (2004) Special Lecture: Hand-assisted Retroperitoneoscopic Donor Nephrectomy : An Optimal Technique for Donor Nephrectomy ?

20th Annual International Meeting Urological Research Society 2004 (URS 2004), September, Seoul, Korea

  1. Habuchi, T., Tsuchiya, N., Yu, J., Itoh, M., Wang, L., and Ogawa O. (2004) The role of cyclin D1 gene polymorphism in urologic cancers.

American Urology Association (AUA) 99th Annual Meeting, May, San Francisco

  1. Minagawa, S., Ohyama, C., Hatakeyama, S., Sato, K., Satoh, S., Habuchi, T. (2004) Activation of natural killer T (NKT) cells by alpha-galactosyl ceramide mediates clearance of E.Coli in murine urinary tract infection.
  2. Satoh S, Togashi H, Tsuchiya N, Sato K, Habuchi T, Kato T, Ishiyama G, Seino K (2004) Epidemiologic Analysis of Cancers of Kidney and Urinary Tract in Patients on Maintenance Dialysis.
  3. Ohyama, C., Sato, K., Satoh, S., Habuchi, T., Kato, T., Hagisawa, S., Arai, Y., Yoshikawa, K. (2004) Predictive value of N-acetyl-glucosaminyltranaferase-V (GNT-V) expression in superficial bladder cancer recurrence.
  4. Okubo, K., Nishiyama, H., Nagahama, K., Kamoto, T., Okuno, H., Habuchi, T., Ogawa, O. (2004) GSTT1 polymorphism is associated with improvement of seminal findings after varicocelectomy.
  5. Tsuchiya N, Satoh S, Tada H, Li Z, Ohyama C, Sato K, Suzuki T, Kato T, Habuchi T (2004) Effect of CYP3A5 and MDR1 Gene Polymorphism on Pharmacokinetics of Tacrolimus in Renal Transplant Recipients.
  6. Wang L, Sato K, Tsuchiya N, Ohyama C, Satoh S, Ogawa O, Kato T, Habuchi T
  7. Polymorphis CA Repeats In IGF-I Gene is a Common Genetic Modifier in the Etiology of Prostate Cancer and Benign Prostatic Hyperplasia

Societe Internationale d’ Urologie (SIU) 27th meeting, October, Honolulu

  1. Inoue T., Sato K., Tsuchiya N., Matsuura S., Iinuma M., Habuchi T., and KatoT. (2004) Numerical Aberrations of HER-2 and Chromosome 17 Detected by Fluorescence in situ Hybridization in Urine-Exfoliated Cells from Urothelial Carcinoma Patients.
  2. Matsuura S,, Shiroyanagi Y., Obara T., Tsuchiya-N,, Ohyama C., Satoh S., Sato K., Habuchi T.(2004)Bladder acellular matrix graft for bladder augmentation surgery in spinalized rats

The 3rd International Congress on Immunosuppresion, December, San Diego

  1. Satoh S, Tada H, Tsuchiya N, Murakami M, Li Z, Hayase Y, Suzuki T, Habuchi T (2004) The nighttime mycophenolic acid area under the curve influences the occurrence of acute rejection in the early stage in renal transplant recipients. The 3 rd international congress of immunosuppression
  2. Numakura, K., Satoh, S., Tsuchiya, N., Horikawa, Y., Inoue, T., Kakinuma, H ., Togashi, H ., Matsuura, S., Tada, H., Suzuki, T., and Habuchi. T. (2004) INCIDENCE AND RISK FACTORS OF CLINICAL CHARACTERISTICS, TACROLIMUS PHARMACOKINETICS, AND RELATED GENOMIC POLYMORPHISMS FOR POSTTRANSPLANT DIABETES MELLITUS IN THE EARLY STAGE OF RENAL TRANSPLANT RECIPIENTS
  3. Tada T, Tsuchiya N, Satoh S, Li Z, Ohyama C, Sato K, Suzuki T, Habuchi T
  4. Impact of CYP3A5 and MDR1 (ABCB1) polymorphisms on the pharmacokinetics of tacrolimus in renal transplant recipients.
  5. Satoh S, Inoue T, Tsuchiya N, Togashi H, Matsuura S, Tada H, Suzuki T, Murakami M, Hayase Y, Habuchi T (2004) The influence of mycophenolate mofetil (MMF) versus azathioprine (AZA) and mycophenolic acid (MPA) pharmacokinetics on the incidence of acute rejection and infectious complications after renal transplantation.

