アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー|医学部

理念・目的

 本学部は,豊かな教養に支えられた人間性と高い倫理観及び学問の進歩に対応しうる柔軟な適応能力と課題探求・問題解決能力を養い,医学・健康科学に対する充分な理解のもとに,人々の健康と医療・福祉に貢献できる国際的視野を備えた使命感にあふれる人材を育成することを目的とする。

アドミッション・ポリシー

 医学部では,次のような人材を求めています。

1.病気に悩む人々の痛みや苦しみを理解し真摯な態度で接することができる人
2.医療・保健・福祉の発展を目指して一生涯にわたり医学の研鑽にたゆみない努力を継続できる人
3.素直で協調性に富み,周囲の人々と円滑な人間関係を築けるコミュニケーション能力を持つ人



アドミッション・ポリシー|医学科

 医学科では,次のような能力,適性等を持った人を求めています。

1.地域医療への理解と共感を有し,将来の医師としての強い倫理観を持ち,住民の健康・福祉に寄与できる人
2.基礎及び臨床医学や社会医学の研究に深い関心を持ち,国際性を備えた研究者としての資質を有する人
3.大学入学後の学業に支障ないだけの隔たりのない基礎学力を持ち,生命科学に対する関心を持つ将来性豊かな人

 また,入学までに身につけて欲しいことは次のとおりです。

・高等学校で学習する英語,数学,国語,理科,地理歴史・公民は基礎学力として身につけておいて欲しいことです。
・医学・医療は日々刻々と進歩しており,これに追いついていくためには,基礎学力に加えて新しい知識に関心を持ち自ら積極的に学ぶ姿勢が大切です。
・興味のある内容を徹底的に調べて,わかりやすく発表できる能力を身につけておくと将来役に立ちます。
・ストレスに負けない体力と精神力,周囲の人々との協調性が必要です。

 以上の基本的受入方針に基づき,次のような入学者選抜を実施しています。

(1) 一般入試

前期日程試験

 論理的思考能力と国際性に優れ,医師としての適性を有する学生を選抜します。特に,地域医療への理解,医学に対する知的関心と学習意欲,社会的貢献への意欲を有する学生を求めます。そのため、大学入試センター試験に加え,個別学力試験等として,英語および数学の2教科と面接を課して選抜します。

後期日程試験

 幅広い人間的視野を備え,人間性・創造性豊かな医師や医学研究者となりうる適性,資質,意欲を備えた多様な人材を求めます。そのため,大学入試センター試験に加え,個別学力検査等として,小論文と面接を課して選抜します。

(2) 特別入試

推薦入試II

 高等学校において学業その他に優れた成績を収め,感性豊かな人間性を持ち,他者に対するいたわりと共感する心を有するとともに,医療・医学への研究志向を有する知的好奇心に満ちた学生を求めます。そのため,大学入試センター試験に加え,個別学力試験等として,小論文と面接を課して選抜します。
 さらに地域枠による選抜については,卒業後に秋田県内の公的医療機関に勤務し,地域医療の充実と向上に貢献する気概と意欲の有無を重視して選抜します。

(3) 私費外国人留学生入試

 日本の高等学校卒業者と同等の十分な基礎学力を有し,本医学科の教育に耐え得る日本語能力を有し,将来の医学分野の国際交流に貢献できる学生を求めます。
 そのため,日本留学試験に加え,個別学力試験等として,英語及び数学の2教科と面接を課して選抜します。




アドミッション・ポリシー|保健学科

看護学専攻

 看護学専攻では、次のような人を求めています。
1.医療や保健活動に関する高度の知識と優れた技術に高い関心を持つ人
2.高い倫理性を備えている人
3.目的達成のために努力を惜しまない人

 また,入学までに身につけて欲しいことは次のとおりです。
・高等学校等で学ぶ各科目について偏りのない知識
・論理的に思考する力
・他者に関する関心と基本的なコミュニケーション能力
・向上心をもって努力する姿勢

理学療法学専攻

 理学療法学専攻では,次のような人を求めています。
1.理学療法学に対する強い関心や学習意欲を持つ人
2.地域住民の健康や福祉に寄与したいとする意志と豊かな人間性を持つ人
3.国際的な視野を持ち,科学的探求心の強い人

