アドミッション・ポリシー|医学系研究科

アドミッション・ポリシー|医学系研究科

博士・(医学専攻)

本医学系研究科では、教育目標を達成するために次のような具体的目標を定めています。

  1. 大学院入学後の学業に支障のないだけの偏りのない知識と好奇心を持ち、生命科学や社会医学の研究に意欲を持つ人材を受け入れる。
  2. 入試選抜の回数を増やし、より多くの機会を与えることにより、本研究科の目的に合致した人材の入学を促す。
  3. 国内外の幅広い情報を収集し、我が国においてだけでなく他国の研究者と共同研究を行い、研究成果を世界に向けて発信できるよう、国内外を問わず様々な研究者とコミュニケーションがとれるような国際的視野を有する人材を受け入れる。
  4. 国際的に幅広い人材を受け入れるために,外国人受験生に配慮した入試を行う。
  5. 保健・福祉、医療経済、医療情報など様々な領域と関わりなしでは解決できない、現在の医学・医療の抱える課題を解決できるよう、豊かな教養や経験、多彩な価値観を有し、生命科学や社会医学の研究に意欲をもつ一般社会人を受け入れる。
  6. 医学部学生においても、特に研究を強く志す人材については、学部課題の中途においても大学院に入学する機会を与え、早期から研究できるような柔軟な体制作りを目指す。

修士・(医科学)

本医学系研究科では、教育目標を達成するために次のような具体的目標を定めています。

  1. 幅広い知識を有し、医学的専門知識と技術の習得に意欲を持つ人材を受け入れる。
  2. 他分野の専門知識を、医学・医療関連分野に応用・活用することを志す人材を受け入れる。
  3. 生命科研究者として研究成果を世界に向けて発信できるよう、国際的視野を有する人材を受け入れる。

博士後期課程・(保健学専攻)

本医学系研究科保健学専攻では、教育目標を達成するために次のような具体的目標を定めています。

  1. 保健学,特に看護学とリハビリテーション科学の領域で創造性に富む研究によって学問的基盤の確立と発展を担う研究者となる意欲のある人
  2. 保健学に関する幅広い知識や専門領域における深い知識と優れた研究能力を有し,保健医療学系大学や大学院において学習者の葛藤に共感し効果的に援助できる教育者となる意欲のある人
  3. 修士課程で培われた高度な専門的能力をさらに高め,実践の場において,自立した研究活動ができ,かつ優れたケア,指導,管理ができる高度専門職者を目指し,少子・高齢化に係る諸課題を総合的に探求・解決し,地域再生への貢献に意欲のある人

博士前期課程・(保健学専攻)

本医学系研究科保健学専攻では、教育目標を達成するために次のような具体的目標を定めています。

  1. チーム医療や地域の保健医療において,指導的・管理的役割を担える専門職者となる意欲のある人
  2. 地域の医療・保健問題の調査研究や問題解決に主体的に取り組み,それを通じて看護学及びリハビリテーション科学の発展に寄与できる教育者,研究者となる意欲のある人
  3. 特定の専門分野に深く貢献できる高度の専門的職業人となる意欲のある人