The 37th Annual Meeting of American Society of Nephrology, October, St. Louis, USA.

  1. Saito M, Satoh S, Kojima N, Senoo H, Habuchi T (2004) Effects of anti-oxidant drug, resveratrol, on the renal function and expression of costimulatory adhesion molecules, CD86(B7-2), in the glomerular endothelium by warm ischemia/reperfusion injury in rats

第37回臨床腎移植学会,1月.松島

  1. 土谷順彦, 佐藤一成, 大山 力, 松浦 忍, 佐藤 滋, 羽渕友則, 加藤哲郎(2004)当科における後腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎摘術の検討
  2. 佐藤 滋,土谷順彦,李 振華,王 立忠,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,大山 力,佐藤一成,羽渕友則,多田 均,鈴木敏夫(2004)CYP3A5遺伝子多型によるタクロリムス(FK)薬物動態の相違.
  3. 井上高光,佐藤 滋,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤一成,羽渕友則,加藤哲郎(2004)当科におけるABO不適含生体腎移植の現況.
  4. 沼倉一幸,佐藤 滋,土谷順彦,王 立中,羽渕友則,成田琢磨(2004)腎移植後の耐糖能異常.
  5. 和田康子,石川陽子,池田裕子,荒川アツ子,土谷順彦,佐藤 滋,羽渕友則(2004)秋田大学における腎移植後患者の健康QOL調査〜SF−36を用いて〜.

第17回日本自己血輸血学会総会,2月. 秋田

  1. 堀川洋平,佐藤一成,羽渕友則ら (2004) 当科における根治的前立腺全摘除術における輸血の実際:適切な自己血輸血への取り組み

第92回日本泌尿器科学会総会,4月.大阪

  1. 佐藤 滋(2004) シンポジウム:泌尿器癌?透析患者における診断と治療. 尿路上皮癌(腎盂,尿管,膀胱,尿道)癌.
  2. 佐藤一成,土谷順彦,飯沼昌宏,堀川洋平,松浦 忍,冨樫寿文,大山 力,佐藤 滋,加藤哲郎,羽渕友則(2004)後腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎摘除術の手術成績の検討.
  3. Tsuchiya N (2004) Young Urologist Research Workshop; Clinical Significance of Alteration of Chromosome 8 and Identification of Target Genes at 8q24 Region in Prostate Cancer.
  4. 土谷順彦,佐藤一成,佐藤滋,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,大山 力,羽渕友則(2004)GelPortを用い後1腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎摘除術(ビデオ).
  5. 近藤靖司,高橋 毅,土谷順彦,Jenkins RB, Lieber MM,北村唯一(2004)増幅領域8q24上の前立腺癌進展に関与する遺伝子のRNA interferenceによる探索.
  6. 王 立忠,佐藤一成,土谷順彦,堀川洋平,大山 力,佐藤 滋,小川 修,加藤哲郎,羽渕友則(2004) Polymorphic CA Repeat in Insulin-like Growth Factor-I Gene is a Genetic Modifier in the Etiology of Prostate Cancer and Benign Prostatic Hyperplasia.
  7. 堀川洋平,大山 力,王 立忠,松浦 忍,冨樫寿文,土谷順彦,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則,高橋とし子,萩沢 茂,荒井陽一(2004)浸潤性膀胱癌におけるCre2-GnT,GnT-Vの発現の意義.
  8. 佐藤一成,土谷順彦,飯沼昌宏,堀川洋平,松浦 忍,冨樫寿文,大山 力,佐藤 滋,加藤哲郎,羽渕友則(2004)後腹膜鏡下ハンドアシストドナー腎摘除術の手術成績の検討.
  9. 柿沼秀秋, 加藤哲郎, 羽渕友則(2004) Sodium Iodide Sympoter 遺伝子を利用した前立腺癌の遺伝子治療
  10. 忠地一輝,松浦忍,下田直威,佐藤一成,加藤哲郎,羽渕友則ら(2004) 過伸展ラット膀胱における急性期および慢性期の組織内HGF,TGF-β1,C-Met蛋白の発現の変化
  11. 畠山真吾,大山 力,皆川震度,堀川洋平,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則,高橋とし子,伊藤明宏,喜屋武 淳,佐藤 信,斎藤誠一,荒井陽一(2004) 精巣腫瘍における着床関連分子Trophinin発現の意義.
  12. 皆川真吾,大山 力,畠山真吾,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則(2004)マウス尿路感染症モデルにおける?-Galactosylceramideの抗菌効果.

