トピックス 2018 10/23火曜日

 

<原著論文部門 1篇>

・中瀬泰然先生、他 (秋田大学医学部脳神経外科)

Protective effects of connexins in atheromatous plaques in patients of carotid artery stenosis

NEUROPATHOLOGY 2017; 97-104.

受賞理由

粥状硬化症の際に内頚動脈に形成されるアテローム斑は、物理的外力やフリーラジカルなどのストレスによって脆弱になると、塞栓子となって脳梗塞のリスクを高める。Connexin (Cx)はgap junctionの構成分子のひとつであるが、アテローム斑においてはその発現の程度が斑の安定性(ひるがえって脆弱性)と密接に関わると考えられる。本論文は、頚動脈内膜剥離術の際に採取された内膜組織を用い、アテローム斑におけるCx43およびCx37の発現の多寡を指標に、症候性患者と無症候患者を比較検討することによって、Cxが斑の安定住/脆弱性に関与するか否かを考察するというデザインから成る人体病理学的研究報告である。
本論文は定量的データこそないものの、アテローム斑の組織中において、gap junctionの構成分子たるCxの発現が多い方がアテローム斑は安定化し、 脳梗塞のリスクを軽減するという理解しやすい結果を、人体材料を用いて示した点に新規性がある。結論は端的なメッセージ性を有しており、今後、アテローム斑の組織内状態が脳梗塞のリスクと如何に関わるかという研究領域を発展させる可能性を秘めている。

日本神経病理学会

学会賞選考委員会