 また,入学までに身につけて欲しいことは次のとおりです。
・総合的な基礎学力
・基本的なコミュニケーション能力
・科学的・論理的思考能力

作業療法学専攻

 作業療法学専攻では,次のような人を求めています。
1.十分な基礎学力を身につけ,国際的な視野を持っている人
2.対人技能としての優れたコミュニケーション能力と協調性を持つ人間性に優れた人
3.作業療法学に興味関心があり,学習意欲・探究心と論理的思考能力を併せ持つ人

 また,入学までに身につけて欲しいことは次のとおりです。
・授業科目についての偏りのない知識
・対人技能として優れたコミュニケーション能力と協調性

 以上の基本的受入方針に基づき,次のような入学者選抜を実施します。

保健学科 看護学専攻

一般入試(前期日程試験)

 十分な基礎学力を持ち,かつ科学的根拠に基づいた思考力,看護の実践ができる資質を備えた人を求めます。同時に国際的な視野を持ち,知的関心度が高く,かつ人間性に優れた人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,英語と面接を課して選抜します。

一般入試(後期日程試験)

 十分な基礎学力を持ち,地域における保健医療活動への理解と共感を持ち,論理性を備え幅広い人間性を持った看護職となりうる資質と意欲を備えた人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,小論文と面接を課して選抜します。

推薦入試II

 十分な基礎学力を持ち,看護学に対する興味と学習意欲を持ち,かつ高等学校等において学業・課外活動に優れた成績を修めた人を求めます。さらに,基本的コミュニケーション能力と他者に対して共感する心を持った協調性のある人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,面接を課し,調査書を加えて選抜します。

私費外国人留学生入試

 日本の高等学校卒業者と同等の十分な基礎学力を持ち,看護学専攻の教育に耐え得る日本語能力を有し,将来,看護の分野で国際交流に貢献できる学生を選抜します。


保健学科 理学療法学専攻

一般入試(前期日程試験)

 十分な基礎学力を持ち,理学療法士としての適性,科学的・論理的思考能力と国際的な視野を持った人を求めます。特に人間の理解と障害のある人への関心度の高い人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,英語と面接を課して選抜します。

一般入試(後期日程試験)

 十分な基礎学力を持ち,理学療法士としての資質,意欲そして幅広い人間的視野を備えた人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,小論文と面接を課して選抜します。

推薦入試II

 十分な基礎学力を持ち,理学療法学に対する興味と学習意欲を持ち,かつ高等学校等において学業・課外活動に優れた成績を修め,人間性に優れ,保健・医療・福祉に対して関心の高い人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,小論文と面接を課し,調査書を加えて選抜します。

私費外国人留学生入試

 日本の高等学校卒業者と同等の十分な基礎学力を持ち,理学療法学専攻の教育に耐え得る日本語能力を有し,将来,保健・医療・福祉の分野で国際交流に貢献できる学生を選抜します。


保健学科 作業療法学専攻

一般入試(前期日程試験)

 十分な基礎学力と対人技能としての優れたコミュニケーション能力を持ち,作業療法士としての資質と国際的な視野を持った人を求めますが,特に欧米から発展してきた作業療法学の論理を理解する潜在能力のある人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,英語と面接を課しますが,英語を重視して選抜します。

一般入試(後期日程試験)

 十分な基礎学力と対人技能としての優れたコミュニケーション能力を持ち,作業療法士としての資質を備えた人を求めますが,特に豊かな人間性と論理的思考能力を併せ持つ人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,小論文と面接を課して選抜します。

推薦入試II

 十分な基礎学力と対人技能としての優れたコミュニケーション能力を持ち,作業療法学に対する興味と学習意欲を持ち,かつ高等学校等において学業・課外活動に優れた成績を修め,人間性に優れた人を求めます。
 そのため,大学入試センター試験に加え個別学力検査等として,小論文と面接を課し,調査書を加えて選抜します。

私費外国人留学生入試

 日本の高等学校卒業者と同等の十分な基礎学力と対人技能としての優れたコミュニケーション能力を持ち,作業療法学専攻の教育に耐え得る日本語能力を有し,将来,保健・医療・福祉の分野で国際交流に貢献できる学生を選抜します。