第49回日本透析医学会学術集会・総会,6月,神戸

  1. 井上高光,佐藤滋,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤一成,羽渕友則,加藤哲郎 (2004)当科におけるABO不適合腎移植の現況
  2. 岡根克己,佐藤昌悦,小川伸,小田嶋明子,中村勇美子,小田嶋千枝子(2004) 高リン血症に対する塩酸セベラマーの臨床効果
  3. 齋藤 満,佐藤 滋,井上 高光,冨樫 寿文,土谷 順彦,大山 力,佐藤 一成,羽渕 友則(2004) 腎移植を検討した糖尿病性腎症3例
  4. 佐藤 滋,冨樫寿文,羽渕友則,石山 剛,加藤哲郎,清野耕治(2004) 維持透析患者に発生する腎癌・尿路上皮癌の疫学的調査. 5) 冨樫寿文,佐藤 滋(2004) 当科における腎移植状況.

第20回日本DDS学会総会,7月.東京

  1. 土谷順彦(2004)泌尿器科におけるDDS(シンポジウム)
  2. 土谷順彦,佐藤 滋,多田 均,李 振華,大山 力,佐藤一成,鈴木敏夫,加藤哲郎,羽渕友則(2004)CYP3A5 ならびにMDR1 遺伝子多型が腎移植後のタクロリムス血中濃度に与える影響.
  3. 柿沼秀秋, 加藤哲郎, 羽渕友則(2004) Sodium Iodide Sympoter 遺伝子を利用した前立腺癌の遺伝子治療 第69回,

日本泌尿器科学会東部総会,9月.東京

  1. 井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,羽渕友則 (2004): 進行性尿路上皮癌に対するhigh-dose-intensity MVAC療法の検討
  2. 堀川洋平 柿沼秀秋 冨樫寿文ら (2004): 表在性膀胱癌におけるランダム生検の意義
  3. 沼倉一幸 佐藤 滋 井上高光 堀川洋平 冨樫寿文松浦 忍 土谷順彦 大山 力 佐藤一成 羽渕友則 (2004) 当科におけるMMF投与後の腎移植後感染症の発生
  4. 柿沼秀秋, 佐藤 滋, 土谷順彦, 松浦 忍, 冨樫寿文, 伊藤卓雄, 佐藤一成, 大山 力, 羽渕友則(2004)ホルモン抵抗性前立腺癌(HRPC)に対する新規抗癌剤(ドセタキセル)を用いた化学療法の検討

第40回日移植学会総会,9月.岡山

  1. 齋藤 満,佐藤 滋,羽渕 友則,小嶋 直介,佐藤 充,妹尾 春樹,多田 均(2004) ラット腎虚血再灌流モデルにおける副刺激シグナル関連抗原分子の発現亢進に対する坑酸化剤(Resveratrol)の効果
  2. 土谷順彦,佐藤 滋,多田 均,李 振華,大山 力,佐藤一成,鈴木敏夫,加藤哲郎,羽渕友則(2004)CYP3A5 ならびにMDR1 遺伝子多型が腎移植後のタクロリムス血中濃度に与える影響.
  3. 佐藤 滋,多田 均,土谷順彦,村上美穂,早瀬幸俊,鈴木敏夫,羽渕友則(2004)腎移植後早期の急性拒絶発症に及ぼすミコフェノール酸(MPA)の夜間血中濃度時間曲線下面積(AUC)と関連遺伝子の影響.

第63回日本癌学会学術総会, 9月, 福岡

  1. 柿沼秀秋, 加藤哲郎, 羽渕友則(2004) Sodium Iodide Sympoter 遺伝子を利用した前立腺癌の遺伝子治療
  2. 畠山真吾,大山力,柿沼秀秋,土谷順彦,羽渕友則(2004)精巣腫瘍における着床関連接着分子Trophininの発現とその意義

第42回日本癌治療学会,10月.京都

  1. 井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,羽渕友則(2004) 進行性尿路上皮癌に対するhigh-dose-intensity MVAC療法の検討
  2. 小原 崇, 冨樫寿文, 井上高光, 阿部明彦, 堀川洋平,松浦 忍, 土谷順彦, 佐藤 滋, 佐藤一成, 大山 力, 羽渕友則(2004) 当科における限局性腎癌T分類の再評価
  3. 土谷順彦,王 立忠,福田歴視,大山 力,佐藤一成,佐藤 滋,鈴木啓悦,新保正貴,市川智彦,清川岳彦,光森健二,賀本敏行,小川 修,羽渕友則(2004)遺伝子多型解析による転移性前立腺癌の予後予測.
  4. 畠山真吾,大山力,皆川真吾,柿沼秀秋,土谷順彦,羽渕友則(2004)着床関連蛋白Trophininの精巣腫瘍での発現意義について
  5. 堀川洋平,大山 力,松浦 忍ら (2004) 浸潤性膀胱がんにおけるC2GnT,GnT-V発現の意義

第17回日本Endourology・ESWL学会総会,11月.岡山

  1. 羽渕友則(2004) 腹腔鏡手術におけるpitfall:腎・副腎(教育プログラム)
  2. 羽渕友則(2004) 腎腫瘍に対する標準術式は鏡視下腎摘術か?  シンポジウム:エンドウロロジーとオンコロジーの接点―腫瘍学の観点からみた癌のminimally invasive treatment
  3. 土谷順彦,柿沼秀秋,齊藤 満,井上高光,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,大山力,佐藤滋,羽渕友則(2004)腎静脈内腫瘍血栓を有する左腎細胞癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術の経験.
  4. 松浦 忍,土谷順彦,堀川洋平,富樫寿文,柿沼秀秋,大山 力,佐藤 滋,羽渕友則佐藤一成飯沼昌宏(2004)当院および関連施設における鏡視下根治的腎摘除術の経験

第17回日本内視鏡外科学会総会,11月.横浜

  1. 成田伸太郎,松浦忍,土谷順彦,佐藤滋,大山力,羽渕友則 (2004) 腎盂尿管癌に対する後腹膜鏡下手術の検討
  2. 羽渕友則(2004) 腎・副腎疾患に関する腹腔鏡手術のメリット,ディベート:Mini切開 vs Pure Laparo and Thoracoscopy
  3. 松浦 忍,成田伸太郎,井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,飯沼昌宏,富樫寿文,土谷順彦,大山 力,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則(2004)右腎に対する後腹膜鏡下ハンドアシスト移植腎採取術の臨床的検討

第230回 日本泌尿器科学会東北地方会,4月.秋田

  1. 成田直史,齋藤 満,井上高光,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則,岡根克己(2004)High dose M-VAC療法が奏効した進行性膀胱癌の1例.
  2. 葛 千恵子,鶴田 大,福田歴視,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則,南條 博(2004)膀胱癌肉腫の1例.
  3. 小原 崇,堀川洋平,柿沼秀秋,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤 滋,佐藤一成,羽渕友則(2004)後腹膜鏡下腎部分切除術の1例.

第231回 日本泌尿器科学会東北地方会,9月.山形

  1. 堀川 洋平 (2004) 表在性膀胱癌診断法―新しい方法 (ミニシンポジウム)
  2. 福田歴視,熊澤光明,高橋一広,佐藤一成,石田俊哉(2004)公衆浴場で受傷した陰嚢外傷の1例.
  3. 熊谷研,伊藤卓雄,成田伸太郎,井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦忍,土谷順彦,佐藤滋,羽渕友則,大山力,佐藤敬悦(2004)ドセタキセル,エストラムスチン,カルボプラチンの3剤併用化学療法が奏効した前立腺癌館転移の1例
  4. 陰茎海綿体‐大伏在静脈シャント術を施行した持続勃起症の一例(2004)神崎正俊,松浦 忍,土谷順彦,冨樫寿文,灘岡純一,熊谷研,井上高光,伊藤卓雄,堀川洋平,柿沼秀秋,大山力,佐藤滋,羽渕 友則,木津典久

泌尿器がん治療フォーラム,3月.東京

  1. 井上高光,畠山真吾,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤一成,羽渕友則(2004)転移性腎癌に対するIFNα,IL-2,Gemcitabine3剤併用療法の経験

第20回腎移植・血管外科研究会,6月.佐渡

  1. 齊藤 満,佐藤 滋,冨樫寿文,堀川洋平,土谷順彦,大山 力,佐藤一成,羽渕友則,長谷川仁志,石田 大,清水 博(2004)術直後にAMIと診断された夫婦間ABO不適合生体腎移植の1例.
  2. 井上高光,佐藤 滋,小原 崇,齊藤 満,松浦 忍,土谷順彦(2004)移植腎の外腸骨静脈圧迫によると考えられた術後深部静脈血栓症の1例.
  3. 土谷順彦,佐藤 滋,井上高光,齊藤 満,小原 崇,佐々木智恵子,松浦 忍,大山 力,佐藤一成,羽渕友則(2004)血流再開後のグラフト動脈内膜解離に対して再還流後動脈形成術を行った1例.

第13回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会,7月.福岡

  1. 土谷順彦,王 立忠,福田歴視,大山 力,佐藤一成,佐藤 滋,鈴木啓悦,新保正貴,市川智彦,清川岳彦,光森健二,賀本敏行,小川 修,羽渕友則(2004)遺伝子多型解析による転移性前立腺癌の予後予測.
  2. 成田伸太郎,土谷順彦,王立忠,大山力,佐藤滋,佐藤一成,小川 修,羽渕友則(2004)前立腺癌におけるLPL遺伝子多型の検討.

第15回前立腺がんワークショップ, 11月.東京

  1. 土谷順彦(2004)遺伝子多型解析による前立腺癌の進展ならびに予後予測の可能性.

第5回泌尿器分子病態学カンファランスとうほく,11月.岩手

  1. 前立腺腫瘍細胞に対するHDAC阻害薬(FK228)の抗腫瘍効果と抗癌剤増強作用(2004)神崎正俊,柿沼秀秋,畠山真吾,成田伸太郎,井上高光 ,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,佐藤 滋,羽渕友則

第42回 秋田県泌尿器科集談会・第6回秋田県尿路腫瘍研究会,2月.秋田

  1. 堀川洋平 柿沼秀秋 冨樫寿文 松浦 忍 土谷順彦,大山 力 佐藤 滋 佐藤一成 羽渕友則(2004)当科における膀胱癌全摘症例の検討

第3回東北排尿障害研究会,2月.盛岡

  1. 小原 崇,松浦 忍,羽渕友則ら(2004)脊損ラットに対する膀胱脱細胞マトリクス(BAMG)を用いた膀胱拡大術:脊損ラットに対する膀胱脱細胞マトリクス(BAMG)を用いた膀胱拡大術

第29回東北腎泌尿器画像研究会, 3月, 仙台

  1. 沼倉一幸 井上高光 土谷順彦 堀川洋平 冨樫寿文 松浦 忍 大山 力 佐藤 滋 佐藤一成 羽渕友則 加藤哲郎 (2004) 骨盤内動静脈奇形の1例

第16回 茨城県北透析医談話会,3月,日立

  1. 佐藤 滋(2004) 特別講演:今日の生体腎移植と明日の献腎移植をめざして.

第82回 山形泌尿器科研究会, 6月,酒田市

  1. 羽渕友則(2004) 特別講演:泌尿器科臨床と分子レベルの研究

第20回 北海道腎移植談話会,6月,札幌

  1. 佐藤 滋(2004) 特別講演:今日の生体腎移植と明日の献腎移植をめざして.

第43回 秋田県泌尿器科集談会,4月.秋田

  1. 堀川洋平,神崎正俊,灘岡純一ら(2004) この症例をどう考える:性腺外胚細胞腫の一例

第44回 秋田県泌尿器科集談会,6月.秋田

  1. 小原 崇, 松浦 忍, 羽渕友則,下田直威,佐藤一成ら(2004)恥骨固定式尿道スリング手術(VESICAキットTM)の長期成績
  2. 成田直史 鈴木丈博,石田俊哉 松尾 垂樹 佐々木 秀平,皆川 真吾(2004) この症例をどう考える(インターアクティブ形式)♯2

第3回盛岡糖尿病の会,7月,盛岡

  1. 佐藤 滋(2004) 学術講演:糖尿病性腎症?アルブミン尿から腎移植までー.

第5回福井泌尿器科フォーラム, 7月,福井市

  1. 羽渕友則(2004) 特別講演:泌尿器科臨床の課題と遺伝子解析

東北性ホルモン研究会,9月,仙台

  1. 畠山真吾,皆川真吾,井上高光,柿沼秀秋,土谷順彦,佐藤 滋,羽渕友則,大山 力,高橋とし子,喜屋武 淳,萩沢 茂,荒井陽一(2004)精巣腫瘍における着床関連分子Trophinin発現の検討とその意義

第71回秋田県医学会総会,9月,秋田市

  1. 羽渕友則(2004) 特別講演:泌尿器疾患に対する低侵襲治療を目指して

第8回大分腎移植セミナー,9月,大分.

  1. 佐藤 滋(2004) 特別講演:腎移植後のcareならびに最近のドナーアクション.

第2回秋田県高齢者脈管疾患を考える会,9月,秋田

  1. 佐藤 滋(2004) 講演:糖尿病性腎症?アルブミン尿から腎移植までー.

第13回秋田県内視鏡外科研究会,10月.秋田

  1. 土谷順彦(2004)当科における内視鏡外科手術の現況(パネルディスカッション).
  2. 土谷順彦,柿沼秀秋,齊藤 満,井上高光,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,大山力,佐藤滋,羽渕友則(2004)腎静脈内腫瘍血栓を有する左腎細胞癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術の経験

第9回 東北泌尿器悪性腫瘍研究,10月, 秋田

  1. 井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,羽渕友則:転移性尿路上皮癌に対するGemcitabine, Carboplatin, Docetaxel併用化学療法の検討 
  2. 忠地一輝,羽渕友則,堀川洋平(2004)長期膀胱瘻患者に生じた膀胱扁平上皮癌の1例

第9回東北泌尿器悪性腫瘍研究会, 10月, 秋田

  1. 柿沼秀秋, 佐藤 滋, 土谷順彦, 松浦 忍, 冨樫寿文, 堀川洋平, 井上高光, 成田伸太郎, 羽渕友則(2004)ホルモン抵抗性前立腺癌(HRPC)に対する新規抗癌剤(ドセタキセル)を用いた化学療法の検討

平成16年度前立腺がん検診研修会, 10月, 秋田

  1. 柿沼秀秋(2004) より正確な生検方法に向けて
  2. 佐藤一成(2004)どんな男性に生検を勧めるか?

第14回東北腹膜透析カンファランス,11月,秋田

  1. 佐藤 滋(2004) 特別講演:移植とCAPDの今後の展望.

第21回 青森県泌尿器科研究会,11月 青森市

  1. 西本 正,鶴田 大(2004) 馬蹄鉄腎に発生した腎盂腫瘍の1例

第7回東北移植研究会,11月,仙台

  1. 沼倉一幸,佐藤 滋,井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,羽渕友則. 移植後糖尿病発症(PTDM)に関連する遺伝子多型の検討.

第8回秋田腎不全研究会,11月,秋田.

  1. 斎藤 満,佐藤 滋,冨樫寿文,井上高光,松浦 忍,土谷順彦,羽渕友則(2004) 術後早期にタクロリムスによるHUSを発症した夫婦間生体腎移植の1例.
  2. 冨樫寿文,佐藤 滋,井上高光,成田伸太郎,堀川洋平,柿沼秀秋,松浦 忍,土谷順彦,羽渕友則,佐藤一成,大山 力,佐藤敬悦,土方仁美(2004) 平成16年腎移植とドナー情報報告.
  3. 佐藤 滋(2004) 特別企画:透析患者の急性脳症の報告.

第21回北海道腎移植談話会,11月.札幌

  1. 井上高光,佐藤滋,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,羽渕友則(2004)移植腎尿管狭窄により移植腎尿管固有尿管吻合を施行した1例

第8回秋田腎不全研究会,11月. 秋田

  1. 井上高光,佐藤滋,堀川洋平,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,大山 力,佐藤一成,羽渕友則,加藤哲郎(2004)当科におけるABO不適合腎移植の現況
  2. 熊澤光明,秋濱 晋,佐藤一成,照山和秀,石田俊哉,松田尚太郎(2004)透析シャント閉塞に対するLyse and Wait法の試み.
  3. 佐藤 滋,齋藤 満,井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,松浦 忍,土谷順彦,羽渕友則,佐藤一成,大山 力,佐藤敬悦,土方仁美(2004)平成16年腎移植とドナー情報報告.
  4. 齋藤 満,佐藤 滋,富樫 寿文,井上 高光,松浦 忍,土谷 順彦,羽渕 友則(2004) 術後早期にタクロリムスによるHUS(Hemolytic Uremic Syndrome)を発症した夫婦間生体腎移植の一例

第7回東北移植研究会, 11月, 仙台

  1. 沼倉一幸,佐藤 滋,井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,羽渕友則 (2004) 移植後糖尿病発症(PTDM)に関連する遺伝子多型の検討

第46回秋田県泌尿器科集談会, 10月, 秋田

  1. 秋濱 晋,熊澤光明,佐藤一成,忠地一輝(2004)腎膿瘍の1例.
  2. 沼倉一幸,灘岡純一,熊谷 研,成田伸太郎,井上高光,堀川洋平,柿沼秀秋,冨樫寿文,松浦 忍,土谷順彦,佐藤 滋,羽渕友則(2004)この症例をどう考えますか?:インターアクティブ形式 #3

第21回青森県泌尿器科研究会,11月,青森市

  1. 羽渕友則(2004) 特別講演:泌尿器腹腔鏡手術とピットフォール

本荘市由利郡医師会月例会,1月,本荘市

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:前立腺癌診療の課題とトピックス

Bladder Cancer Conference in Tohoku,1月,仙台市

  • 羽渕友則(2004) 膀胱癌の診療における分子遺伝学の応用

平成15年度高度医療機能活用推進講演会,2月,秋田市

  • 羽渕友則(2004) 泌尿器科−腹腔鏡手術の現況−

イムシスト発売記念講演会,2月,松本市

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:膀胱癌化学療法のトピックスと課題

岩手県プロスタール学術講演会,3月,盛岡市

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:前立腺診療の問題点とこれから

第15回京都泌尿器科医会総会学術講演会, 5月,京都市

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:泌尿器科臨床の現場と分子レベルの研究

第55回秋田県南医学会医師卒後研修講座, 6月,大曲市

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:前立腺癌診療の課題と展望

移植推進フォーラム盛岡,6月.盛岡

  • 佐藤 滋(2004) パネルディスカッション:最新の技術を適応した生体腎移植術について.

花巻市医師会生涯教育講座,7月.花巻

  • 佐藤 滋(2004) 特別講演:今日の生体腎移植と明日の献腎移植のために.

秋田県臨床工学技士会第2回県民公開講座,9月.秋田

  • 佐藤 滋(2004) 講演:私の子供が腎不全になったならー透析から移植へー.

平成16年度第3回男鹿市秋田群医師会生涯教育講座,9月,飯田川町

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:前立腺癌診療の現況と課題

第47回市民医学講座 9月.横手

  • 佐藤一成(2004)前立腺がん検診.

フリバス発売5周年記念学術講演会, 9月,秋田

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:秋田大学における泌尿器科悪性腫瘍に対する化学療法の方針と現況

山口県腎移植セミナー,9月.宇部

  • 佐藤 滋(2004) 特別講演:内視鏡ドナー腎摘出術.

日本臓器移植ネットワーク東日本支部 第2回臓器提供・症例検討会,10月,東京.

  • 佐藤 滋(2004)パネルディスカッション:臓器提供時の主治医と移植医との関わり.

臓器移植ファーラム2004,10月,秋田

  • 佐藤 滋(2004) 講演:もし,あなたが腎不全になったら.

秋田県腎臓病患者連絡協議会第24回腎臓病を考える集い,11月,本荘.

  • 佐藤 滋(2004) 講演:今日の生体腎移植と献腎移植?腎不全治療の再考?.

平成16年度村上記念病院勉強会,11月,村上

  • 佐藤 滋(2004) 講演:腎移植の実際.

鶴岡市立荘内病院勉強会,12月,鶴岡

  • 佐藤 滋(2004) 講演:腎移植の実際.

秋田県保険医協会特別講演会, 11月,秋田市

  • 羽渕友則(2004) 特別講演:前立腺癌のあれこれ

市民公開講座,12月.秋田

  • 三浦邦夫,松尾重樹,松浦 忍(2004)おしっこで困っていませんか?

第12回秋田県臨床工学研究会,秋田

  • 土谷順彦(2004)腎・尿路の解剖と生理.

なるせアカデミー, 東成瀬村

  • 土谷順彦(2004)泌尿器がんのやさしい話.

佐藤 滋,他:10月10日臓器移植ファオーラム2004. 週刊アキタ,平成16年10月8日